アメリカの飛行機がロシアの奥深くで偵察を行った

米空軍のボーイングOC-135B航空機は、ロシアの領土上空を観測飛行しました。 具体的には、知多の領土を飛び越えた。 これに関する情報は、Twitterソーシャルネットワークのマイクロブログで監視リソースPlaneRadarの従業員によって公開されました。




チタレシーバー、UIAAのカバレッジエリアにある米空軍観測機ボーイングOC-135B #Open #Skies、テール番号61-2670、コールサイン#OSY12F

-そのような出版物がブログに掲載されました。

この偵察飛行は、オープンスカイ条約に従って実施されました。 ロシア側は、関連するすべての通知を受け取りました。 さらに、航空機にはXNUMX人のロシア人オブザーバーが搭乗していた。

防衛スポークスマンのジェイミー・デイビスは、前回、オープンスカイ条約に基づく同様の行動が2017年XNUMX月に開催されたことを想起しました。 デイビスは、このような長い休止は、両国間の緊張によるものであると説明した。

オープンスカイ条約は1992年の春にヘルシンキで署名されたことに注意する必要があります。 欧州の安全保障協力機構のメンバーである23カ国が参加しています。 文書によると、一部の参加国の軍用機は、他の国の領土上で偵察飛行を行うことができます。
  • 使用した写真:jetphotos.com
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.