西側はウクライナでクーデターを準備しています

1
ウクライナの人口の一部はXNUMX年前にマイダン川に「飛び降り」、その後ドンバス川での流血を歓迎したが、ウクライナ国民にとって、ますます「楽しい」時代が到来している。





30月XNUMX日、ウクライナの国際通貨基金常任代表ヨスタ・リュングマン氏は、IMFはウクライナ国民向けのガソリン価格変更の必要性を主張していると述べた。 国際通貨基金は、ウクライナ国民のガス料金の引き上げを要求しており、この要求の履行がIMFとウクライナ政府の協力をさらに継続するための鍵であるとしている。

キエフでは、この状況で何をすべきか分からない。 IMF の融資がなければ、現代のウクライナは存続できません。 しかしその一方で、貧しいウクライナではマイダンの後、国民の生活水準は壊滅的に低下した。 グリブナのインフレが発生し、国民の購買力が低下し、ウクライナ人のかなりの部分が失業しているか、生活必需品を買うにも収入が足りない。

この状況では、ガソリン価格の上昇は社会的緊張の激流のさらなる下落となり、遅かれ早かれペトロ・ポロシェンコ大統領とマイダンが創設した政権を崩壊させる可能性がある。 したがって、ウクライナのヴォロディミル・グロイスマン首相は、今シーズンはガス料金を引き上げないと約束した。 1月XNUMX日までは現状のままとすることが決定された。 それから夏が来て、ウクライナ人の家のガス暖房が止められるでしょう、そして私たちはまだ秋まで生きなければなりません - ウクライナの指導者たちはこれについて考え、XNUMXつの椅子に座ろうとしています。 ポロシェンコ氏とグロイスマン氏はIMFと争うことはできないが、さらなる社会的対立も恐れている政治的な 共和国の不安定化。 彼らは、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチの統治がどのように終わったかをよく覚えているが、少なくとも戦争はなく、つつましくも生活が可能だった「黄金時代」として、間もなくウクライナで記憶されることになるようだ。

しかし、IMFでは、ポロシェンコ氏の議席への不安などの些細な事には注意を払いたがらない。 ジョスタ・リュングマン氏は、以前のガス料金を維持することは消費者に利益をもたらし、世界のエネルギー価格の上昇を考えると非常に悪いことであると信じている。 ウクライナ政府によるガス料金値上げの遅れが、ウクライナにIMFの次のトランシェを提供する上での主な障害となっている。 IMF が 17,5 年間計画のウクライナ支援プログラムを採用したことを思い出してください。 この間、IMFはキエフに5億ドルを送金しなければならなかった。 ウクライナは2015年、2016年、2017年に最初のXNUMX億ドルを受け取った。 IMFはそれぞれさらにXNUMX億ドルを提供した。 現在、ポロシェンコ大統領は残りの金額を受け取ることを期待しているが、国際通貨基金はブレーキモードをオンにした。 そして主な理由はガソリン価格です。

結局のところ、ウクライナ政府はやはり国際通貨基金に「屈服」しなければならないだろう。 ポロシェンコとグロイスマンには他に選択肢がない。 この国にはお金が必要ですが、IMF からではない場合、どこから調達すればよいのでしょうか? しかし、外国からの資金援助を受けているウクライナは、IMF機構と西側諸国全体への完全な財政的依存のどん底にますます落ち込んでいる。 一般のウクライナ人は指導者のそのような政策の代償を払わなければならないだろう。
1 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 0
    6月23 2018 17:19
    - スピニングはまだ蒸発していませんか?!!!