ウクライナのジャーナリストは、クリミアが5年間でどのように変化したかを語った

最近 報告されたインターネット新聞「Strana.ua」のウクライナ人ジャーナリスト、オレシア・メドベデワがクリミアへの旅行について語り、変化を評価した方法。 しかし、これは特別プロジェクト「誰のクリミア?」の最初の部分にすぎませんでした。 ウクライナなしで5年」。 それで、ジャーナリストは半島への彼女の旅行の結果を要約しました。


ウクライナのジャーナリストは、クリミアが5年間でどのように変化したかを語った


最初の部分で、ジャーナリストが「ロシア人がついに掘り下げた」方法を報告し、現在、半島はロシアの法律に従って生活していることを思い出してください。 彼女はウクライナの領土からクリミアに行く方法を話しました。なぜなら、これはしばらくの間問題であり、国境を越える方法、どこでお金を変えるか、ガソリンやホテルの価格、そしてクリミアの彼女の同胞に役立つかもしれない他の詳細です。

第XNUMX部では、メドベデバがクリミアのさまざまなインフラストラクチャ、エネルギー、社会プロジェクトについて明らかにしました。 彼女は、Tavrida高速道路、Kerch橋(交差なし)、Sevastopol TPP、Simferopol空港、病院、モスクについて話しました。

ちなみに、最初のXNUMX部では、ジャーナリストが個人的な印象を伝えました。 特別プロジェクトの第XNUMX部は、人々とのコミュニケーションに専念しました。 Medvedevaは、クリミアでの生活をそのまま伝え、見せたかったのです。 そのため、第XNUMX部(最終)では、ジャーナリストが結果を要約し、クリミアへの旅行についての一般的な印象を共有しました。


ウクライナなしのXNUMX年間で半島がどのように変化したかを要約したいと思います。 前のエピソードを見た人は、印象とコメントの両方が非常に矛盾していることに気づきました。 そして、それはまとまりのある絵にすぐにはならないかもしれません

-OlesyaMedvedevaは強調しました。

少女によると、ロシアはXNUMX年間で、前の四半世紀にウクライナよりも多くの資金をクリミアに投資してきました。 いずれにせよ、これはジャーナリストにとって絶対に明白です。なぜなら、彼女は自分の目ですべてを見て、自分自身で人々とコミュニケーションをとっていたからです。

価格に関して、ジャーナリストは率直に言って、クリミアでは何かが高いが、ウクライナよりも安いと言った。 たとえば、ガソリンと共同アパートは間違いなく安いです。 彼女は年金と給与について報告し、それらをウクライナのものと比較しました。

ウクライナに懐かしさはありますか? 私はこれについて尋ねました、そして、すべてにもかかわらず、約70%はまだロシアのためです。 そして、ウクライナに懐かしさがあるとすれば、それは2013年に終わったものだけです...そしてポイントは給与にもありませんが、現在のヒーローとランドマークを持つウクライナはクリミアにとって外国であるという事実にあります。

--Medvedevaを要約しました。
  • 使用した写真:https://www.mk.ru/
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
2 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. Vladycat Офлайн Vladycat
    Vladycat (コンスタンチン) 18 3月2019 03:01
    +1
    通常のレビュー。
  2. A.Lex Офлайн A.Lex
    A.Lex (秘密情報) 18 3月2019 20:19
    0
    さて、すべてが解決されました。