ソニーが「デジタルペーパー」をリリース

ソニーは日本市場に最先端の製品を発売しました。 新しいタブレットを使用すると、通常の紙の対応物と同じように電子ドキュメントを操作できます。




そんなことについて初めて 技術の 同社が同様の機能を備えた「デジタルペーパー」タブレットをリリースした2014年に話を始めました。 同社の最新の開発であるDPT-CP1モデルは、コンパクトさと利便性、そしてエネルギー効率の両面で大きな前進となっています。 標準のバッテリーは3週間使用でき、スタイラスは4週間使用できます。

タブレットはA5紙フォーマットに焦点を合わせており、使用可能な11 GBのメモリ(5 GBはシステムプログラムによって占有されています)を備えています。これは、PDF形式の約10万の一般的なドキュメントです。 デバイスのアンチグレアディスプレイの解像度は1404x1872で、16色のグレーの電子インクテクノロジーが搭載されています。 このディスプレイの情報は直射日光下でもはっきりと見えるので、目の負担を軽減できます。 タブレットの重量はわずか240グラム、厚さは5 mmで、64ビットのMarvellプロセッサによって制御されます。

日本市場でのノベルティの費用は70万円(約650ドル)ですが、ソニーの担当者は、タブレットのその他の国への参入と最終的な費用についての情報をまだ提供していません。
  • 使用した写真:https://mobidevices.ru/
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.