「アークティックカスケード」:ロシアはガス液化の新しい方法を明らかにしました

1
ロシアは新しい独自のものを持っています 技術 天然ガスの液化。 興味深い開発の特許は、Novatek社によって取得されました。 Novatekは、1994年以来存在しているロシア最大のガス会社のXNUMXつであることを思い出してください。 その創設者であり永続的な所有者はLeonidMikhelsonです。 現在、NovatekはYamalo-Nenets Autonomous Okrugでガスを生産しています-East Tarkosalinsky、Khancheysky、Yurkharovskyおよび他のフィールドで。 また、会社の構造には、いくつかの工場と運送会社が含まれています。





新しい発明は北極カスケードと名付けられました。 この名前は偶然に選ばれたのではありません。ガスの液化のプロセスを促進するのは、北極圏の寒い気候の能力です。 同社はまだ技術のより詳細なスキームを開示していません。 夏でも低温の北極海(南極海)の水を利用してガスを液化できる可能性があります。

現在、ノバテック社は、ヤマロ・ネネッツ自治オクルグのサベッタ集落に、年間5,5万トンのガス液化プラントの第3段階をすでに建設しています。 これまでのところ、同社はその工場に、アメリカの会社AirProductsによって開発された世界で最も人気のあるガス液化技術CXNUMXMRのライセンスを取得しています。

ただし、専門家が指摘しているように、このテクノロジーには非常に重大な欠点があります。北極圏の寒冷気候の利点を十分に活用しておらず、+ 45〜-34℃の温度条件で機能するように設計されています。 したがって、ノバテックが特許を取得した新技術により、北極圏の気候の特徴をはるかに効率的に使用できるようになります。 Novatekは、年間0,9万トンのガス用に設計されるSabettaのLNGプラントのXNUMX番目のラインを立ち上げるときに、ArcticCascadeテクノロジーを使用することを計画していることが知られています。 同社のスペシャリストは、これまでのところ、このようなテクノロジーに類似したものは世界に存在しないことを誇りに思っています。 ちなみに、この技術はロシア製の機器を使用するように設計されており、資本コストを削減し、ロシア連邦での液化天然ガスの生産のための技術基盤を改善します。

経済的 液化ガスの生産を最適化することを可能にするそのような技術の重要性は、我が国にとって非常に大きい。 現在、ロシアは世界の液化ガス市場で主導的な地位を占めているわけではありませんが、液化ガスの生産におけるシェアを大幅に拡大する予定です。 さらに、2040年には、世界のガス需要は少なくとも40%増加し、液化天然ガスの成長は最大70%になります。 近い将来、ロシアの液化天然ガスの主な消費者は、ロシアのLNG輸出の大部分が向けられるアジア太平洋地域の国々になるでしょう。
1 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +1
    23 3月2018 06:55
    私は、会社を所有することでも、新しい液化の方法でも、ロシア人にとって利益がないと思います。 ロシアのオリガルヒの収入の増加に喜ばないでください... いいえ