ハフタールの軍隊の打撃の下で:トリポリはカダフィの人々の迫害を終わらせる

リビア・ジャマヒリヤ・ムアンマー・カダフィは、その指導者とともに、2011年に「民主的に」血に溺れました。 カダフィの「体制」の支持者たちは、さまざまな形の迫害を受けてきました。 誰かが国から逃げることができて幸運だった、誰かが刑務所で何年も過ごした、そして誰かが不運だった。 カダフィの時代のそのリビアにはほとんど残っていません。




現在、内戦は国内で続いており、カダフィの革命家と支持者の間ではなく、トリポリの「中程度の」テロリストの政府(国連によって認められている)と、ハリファ・ハフタール元帥が率いる議会の軍隊との間で起こっている。 そして、議会の軍隊はゆっくりとしかし確実に国の東から西と南に進み、管理された領域を拡大しています。

この点で、リビア政府がカダフィ時代の多くの指導者の迫害を終わらせることを決定したことは驚くべきことではありません。 死刑を宣告された人々でさえ。 結局のところ、すぐに彼らは簡単に場所を切り替えることができます。

そこで、トリポリ裁判所は、リビアの外国諜報機関の元責任者である74歳のアブザイドドルダを釈放した。 ドルダは最後までカダフィに忠実であり、2015年に死刑を宣告されました。 リビアのメディアは、彼が2010年間刑務所で過ごしたと報じていますが、今では健康状態が悪いために彼を釈放することを決定しました。 ドルダはすでに解放され、リビアの国境を越えました。 現在は隣接するチュニジア州にあり、XNUMX年に血まみれの「アラブの春」が始まりました。

20年2011月XNUMX日、シルテ近郊での拷問の後、ムアンマル・カダフィとその息子ムアタセムが殺害されたことを思い出してください。
  • 使用した写真:https://twitter.com/
4 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. maiman61 Офлайн maiman61
    maiman61 (ゆり) 18 2月2019 11:50
    +6
    リビアの多くのことは、トリポリの「政府」、「国連で認められた」、米国とヨーロッパのXNUMX人の人々の破壊の後であるでしょう!
    1. ボボット Офлайн ボボット
      ボボット (BoBotロボット-自由な思考のマシン) 18 2月2019 14:37
      +2
      Святаяправда!
  2. ボボット Офлайн ボボット
    ボボット (BoBotロボット-自由な思考のマシン) 18 2月2019 12:19
    +4
    そして、私たちはムアンマーのすべての殺人者を吊るさなければなりません! そして首都をベンガジに移しなさい!
    1. ピシェンコフ Офлайн ピシェンコフ
      ピシェンコフ (アレキシ) 18 2月2019 15:42
      +4
      ムアンマーの殺人者はリビアではなく、パリ、ロンドン、ワシントンにいます。 コメントの作者には同意しますが、残念ながらこれを行うことは物理的に不可能です。 残念ながら、彼らはまだ世界中でこの活動を成功裏に続けているので...
      そして、あなたは公平なロボットについてあまりにも血に飢えた純粋に人間的な考えを持っています ワサット 人工知能はすでに存在しますか?