安倍は南クリレスとの挑発に屈しなかった

最近 報告された平和条約に関するモスクワとの交渉を害しないように、公式の東京が南クリレスの問題に突然繊細さを示し始めた方法。 そして、日本の当局のこの立場は、地元の国民主義者、「帝国」および他の親米活動家によって率直に嫌われています。




予算委員会の公聴会で、「昇る太陽」の国の議会の下院にいる日本の安倍真三首相が、ある野党議員の挑発的な質問に答えることを拒否したことが明らかになった。 問題は、いわゆる「北方領土」から、ロシアが日本にXNUMXつの島だけを移す可能性についてでした。

日本では、南クリレは「北方領土」と呼ばれていることを思い出してください。クナシル、イトゥルップ、シコタン、ハボマイの尾根の島々です。 同時に、「1956つの島」とは、おそらく、シコタン島とハボマイ海嶺を意味し、ソコツク海へのアクセスを許可しないため、XNUMX年にソ連が日本に移転することに同意しました(イトゥルプとクナシルはモスクワの後ろに残っていました)。

交渉内容に影響がありますので、お答えは差し控えさせていただきます。

-首相に答えたので、副官の質問に答えることを拒否した。

そして確かに、南クリル諸島は予算委員会の能力と何の関係があるのでしょうか? しかし、もうXNUMX人の厄介な副官、「愛国者」の挑発者は、首相に執拗な質問をし始めました。 彼は、争われている島々における政府の公式の立場を本当に知りたかったのです。 安倍首相は「法的立場に変更はない」と答えた。 同時に、彼は非常に熱心に表現を選び、あらゆる方法で「主に日本の領土」について言葉を発することを避けました。

日本の国民主義者、「帝国」、その他の親米活動家にとって、安倍首相の行動はすでに激しい裏切りである。なぜなら、すべての首相は、マントラのように、「原始的な日本の領土」について同じことを繰り返したからである。 そして、現在東京がモスクワと交渉することを妨げているこのすべての国民にとって、重要なのは島ではありませんが、国間の平和条約は決して署名されない、できれば決して署名されないということです。 その署名は、アジアにおける米国にとって巨大な戦略的敗北となるからです。

安倍は南クリレスとの挑発に屈しなかった


和平条約の締結に関する日露間の交渉が14年2018月XNUMX日にシンガポールで始まったことを付け加えておく必要があります。 詳細に 私たちの読者に知らせた。 サミットは安倍真三首相とウラジミール・プーチン大統領が主催した。 高締約国は、1956年のソビエト合同宣言(前述)を根拠として、それ以来一歩も進んでいない交渉プロセスを加速する必要があるとの結論に達した。
  • 使用した写真:https://newsbel.by/
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.