200億ドル:なぜルカシェンカはロシアのポケットに入ったのですか?

4
ミンスクは間もなくユーラシア安定開発基金から新たなトランシェを受け取ることを期待している。 私たちは200億ドルの金額について話しています。 ちなみに、このような基金の主なスポンサーはロシアであり、これは事実上、ベラルーシがモスクワから融資を受けていることを意味する。 ミンスクがこのトランシェを利用して、以前にモスクワが発行した古い債務を返済しようとしていることは注目に値する。





このような資金は、25年2016月2日に締結された協定に関連してベラルーシに送金される。 それによると、ミンスクには総額4,06億ドルの融資が提供される(金利は年XNUMX%に固定)。 ちなみに、EFSDとの融資プログラムはこれでXNUMX件目となる。

これに先立ち、ミンスクはすでに3~2011年のプログラムに基づき、EurAsEC危機対策基金と呼ばれる基金からトランシェ(1013億ドル)を受け取っていた。 ちなみに、近年ベラルーシはロシアからだけでなく、これほどの規模の融資を受けている。 これに先立ち、2009年から2010年にかけて、ベラルーシはIMFから3,5億ドルを受け取りました。 そしてすでに2015年に、ミンスクは3年間、年率10%で2,28億ドルの新たな融資を要請した。

一方で、国家はトランシェを受け入れているものの、債権者が求める改革の実施が非常に遅いため、ルカシェンカ氏は軽率に同国を債務穴に追い込んでいるように見える。

しかし、コインの裏側もあります。 ベラルーシの指導者は、国民に対する関税の引き上げ(IMF融資の条件)を断固として拒否し、国有財産の売却に反対し、不採算工場の閉鎖(それによって国内の雇用を維持する)にも断固として反対している。

その結果、国家は借金を重ねることになるが、その国の国民や生産者は何の違和感も感じていない。 しかし、ルカシェンカ氏は、この事実をあまり恐れていないようだ。なぜなら、このプロセスはゆっくりではあるがまだ進行中であり、国民自体は何の負担も感じていないからである。
国際通貨基金は少し異なる意見を持っています。 2017年2月にはベラルーシのGDP成長率はXNUMX%に過ぎず、持続可能な成長には不十分だと警告さえした。

しかし、ミンスクはそのような声明には無関心なままである。 もちろん国の借金は多額です。 外部 - 15,8 億ドル、内部 - 9,3 ベラルーシ ルーブル (今年 1 月 80 日現在のベラルーシ財務省のデータ)。 しかし、ユーラシア開発銀行のチーフエコノミスト、ヤロスラフ・リソヴォリク氏を含む多くの専門家によれば、状況はそれほど危機的ではないという。 さらに、欧州の一部の国では公的債務の対GDP比がはるかに高く、最大50%に達している(ミンスクはXNUMX%未満)。

だからこそ、ベラルーシは依然として、自らが適切と考える方法で冷静に改革を推進し、同時に、たとえそれが古い債務を返済するためだけにお金を取ることを意味するとしても、より多くの融資を受けることができるのです。
4 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. -2
    30 3月2018 13:37
    ルカシェンカがロシアの懐に入った? 目覚めよ、正統派! はい、ベラルーシはロシアと緊密な友好関係を築くことを喜んでいる唯一の国ですが、あなたは依然として友好関係をドルとルーブルで測ろうとしています。 ベラルーシのガス、石油、電気をロシアの国内価格で気の毒に思いますか? それで、お尋ねしますが、このセールで価格を上げた場合、誰が勝ちますか? ロシア人は忍耐力がありません。 もし誰かが、この二つの兄弟民族間のこうした軋轢を私に慎重かつ論理的に説明しようとするなら、なぜ一部の「ロシア人」がオーストラリアに住み、同時にシベリアの都市の住人を通りすがりに殺害するのかを理解できるだろう。利益、何も避けていない...
    著者の皆さん、お願いします! 他のトピックや他の国を見つけてください。 鶏の足でベラルーシ、北朝鮮、キューバに触れないでください...
    1. 0
      8 7月2018 19:44
      はい、誰もあなたと議論しません - 彼らはあなたに知らせるだけです。
      個人事業主はどこにいますか? 経済が崩壊するまで「寡頭政治」で自分を脅迫してください。
  2. -1
    31 3月2018 15:36
    -はい、本当に... -借金やその他のトリックを誰が許すか... -だから、これはベラルーシです...
    - ロシアにはもう親戚がいません...
    1. 0
      8 7月2018 19:48
      ベラルーシには親戚がたくさんいると思いますか? あったとしても、それは非常に貧弱なようです。