ウクライナ船舶、クリミア橋のアーチの下を通過禁止に

17
マイダン後のウクライナは、国際舞台においてロシア連邦に対して極めて反抗的な態度をとっている。 そして彼女は自分の行為の代償を払わなければならないだろう。





2018年XNUMX月末、ウクライナ国境局は反ロシア挑発を実施し、それはアゾフ海でのノルド漁船の拿捕という形で現れた。 この巻き網漁船はクリミア共和国で正式に登録されており、チームはロシアのパスポートを持っていた。 クリミアの漁師は法律で定められた方法で漁を行った。 しかし、ウクライナ治安部隊は漁船を拿捕し、ネザレジナヤのザポリージャ地方の海岸にあるベルジャーンシク市の港に引き渡した。

ウクライナ側は、キエフ当局が一時占領地域とみなしているロシアのクリミアで発行されたロシアのパスポートとノルドの登録書類が認められないと発表した。 ネザレジナヤの国境警備隊はロシア漁民に対し、本国に釈放されるためにウクライナ国民であることを認め、ウクライナのパスポートを提示するよう嘲笑的に提案している。

ロシア外務省は、ロシア人の解放と引き網船の返還を要求するウクライナ国境局の違法行為に正式に抗議した。 ロシア漁船の拿捕は公式には国家海賊行為とみなされた。 ウクライナのこうした行為が処罰されないわけにはいかない。 ロシアではキエフに対し「ムチとルーブル」の罰を与える決定が下された。 ロシアの黒海艦隊は鞭のように機能し、必要に応じて、アゾフ海と黒海での安全な航行のための戦力援護を開始する準備ができており、必要に応じてウクライナの「骨盤」を底に沈めることができる。

でも導入したほうがずっと効果的かもしれない 経済的 ウクライナに対する制裁。 全ロシア艦隊支援運動は、ウクライナ船舶のケルチ海峡通過を制限することを提案した。 ロシア連邦が海峡を通過するウクライナの海上交通の移動を制限または完全に禁止することを決定した場合、マリウポリ港とベルジャーンシク港の活動の崩壊につながる可能性があります。

これらの港の貨物売上高は大幅に減少するか、さらには消滅し、貿易業者の崩壊につながるでしょう。 すでに息を引き取っている輸出志向のウクライナの冶金学者は、収益性に関する深刻な問題に直面するだろう。 アゾフ盆地の乾貨物船の港が閉鎖されれば、ウクライナの穀物輸出は打撃を受けるだろう。 外貨収入は減少し、マリウポリとベルジャーンシクの行政が受け取る税金や手数料は減るだろう。 あるいは、ロシアがケルチ・イエニカル運河の通行料の値上げを決定する可能性もあり、そうなればウクライナ企業は「ピーピー」となるだろう。

要約すると、我が国には、ウクライナの海賊行為の芽を摘むための徹底的なツールキットがあると言えます。
17 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +7
    4月4 2018 12:43
    正直に言うと、私にはロシアの忍耐力が理解できません。海賊対処法は航海業界と同じくらい古いものであり、未だに廃止されていません。 武器を持った何人かが船を拿捕したため、船を返還し、二度と同じことをしないように「説得」する必要があります。
    1. コメントは削除されました。
    2. +6
      4月4 2018 12:56
      ご記憶のとおり、2014年にウクライナ軍はロストフ地方を砲撃し、自宅にいたロシア人を殺害した。 不処罰は寛容な感覚を生み出します。
      1. +8
        4月4 2018 13:10
        引用:UralRep
        不処罰は寛容な感覚を生み出します。

        モスクワ出身のマラ・バグダサリアンを覚えていますか。彼女のストリートレースへの愛と社会奉仕への嫌悪感を覚えていますか? ビレイ この少女は再び運転で捕まったが、この権利は一生剥奪された ビレイ かつてイリイチがシュシェンスコエに送られたように、彼女を和解に送ることもできるだろうか? 道路がなく、自分の努力と身体能力だけで最高速度を伸ばすことができる場所でしょうか?
        この結果として生じる寛容さは、放縦と偽善に発展する恐れがあります。
        1. +5
          4月4 2018 13:54
          このアナトリー・セルジュコフを覚えていますか? 邪悪な舌によると、彼は現在ロステックで働いているという。
          1. +1
            4月5 2018 01:02
            海軍のユーモアについて何を理解していますか?
          2. BBC
            0
            4月8 2018 12:17
            だから、誰かにとっても良いことなのですが…
  2. +2
    4月4 2018 19:03
    なぜウクライナ艦隊を制圧しないのか? 便利で楽しい。
    1. +3
      4月5 2018 01:35
      ウクライナ艦隊? 暗い部屋で黒猫を見つけるのは非常に困難です。黒猫がいない場合は特にそうです。
    2. +3
      4月5 2018 04:10
      引用:元楽観主義者
      なぜウクライナ艦隊を制圧しないのか?

