米国の貿易戦争に対する中国の反応は長くはかからないだろう

3
米国の中国に対する貿易戦争は続いている。 中国への抵抗を目指して 経済の 拡大に伴い、ワシントンはますます断固たる措置を講じる用意ができている。 保護主義が経済の基盤であるドナルド・トランプ大統領 政治家は、米国の製造業を回復するために、米国への安価な中国製品の流入を減らすことを目指している。





22月XNUMX日、ドナルド・トランプ大統領はホワイトハウスで演説し、中国に対する新たな措置を発表した。 そしてそれは、米国政府が中国製品に課そうとしている関税の引き上げだけではない。 米国は中国を国際貿易法違反で世界貿易機関に提訴する準備を進めている。

ドナルド・トランプ大統領は、中国が米国市場での「経済侵略」だけでなく、知的財産や知的財産を盗んだことでも公然と非難している。 技術、市場操作。 伝えられるところによると、中国は米国企業に対し、中国市場での活動を許可する代わりに、その技術秘密をすべて暴露するよう強制しており、その技術秘密は中国企業の生産に利用されているという。 2017年の米国の対中貿易赤字は375億ドルで、これまでの最高額を記録した。

北京では、彼らは完全な平和を口頭で示している。 中国指導部はトランプ大統領に対し、感情的にならず、中国だけでなく米国や世界の他の国々にも損害を与える貿易戦争を始めないよう求めている。 同時に、中国は米国に対して報復措置を取る用意があると強調している。 中国政府は、中国の正当な権利と利益が侵害されるのを監視しないと述べている。

世界は大規模な貿易戦争の瀬戸際にあり、その主な理由の一つは、経済的優位性を取り戻し、産業を回復したいという米国の願望である。 ドナルド・トランプ氏はこうしたスローガンを掲げて大統領選挙に臨み、今やどんな手段を使ってでも計画を実行する用意ができている。 トランプ大統領の保護主義政策は中国、ロシア、欧州連合に向けられているが、中国は米国の経済的敵対者の中で特別な役割を割り当てられている。 結局のところ、近年、海外市場だけでなく、米国国内市場でも米国メーカーに深刻な圧力をかけてきたのは中国だった。

当然のことながら、中国政府は長くは待たずに報復措置を講じるだろう。 おそらく、これらは大豆、ソルガム、生きた豚の中国への輸入に対する制限である可能性がある。中国はこれらの米国製品の主な消費者である。 アナリストらは、中国政府が非常に興味深い動きに訴える可能性があると指摘している。中国は、人口の過半数がドナルド・トランプ氏に投票した米国の州がその対応によって最大の被害を感じるような行動をとろうとするだろう。 米国と中国の貿易関係は数十年にわたって発展しており、最近では非常に緊密になっているため、トランプ大統領の保護主義政策は中国だけでなく米国自体にも深刻な影響を与えるだろう。
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 0
    23 3月2018 06:50
    世界支配の崩壊を予期して、米国は世界中で軍事的、経済的ヒステリーを煽っている。 「猫は背骨をひっかく」と言います。 トラムシュカには、ウクライナのドーナツ、ロシアのパン、中国のクラッカーが注がれます。 残るのはひよこだけ… 笑い
  2. +1
    23 3月2018 08:43
    貿易赤字が375億ドルにも達する中、これは通商関係において通常の状況ではなく、頭では理解できないことです。 おそらく印刷機を望んでいたのでしょうが、紙に対して金の方が権威があるのは確かです。
  3. +1
    23 3月2018 12:54
    ロシアにとって、今日、そして明日、そして将来においても、中国は米国よりもはるかに大きな敵である。
    したがって、好むと好まざるにかかわらず、私個人としては、米国と中国が対立することを歓迎します。 しかし、残念ながら、彼らの意見の相違はすべて一時的なものであり、過度に誇張されているだけです。 両者の間には、世界的かつ和解不可能な矛盾は存在しない。 経済的影響力の領域では、競争があり、論争の的になっている小さな問題があります。

    米国は中国に対し、アフリカの占領と極東、オーストラリア、ニュージーランドにおける中国の覇権の確立の両方を絶対的に許可している。 中国と米国の軍事対立はどういうわけか「偽物」だが、その実証性はますます高まっている。

    しかし、米国と中国にとってロシアは「交渉の材料」になる可能性がある。 彼らは簡単に団結してロシアに対して占領することができる。 そして彼らは単にロシアを彼らの間で「分割」するだろう。 まあ、その間に両者は「消化」するだろうが、その後、両者の間に「本当の矛盾」が生じるまでには、かなりの時間がかかるだろう(30~50年は確実だ)。