ロシアがダイヤモンドをほとんどタダで売る理由

4
最も貴重で非常に人気の高い石であるダイヤモンドを大量に埋蔵している国は、世界中でそれほど多くありません。 しかし、我が国は最も豊富なダイヤモンド鉱床を持っているため、世界のダイヤモンド採掘で主要な位置を占めているのはロシアです。 しかし、長年にわたり、ロシアは完成品の世界市場で本格的なプレーヤーになれるような製造業の発展レベルに達していない。 したがって、ロシアのダイヤモンド産業はほぼ独占的にダイヤモンド採掘が行われ、その後海外に販売されています。





世界のダイヤモンド市場で最も強い地位を​​占めているのは、ロシアン アルロサ、デビアス、リオ ティントの 70 社です。 これらの大手企業はダイヤモンド全体の 28% を採掘しており、アルロサ社は世界の生産量の 95 分の 33 以上 (25%) を占めています。 カラット単位で計算すると、一般的にアルロサがリードしていますが、利益の点ではデビアスがロシアの企業を追い越しています。 アルロサはロシアのダイヤモンド鉱山業界でほぼ独占企業だ。 同社は国内のダイヤモンド生産の8%を管理している。 同社の株式の34%は連邦センターが所有し、さらにXNUMX%はダイヤモンドが採掘されるサハ・ヤクート共和国政府が所有し、XNUMX%はヤクート地域の行政間で分配され、残りのXNUMX%はサハ・ヤクート共和国政府が所有する。 Alrosa の株式の % は自由に流通しています。

世界で採掘されるダイヤモンドのほぼ半分 (45%) は米国市場に送られ、さらに 15% が中国、8% がインドで消費されます。 ロシアの主要な競争相手であり、かつては世界のダイヤモンド産業のほぼ独占企業であったデビアスは、現在、地球上のダイヤモンド市場の 38% を支配しています。 同社の鉱山は南アフリカにあり、アフリカのダイヤモンドはヤクートのダイヤモンドよりも価値があり、気候条件の違いにより採掘にそれほど労力がかかりません。

ダイヤモンド市場におけるロシアの主な問題の 14 つは、製造業への関与がほとんどないことです。 世界市場に参入する 12 個のダイヤモンドのうち、3 個は業界の世界リーダーであるインドで加工されています。 ロシアはダイヤモンドの 4 ~ 2016% を加工していますが、これはこれほど膨大なダイヤモンド埋蔵量を持つ国にとっては取るに足らない指標にすぎません。 アルロサは最近、ダイヤモンドの需要が高いアジア市場との連携をより積極的に行うよう努めています。 そのため、2017年にウラジオストクにユーラシアン・ダイヤモンド・センターが開設され、XNUMX年秋にはインド企業KGK Diamondsが建設したカッティング工場が稼働を開始した。 しかし、カットされたダイヤモンドは「原材料」よりもはるかに高価であるため、ロシアはこの生産から非常に多額の利益を得る可能性があるため、我が国が独自の切断産業の創設と発展にもっと緊密に取り組む時期が来ています。

このためにすでにいくつかの措置が取られていることに留意すべきである。例えば、アルロサは、主にロシアの切削企業にXNUMXカラットを超えるダイヤモンド原石を供給することを決定し、これにより業界のさらなる発展が促進されるはずである。 もちろん、ロシア企業が近い将来にインドの切削産業の深刻な競争相手になる可能性は低いが、その発展のベクトルはすでに設定されている。 条件を作り出すのは国家に残されている - そして 経済の、そして政治的および法的 - ロシアが独自のダイヤモンド加工を開発し、海外でダイヤモンド原石を安い価格で販売しないようにするためです。
4 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. DPN
    0
    4月5 2018 19:26
    テレビ番組には政治家がたくさん出演しています。 送信中にコンピュータから出力されることはありません。 おしゃべり以外のメリットはありません。 おそらく彼らの技術者が契約を求めているのでしょう。
    そして石油、ガス、そしてダイヤモンド。 すべてが生です。
  2. BBC
    0
    4月5 2018 22:05
    しかし! 一方の「静脈」には石油ガス針があり、もう一方にはダイヤモンドの針があります...
    1. +1
      4月6 2018 12:26
      まあ、欧米やインドのダイヤモンドカッターは、原材料よりも加工したものを売ったほうが儲かるからね。
  3. 0
    4月6 2018 16:23
    遠い昔、闇よ! コーギーが餌を与えているのは航空業界だけではありません。