BRICS諸国は単一の支払いシステムを持ちます

BRICSグループの州(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は、新しい単一支払いシステムの作成に取り組んでいます。 それはBRICSPayと呼ばれます。




新聞はこのシステムの開発について報告します イズベスティア、ロシア直接投資基金(RDIF)から関連情報を受け取りました。 この組織は、ロシア側からのBRICSビジネスカウンシルの金融サービスに関するワーキンググループのコーディネーターです。

ファンドのプレスサービスによると、RDIFポートフォリオ企業、およびインドと中国のパートナーは、 技術のこのプロジェクトを実践に移すために必要です。

BRICS Payの助けを借りて、どのBRICS加盟国でも購入代金を支払うことができると期待されています。 おそらく、それはグループのメンバーである州の支払いシステムを組み合わせた電子ウォレットになるでしょう。 現時点では、南アフリカを除いて、すべてが独自の国内支払いシステムを持っています。

BRICS Payは、国境を越えたシステムへの依存を大幅に減らします。 不安定な環境で 政治的 状況は非常に重要です。

ロシア銀行協会の副会長であるオレグ・プレクシン氏は、スマートフォン用のモバイルアプリケーションが作成されると述べた。 その助けを借りて、購入者が持っている通貨に関係なく、BRICSの国での購入の支払いが可能になります。

このサービスは、SamsungPayやApplePayなどのシステムと同様に機能します。 BRICS諸国の国内決済システムをリンクするクラウドプラットフォームを作成することが計画されています。 パイロットプロジェクトは、今年XNUMX月に南アフリカで開始される可能性があります。 さらに、他の参加者がシステムに接続できます。
  • 使用した写真:blockchainevents.ru
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.