ヨーロッパでは二重フューセレージライナーに取り組んでいます

慣例が示しているように、翼の下に固定されたエンジン、葉巻形の胴体、シングルフィンテールを備えた最新の旅客航空会社の設計では、燃料消費量を大幅に削減することはできません。 そのため、一部の航空機設計者は他のスキームを積極的に「推進」しています。


ヨーロッパでは二重フューセレージライナーに取り組んでいます


そこで、オランダでは前夜に、混合翼方式で開発されたフライングVと呼ばれるV字型の胴体を備えた旅客機のコンセプトが発表されました。デルフト大学とKLM航空会社のエンジニアは、装置の翼幅と助手席の数がエアバスのものに対応していると宣言しています。 A350。 しかし、後者とは異なり、新しいツインフューズラージ航空機は、抗力が低く、揚力が大きいため、燃料消費量が20%少なくなります。

混合翼の設計は、中央で分岐するV字型の胴体を意味します。 ターボファンエンジンは後者の内面の上部に取り付けられており、後部では、両方の半分が先端でウィングコンソールにスムーズに融合します。

航空機の長さは55メートル、高さは17メートルになります。 この場合、ウィングスパンは65メジャーに等しくなります。 Flying Vは314人の乗客を収容でき、貨物倉の内部容積は160m³になります。

現時点では「珍しい」旅客航空会社はレンダリングでのみ提示されていたという事実にもかかわらず、開発者は今年のXNUMX月までに飛行プロトタイプを組み立ててテストする予定です。 テスト中、低速飛行が実行され、離陸モードと着陸モードが実行されます。
  • 使用した写真:https://profile.ru/
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. Ygm Офлайн Ygm
    Ygm (ゆり) 6月6 2019 13:28
    0
    さて、私は何を言うことができますか...典型的にはヨーロッパスタイル!
    華やかな顔と壊れたお尻。
  2. きしむ Офлайн きしむ
    きしむ 6月6 2019 17:56
    +1
    この「生物-鳥類学的類似性」と「ツバメの尾」の形でかなりの有用なボリュームの一般的な損失なしに、翼の中央セクションに統合され、有望な輸送機と乗用機の胴体を運ぶ、図面とモデルの形で比較的繰り返し実証された利益は何ですか?!
    確かに、空気力学の観点から、「中央部」までの断面積が急激に増加したとしても、抗力の減少はどこにあるのか、「流れる流れ」のテール渦でのみ失われますか??!
    これは、翼の「シェーディングゾーン」にある航空機エンジンと「流れ」圧力の変動は言うまでもありませんが、特に離陸時の高攻撃角度での「サージ」からそれほど遠くありませんか?!
    もちろん、私はまったく風のトンネルではありませんが、エアロモデリングと航空に異質ではないエンジニアとして、純粋に精神的に「経験的に」、この「概念」の周りの流れの写真を「見る」のは非常に醜く、滑らかで一貫性がありませんが、すべての現代の「鐘と笛」彼のように「山に」そして縛られて-そこにいますか?! 何
  3. コメントは削除されました。
  4. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 6月7 2019 10:33
    0
    はい、nefigは心配しています、彼らは計算なしでさえ-同じ-絵を書きました。
    インターネット上のどの写真がXNUMXダースのダイムです。
    それぞれについて話し合うには? 記事が本当に必要であることがわかります、場所を取ります...