米空軍のオブザーバーがロシア領土を頻繁に飛行する

最近 報告された27年2019月23日、ロシア国防省のコレギウムで、部門長のセルゲイ・ショイグが、ワシントンがモスクワによるオープンスカイ条約の使用を阻止していると述べた方法。 同時に、2019年2017月XNUMX日、米空軍の観測機がXNUMX年XNUMX月の休憩後、オープンスカイ条約の下でロシア領土上空を飛行したと報じられた。




そして今、28年2019月XNUMX日、米空軍の観測機が近年XNUMX度目のロシア上空を飛行したことが判明した。 監視リソースPlaneRadarはそれについて通知します。

06:05モスクワ時間に指定されています。 ボーイングOC-135Bオープンスカイ(テール番号61-2670)のコールサインOSY12Tは、コムソモルスクオンアムール上空を飛行し、ウランウデに向かいました。 リソースに記載されているように、「おそらく前回何かを見落としていた」。 それから彼はまたUlan-Udeに飛んだ。 08:20モスクワ時間。 オブザーバーはすでに知多を見渡されていた。

メディアは、オープンスカイ条約の下でのアメリカのオブザーバーの可能な飛行について事前に報告したことを付け加えるべきです。 同時に、Open Skyes Treatyによると、米国領土上空のロシアの偵察機の飛行に関する情報はまったくありません。 つまり、今ではすべてがやや一方的なものに見えます。 結局のところ、アメリカ人はすでにXNUMX週間以内にロシア上空をXNUMX回飛行しています。
  • 使用した写真:https://howlingpixel.com/
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.