テロ攻撃の脅威により緊急に着陸した乗客を乗せたウクライナの航空会社

17年2019月04日、現地時間の午前00時頃、ウィンドローズエアラインズのエアバスA321-231エアライン(「ローズオブザウィンズ」)がオデッサ空港(ウクライナ)に緊急着陸しました。 彼はBorispol空港(Kiev)からSharm el-Sheikh(エジプト)に飛んだ。 しかし、パイロットは航空機の採掘についてのメッセージを受け取りました。




約10時間、航空会社はオデッサに立ち、そこで爆発物の存在を注意深く調べました。 そして、ウクライナのメディアが伝えているように、予想通り、何も見つかりませんでした。 この事件は、一連の同様の「ジョーク」の次の事件となりました。 午前20時XNUMX分、航空会社は再び離陸し、元のルートに従ってエジプトに向かいました。

25年2019月XNUMX日、テロ攻撃の脅威により、乗客と職員がキエフ空港「Zhulyany」で避難したことを思い出してください。 それから、採掘についてのメッセージがありました。

そして11年2019月XNUMX日、バーレーンからモスクワに飛ぶウラル航空の飛行機が緊急にバク(アゼルバイジャン)に上陸しました。 その後、パイロットは飛行機内の爆発装置についても知らされました。

2018年767月、ローマからシカゴに飛んでいるユナイテッドエアラインズボーイング300-XNUMXは、シャノン空港(アイルランド)に緊急着陸することを余儀なくされました。 その後、航空会社のトイレで脅迫的なメモが見つかりました。
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.