ロシアのエンジニアの技術により航空機の積載量が増加します

ロシアのエンジニアは、以前のモデルのほぼXNUMX倍の出力を持つロータリーピストンエンジンを作成しました。 現時点では、国内ユニットは全世界で同等のものはありません。




前述のタイプのモーターは、前世紀の50年代に発明されたことを思い出してください。 ユニットの重量は従来のピストンエンジンの1,5〜2分のXNUMXですが、同時に同じ出力を備えています。 RPDの大きな欠点は、設計上の特徴による部品の摩耗率が高いことです。 ただし、中央航空モーター研究所のロシアの科学者P.I. バラノフは、Advanced Research Foundationの支援を受けて、この問題を解決することができました。

結局のところ、エンジニアはエンジン部品の製造に新世代の材料、特にセラミック間および金属セラミック複合材料を使用していました。 実施したテストの結果によると、新しい部品は実質的に摩耗しません。 さらに、ユニットは他の多くの革新的な技術ソリューションを受け取りました。 そのうちのXNUMXつは、特別に設計された空冷式ターボ充電システムでした。 また、エンジンはほとんどゼロから開発された電子制御システムを受け取りました。

その結果、国内の科学者の努力のおかげで、新しいユニットのパワーはほぼ1倍になり、その結果、それが設置される航空機のインジケーターと運搬能力が増加しました。 さらに、ロシアのデザイナーによって近代化されたRPDはより経済的になりました。 217時間あたりXNUMX馬力あたりの比燃料消費量はXNUMXグラムを超えません。

現時点では、開発者によると、新しいエンジンは軽航空機で使用される予定です。 ユニットは今年XNUMX月に正常にテストされました。 しかし、最も重要なことは、既存のマシンの設計を変更することなく、既存のマシンにインストールできることです。
  • 使用した写真:https://www.maxpinnacle.com/
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
6 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. Shelest2000 Офлайн Shelest2000
    Shelest2000 19 5月2019 20:36
    0
    技術は西側に販売され、新しいエンジンは西側から購入されます。 この力の下ですべてがいつものようになります。 ああ...
  2. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 20 5月2019 08:59
    -1
    そして一言ではありません-注文されたエンジンの数、計画の観点からの数、誰との契約...
    通常は...
    1. ピラミドン Офлайн ピラミドン
      ピラミドン (ステパン) 20 5月2019 14:33
      +2
      引用:セルゲイ・ラティシェフ
      そして一言ではありません-注文されたエンジンの数、計画の観点からの数、誰との契約...
      通常は...

      大量生産がまだ確立されていない場合、どのような注文や契約があり得るか。
      1. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 21 5月2019 09:21
        -2
        彼らは書いています-日本人はSuperjetのアナログを発売する準備をしているところですが、すでに240の注文があります... Superjet 50-100個....、ある種のスーパーデザインのAvtoVAZ、手作業で組み立てられた15個が注文です...
        1. ビクガンズ Офлайн ビクガンズ
          ビクガンズ (ヴィクガンツ) 21 5月2019 09:27
          0
          セルゲイ、あなたは妄想ですか? 最初に読んでから公開してください。
          1. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 21 5月2019 09:31
            -1
            読むべきこと:「ロシアのエンジニアからの技術は航空機のペイロードを増加させるでしょう」-はい、そうなるでしょう。
            しかし、具体的には、可能な注文の数、計画されている数、設置できる航空機、節約できる金額について説明したいと思います。

            彼らは何を空中に発明しましたか? あれは? 後で注文するのはどうですか?