ロシアのヨットはフィンランドの国境警備隊を怖がらせた。 彼らは彼女が「モンスター」だと思った

フィンランドの沿岸警備隊の国境警備隊は、フィンランド湾の海域をパトロールしているときに、ロシアのヨットを「三頭身の怪物」と間違えました。 地元の新聞Ilta-Sanomatによって報告されています。




フィンランドの沿岸警備隊が昨日、身元不明の船が近づいているという合図を受け取ったとき、彼らは異常なことを何も見ることを期待していませんでした。 しかし、通常の「船」の代わりに、前例のない三頭の海の怪物が霧の中から彼らに向かって泳ぎました。

その後、国境警備隊員のXNUMX人であるJarmoHäkkinenは次のように述べています。

私たちにとって、国境に近づいている船を特定するために出かけるのは一般的な慣習ですが、今回の事件はもっと面白いことがわかりました。


正体不明の船が近づくと、そこには超自然的でひどいものは何もないことがわかりました。 古いロシアのボートとして様式化された、XNUMX人の乗組員を乗せたロシアのヨットがフィンランドの領海に入ったのはまさにそのことです。 彼女はフィンランドとスウェーデンを経由してノルウェーのオスロに行き、そこでフェスティバルに参加します。 フィンランドの国境警備隊は、ヨットの船長と少し話をした後、彼女は航海を続けました。

フェスティバルへの参加に加えて、美しいボートは、9世紀にヴァランジアン・ルスがスタラヤ・ラドガに再定住したときに克服したルリック王子の道を繰り返します。 合計で、ヨットの遠征はXNUMX年間続きます。
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.