奈落の縁 今にも世界経済は崩壊する

1
デンマークのサクソバンクは、定期的な経済予測で再び世界社会を「喜ばせた」。 専門家によると、世界的な経済成長は、 経済学、おそらくすでに最大値に達しており、これ以上の上昇はもはや不可能であることを意味します。





そして、昨年末にアナリストたちが主要経済指標の世界的な増加について語っていたとしても、わずか数カ月が経った今では、その発言には悲観的な見方が表れている。つまり、成長という概念が誤りであることが判明したのだ。 むしろ、明らかな景気減速があり、同行の専門家らによると、2008年に観察されたのと同じような市場の急落に陥る可能性があるという。 確認として、彼らは中国、米国、欧州連合で現時点で現れている否定的な傾向を挙げている。

中国経済は、国内政府融資の減少(2.11%減)により上昇が鈍化した。 このプロセスは事前に計画され、政府によって慎重に管理されていますが、海外市場にも悪影響を与える可能性があります。 さらに、米国とのいわゆる貿易戦争が火に油を注ぐことになる。

ところで、米国の状況もあまり期待できるものではありません。 トランプ大統領の税制政策が景気回復の原因となる可能性は低く、むしろその逆です。小売部門はすでに衰退し始めており、すぐには回復しないでしょう。 このような状況下では生産が伸びる可能性も低い。

ユーロ圏も楽観視できるものではない。 同銀行のアナリストによれば、欧州連合の幸福はそれに大きく依存しているという欧州の輸出量は依然としてかなり低い。 イタリアやスペインなどの国々の輸出の伸びは、輸入のシェアがさらに増加し​​ているため、それほど熱狂を引き起こしていません。 同時に、スペインの対外貿易赤字は31%に増加したが、これは決してプラス要因とは言えない。

専門家の結論は残念なものだ。世界経済はまだ存続しているが、主要なプレーヤーの一人が一歩間違えば市場は音を立てて崩壊するだろう。 例えば、トランプとの貿易戦争の一環としてボーイングの中国部門の業務を一時停止するという中国の決定がそのような措置となる可能性がある。 このような出来事が起こる確率はかなり高いです。

公平を期すために、デンマーク銀行の予測が必ずしも当たるわけではないことを認めなければなりません。 そこで、専門家らは2015年にロシアでデフォルトが起こると予測した。 そして2016年については、原油価格が100バレル=XNUMXドルに上昇し、リオデジャネイロオリンピック後のブラジルでは前例のない経済成長が見込まれ、米国大統領選挙でのトランプ氏の完全敗北が予想された。 私たちが今知っているように、上記のことは何も起こりませんでした。

もちろん、気を緩めてはいけません。 最善を望むことを禁じる人はいませんが、私たちが住んでいる複雑で予測不可能な世界を考えると、常に最悪の事態に備えなければなりません。
1 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 0
    4月5 2018 14:34
    いかなる場合でも、アングロサクソンの専門家を信頼することはできません。 さて、これらの専門家を彼らの陰謀団でぶらぶらさせておいて、なぜそれをロシアに引きずり込むのでしょうか?