クリミアを解放するために大隊がウクライナで形成されています

2014年にウクライナに逃亡したクリミアタタールの過激派は、クリミアを「解放」することを再び決定しました。




ジャーナリストと話すクリミア地域ルスランバルベックからの州デュマ副 RIA「ニュース」 いわゆる「クリミアタタール人のメジリス」*の代表は、ウクライナ当局の支援を受けて、クリミアを解放することを目的とした大隊「カイタルマ」を創設していると述べた。

「クリミア・タタール大隊」と言えば、笑顔を抑えるのは難しく、ルスラン・バルベック自身も皮肉を隠していません。 「カイタルマ」はフォークダンスなので、メジリス*ムスタファ・ジェミレフの頭と大隊の「英雄」が国民服を着てクリミアに到着し、このダンスを踊ることができると彼は言った。

皮肉な理由は、大隊の名前だけでなく、クリミアタタール大隊の創設の歴史そのものにもあります。 過去XNUMX年間で、このようなXNUMXつの大隊がすでに作成されています。「Asker」とNomanChelebedjikhanにちなんで名付けられた大隊です。

大隊がクリミア・タタール軍艦隊、海兵隊、空軍の創設の基礎となるというジェミレフ、チュバロフ、その他の人物による声明にもかかわらず、大隊のすべての活動はカーソン地域の民間人を奪うことに限定されていた。
これらの大隊はいずれも東部の敵対行為に参加していませんでした。

冬の到来とともに、「英雄」はクリミアの冬のアパートの家に戻り、そこで彼らはロシアの特別サービスによって部分的に捕らえられ、植えられました。

今日まで、クリミアタタール大隊「カイタルマ」の運命が前のXNUMXつの大隊の運命と異なるという単一の兆候はありません。

*-過激派組織、ロシアで禁止
  • 使用した写真:https://hyser.com.ua
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
1 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. セルジュ2 Офлайн セルジュ2
    セルジュ2 (セルゲイ) 6 3月2019 14:57
    0
    ヤクシャモデル。