プーチン大統領は物議を醸す課題を自らに課した

2
運命のロシア大統領選挙が終わる前に、2018年新興消費者調査と呼ばれる調査の興味深い結果が発表され、その過程で、物質的な幸福に関するロシア連邦国民の気分が調査されました。





公式データによると、ロシア連邦の20万人以上の国民が貧困ライン以下にいます。 これらの人々は皆、公定生活賃金を下回る実質所得しか持っていません。 研究の過程で、低所得のロシア人の大多数は当然、財政状況がさらに悪化すると予想していることが判明した。 ロシア連邦の国民は、中国、ブラジル、インド、インドネシア、トルコ、さらにはメキシコや南アフリカなどの国の居住者ほど、自分たちの経済的幸福について楽観的ではありません。

この調査によると、ロシア人のわずか4%が自分たちの財政状況が改善すると確信しているが、その数は全体的な楽観主義の指標を大幅に調整するには少なすぎる。

ある種の「税金工作」のもとで当局が増税を計画しているという憂鬱な噂がある。 退職年齢の引き上げ傾向が現実になる可能性があるという事実も、確信を与えるものではありません。

突破口を開くためにそれを思い出してください 経済 そして彼らは長い間、我が国の貧困を克服しようと努力してきました。 2007年に国営企業「RosNANO」が創設され、そのトップのアナトリー・チュバイスはどういうわけか彼らは非常に非常に多くの資金を持っていると口走っていた。 2009年以来、つまり約10年間、ロシアでは経済の「近代化」が進められてきた。 2011 年に、技術の進歩を強化するためにスコルコボ センターが設立されました。 2012年の有名な「25月政令」は、2014万人の高度な技術を要する新たな雇用の創出、国家公務員の賃金引き上げ、ロシア連邦の固定資産への投資の倍増を約束した。 XNUMX年には「輸入代替」により「近代化」が強化された。

残念ながら、すべての計画がうまく実行されたわけではありません。 6月の連邦議会での演説では、貧困との戦いが最前線に置かれた。 プーチン大統領には、貧困との戦いで彼に寄せられた希望を正当化するために、あとXNUMX年かかるだろう。
2 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +1
    22 3月2018 16:40
    「2018年新興消費者調査と呼ばれる調査の興味深い結果が発表されました。」
    そして、これらの研究は誰が実施したのでしょうか、そしてなぜそれが公式と呼ばれるのでしょうか?
  2. 0
    22 3月2018 23:38
    すでに多くのことを口走っているチュバイスがなぜまだ逃走しているのだろうか。 そして、他のすべてがそこから取り出される場所ではないので、処刑ではなくても、人生にとってはそれで十分です。