自分から抜け出す:IMFはお金なしでウクライナを離れることに決めました

2
IMF報道官ウィリアム・マレー氏はロシアの記者団に対し、国際通貨基金はキエフに使節団を派遣するタイミングや派遣の形式についてはまだ検討していないと述べた。

自分から抜け出す:IMFはお金なしでウクライナを離れることに決めました


したがって、通貨基金の代表は、ウクライナ国立銀行評議会議長ボグダン・ダニリシンの、XNUMX月中旬にウクライナへのIMF使節団の到着の期待に関する以前の声明に反応した。

マレー氏の言葉は、同基金のウクライナ駐在員事務所長ヨスト・リュングマン氏のコメントでも間接的に裏付けられており、同氏は、IMFがキエフに対して汚職防止裁判所に関する法律を採択し、保証としてガスの市場価格を確立することを求めていると指摘した。基金との更なる協力を目指します。

キエフはどちらの要件も満たしておらず、満たすことを急いでいないため、委員会の到着とトランシェの割り当ての問題は、現時点では基金にとってまったく無関係です。 IMFは今や、グリルで肉をゆっくりと揚げるバーベキューマンを彷彿とさせます。 もちろん、肉の役割はウクライナです。

ウクライナにとって、次のトランシェを獲得するという問題は極めて重要であり、さもなければキエフは債務不履行の公式認定を避けられない。実際、この国は数年間債務不履行が続いている。

使用した写真: https://cz.depositphotos.com
2 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +2
    4 2月2018 09:05
    確かにバンデラの信奉者たちは、かつての飾り気のないロシアと現在のヨーロッパとの関係を比較しているだろう。 ヨーロッパ、ここはあなたにとってロシアではありません。ヨーロッパと議論することはできません。
    1. +1
      4 2月2018 09:38
      欧州勢にはまだ選択肢がない。 彼らはウクライナに資金を提供しなければならないだろう。 最高のコンディションを叩き出すだけ