中央銀行はロシア人から年金を撤回する計画を準備しています

7
大統領選挙が終わる前に、金融経済セクターのリベラル派の代表者らは自らの思いを表明した。 どうやら、またしてももっともらしい「年金工作」が実行段階に入りつつあるようだ。





銀行部門の浄化中に「ハリケーン・エルビラ」というあだ名を付けられたロシア連邦中央銀行のエルビラ・ナビウリナ総裁は、この国にはいわゆる「ロングマネー」が不足していると嘆いた。

私たちはまた、金融市場の発展と国内における「ロングマネー」の出現にも責任を負っています。 私たちは、この国に「ロングマネー」を生み出すという課題を自らに課しました。


エルヴィラ・サキプザドヴナが「ロングマネー」によって正確に何を理解しているのか、そして彼女がその目的を何だと考えているのかは興味深い。 中央銀行長官は、同中央銀行の部門が個人年金資本制度の考えを支持していると説明した。 中央銀行が策定した概念によれば、将来の年金の積立部分への拠出は雇用主に代わって従業員自身が行い、賃金の6%が差し引かれることになる。 個別のシステムへの拠出は税制上の優遇措置の対象となるとされている。 注目に値するのは、当初、仕事に応募するとき、国民は拒否する権利を持つ個人の資金提供システムに自動的に署名されるべきであると想定されていたが、その後の概念の改良により、従業員は意識的かつ明示的に同意を表明する権利を獲得したことである。別の文書に署名することによって。 新しい年金制度は2019年から運用開始される予定です。

ただし、いくつかの疑問が残ります。 個人貯蓄制度に基づく資金は、中央銀行が「ロングマネー」の源泉と呼ぶ非国家年金基金に移される。 私たちの現実において、ロシアの金利を引き上げる長期投資家としてNPFを考慮することは可能でしょうか? экономику? 絶え間ない欺瞞に慣れているロシア国民は、自らの「長期資金」を非国家資金に託す用意ができるだろうか、またプログラムへの参加を拒否したい場合、代わりに何ができるだろうか?
7 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +1
    24 3月2018 16:50
    雇用主の代わりに、将来の年金の積立部分への拠出は従業員自身が行い、賃金の6%が差し引かれます。
    仲間

    何が言えますか? 誰かが国民の福祉を向上させると約束した国でこんなことが起きているのだろうか? 約束者がどの代表者を念頭に置いていたかは明らかだ。 さて税金についてです。
    以前は、PF への異動は雇用主によって 22% 差し引かれていました。 現在、6%は労働者自身です。 これは、雇用主が給与の 22% を返還し、従業員は新たに増額された給与から既に 6% を差し引くことを意味します。 税金は13%ではなく19%支払うのですか? ビレイ それとも給与は同じ水準のままで、雇用主が22%を自分で取り、さらに43%が個人所得税の6%に加算されるのでしょうか? なぜ 7 ではないのでしょうか? 叫び どれだけ公平だろうか... 仲間 稼いだ? 半分を叔父、娘、妻に与えてください - ...そして家は楽しみでいっぱいです...
    ブラボー! 仲間 私たちの幸せな未来をありがとう...将来のおじいちゃんおばあちゃんもきっと喜ぶでしょう... 仲間
    1. 0
      29 3月2018 11:33
      では、彼らは細い集団で投票したのでしょうか? 誰が有罪ですか?
    2. BBC
      -1
      29 3月2018 20:53
      「投票」と賞によると...
  2. +2
    24 3月2018 17:53
    ただし、いくつかの疑問が残ります。 ...

    年金基金への拠出金をほぼ4倍に削減することで、なぜ既存の年金受給者に年金が支払われるのでしょうか?
    完全なナンセンス!
    私はまだ、従業員の控除 -22% が雇用主の控除 -6% に追加されると信じています...
    1. 0
      25 3月2018 08:38
      ナビウリナの狡猾な計画の全容がすぐに分かるだろう
      1. 0
        29 3月2018 11:34
        そして人々はそれをこう呼んでいます...まあ、ただの音楽です! 感じます
        1. BBC
          -1
          29 3月2018 20:54
          面白い。 彼女の姓のロシア語への翻訳はありますか?