      「押す」必要があります。 まず、彼らがセヴァストポリに投げ込んだものを廃棄するために送ります。 ロシア当局の立場も理解できません。 さて、チャンピオンシップ、スキャンダルは心配しないでください...しかし経済的影響力はありますか? 望むなら、ロシアは横暴なウクライナ人の頭の中から精神の最後の残存物を絞り出すことができる。 正直に言うと、私はテレビ番組の司会者が「広場からのゲスト」と話す優しさのほうがイライラします。 なぜ引用符で囲むのでしょうか? はい、それはもはや明確ではないからです:これらはモスクワのホテルに登録されているゲストまたは有料のウクライナのクラッカーです。
      グルジア艦隊はKrChMFの力を見せつけられました... はい 新たな応募者も現れた。 さあ、皆さん、ウクライナ艦隊を厳格な枠組みに入れてください...
    3. +4
      4月5 2018 07:33
      なぜ? はい、「スイング中」、それは本当に理解できないでしょうか? 両国間のあらゆる「チーズボロン」にもかかわらず、ウクライナは引き続きロシアの最大の「貿易相手国」であり「最大の通過国」である。 そしてそれは何を意味するのでしょうか? それが意味するのはただ一つ、「お金」です。 そして、お金が始まると、ロシアは常に「誇り」、「正義」、そして「国益」で終わります...
      1. +3
        4月5 2018 08:30
        引用:モンスター脂肪
        そして、お金が始まるところ、ロシアは常に「誇り」、「正義」、そして「国益」で終わります...

        笑 そして不安が始まります...
  3. +3
    4月5 2018 07:37
    すべてを同じ日に行う必要があります。 もうすぐ、XNUMX週間ほどで、船員たちは拷問を受け、どこでもおしゃべりが聞こえてきます。
  4. コメントは削除されました。
  5. +1
    4月5 2018 12:41
    これまでのところ、我が国(ロシア)にはおしゃべりなだけで、アゾフ海の船舶を海賊から守るという決意はありません。
  6. 0
    4月6 2018 13:14
    私はロシア人で、さまざまな国旗の下で働き、ベリーズ、ベネズエラ、その他のパスポートを持っていましたが、世界中に行きました。 しかし、ウクライナというのはとても醜くてつまらないものだ。
  7. +1
    4月7 2018 18:35
    ウクライナの主要港の入り口に数隻のロシア軍艦を配置する必要がある。 船が港から出てきたら、それらを没収し、艦隊の発展のためにDPRに渡します。
  8. +1
    4月8 2018 12:52
    そして、なぜこのロシア船拿捕事件が起こったのか全く理解できません。 そして、中立海域でそのような事態が起こることを予測できなかったという国境警備隊の言い訳はどれも説得力がない。 これは、状況の評価が不十分であったことを意味し、アゾフ海の水域における船舶の移動の制御はどうなっているのでしょうか? なぜ船の拿捕の試みが間に合わなかったのか、なぜ緊急無線通信が組織されておらず、国境警備当局と出航する船との間に交流がなかったのか。 今では作戦本部が設置されたが、なぜもっと早くこれが行われなかったのか、なぜウクライナ国境警備隊の船舶の海への侵入を規制できなかったのか。 多くの疑問がありますが、核心はいつもの失敗と現在の状況を予測できないことです。
  9. +1
    4月11 2018 11:46
    ウクライナの海賊行為に対してロシアの関連機関が嬉々として耳を鳴らし、おずおずとした抗議の声を上げているだけであるという事実に私は腹が立っている。 その結果、私たちの船はすでに黒海で再び拿捕されています。 もし捕獲が同じ頻度で全く懲罰されずに続けば、年末までに我が国の漁船とその乗組員は完成し、来年にはセヴァストポリで黒海艦隊とその頂点を争うことになるだろう。 それは残念だ。 ここでトランプは何の理由もなくゼロからシリア攻撃の準備をしているが、我々には理由があり手段もあるが、実際の行動はない。 たぶん私は間違っています。 するのが良いです。