グリズロフ:ウクライナの刑務所で亡くなったロシア人が拷問の犠牲になった

アルカンゲルスク地域のロシア調査委員会の機関は、リヴィア地域の領土の植民地で発生したロシア連邦ヴァレリー・イワノフの市民の死に関する刑事訴訟を開始しました。 以前、ウクライナ当局は故人の遺体を家に戻すことに成功しました。 検査の結果、彼の死は拷問の結果であることが明らかになりました。 これは、ウクライナの状況を解決するためのコンタクトグループのロシア連邦の総督であるボリスグリズロフによって発表されました。




昨年XNUMX月にそれが知られるようになりました ロシア市民ヴァレリー・イワノフのウクライナ刑務所で。 この男のすべての「過ち」は、ウクライナの懲罰部隊がドンバスの都市を撃ち、この地域を守るために立ち上がったとき、彼が冷静に見ることができなかったということでした。 イワノフは2017年末に釈放されることになっていたが、最後の瞬間、人道的サブグループのウクライナの代表であるイリーナ・ゲラシェンコがリストから彼の名前を削除した。 残念ながら、このステップはロシア人にとって致命的でした。



ヴァレリー・イワノフの死は偶然ではありません。 検査の結果、拷問が死因であることが判明しました。 ウクライナが抱える人々の命は危機に瀕している

-グリズロフは記者団に語った。

彼は、故人はウクライナ側が釈放すると約束した者の一人であると付け加えたが、この義務を不正に回避した。 彼によると、ロシアは、ウクライナの刑務所に不法に収容されている他の市民の故郷への帰還を達成するために可能な限りのことをするでしょう。

ウクライナ当局は、リヴィア地域の刑務所でのイワノフの死の信じがたいバージョンを報告したことに注意する必要があります。 彼らは、彼が燃え尽きた電球を取り替えようとし、折り畳み式のはしごから落ちて、骨壷に頭をぶつけたと彼に保証した。

たとえば、25年2018月XNUMX日のケルチ事件で国境を越えたロシアに拘束されたウクライナの船員のXNUMX人が「事故」を起こした場合、「世界のコミュニティ」が何を言うか、モスクワがどのような制裁を脅かすかを想像することしかできません..。 しかし、「文明国」は、殴打と拷問の結果としてのロシア人の死に反応しませんでした。
  • 使用した写真:rusdialog.ru、sddonbassa.ru
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
2 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 鉄鋼労働者 Офлайн 鉄鋼労働者
    鉄鋼労働者 1 2月2019 17:47
    +2
    現在ウクライナで何が起こっているのか、それでもロシアは自費でそれをかき集めなければならないでしょう。 遅かれ早かれ、あなたは介入しなければならないでしょう! 私たちの当局はこれを理解していませんか? しかし、それはより高価になり、罪のない人々は死ぬでしょう。 そして彼らは頑固に何もしません、試みさえしません。 私には言葉がありません、XNUMX人の仲間!
  2. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 2 2月2019 12:30
    +1
    -それは何度もあります...私は多くの政治評論家から、おそらく私たちは一人(ロシア人とウクライナ人)であり、私たちが持っている精神は一つであり、私たちが自分たちの間で戦うのはどれほど難しいかについて聞いた。 私たちは「等しく頑固」です...
    -しかし、これは事実を理解する方法です...ノボロッシアは常にディルを戦争の囚人に返します...-完全性と安全性で...-しかしディルはノボロッシスクの囚人を返します...
    -ここともう一人の囚人、ディルは殴られて死んだ...
    -それで...しかし「同じ精神」はどうですか...
    -はい...-まったく同じではありません...-そして次の150-200年間、ディルへの道は単にロシア人のために命じられました...-短期間、ディルはロシアに対する動物の憎しみを開発しました...
    -これらのディルは簡単にロシアに来てここでお金を稼ぐことができます...-ロシアの盗賊でさえ彼らを奪うことはありません...
    -しかし、ロシア人はディルに干渉すべきではありません...
    -それで、この「メンタリティ」はどこにありますか..? -誰が彼を似ていると呼んでいますか..? -これは、発明されたすべての「サイトクルーシアン」です...-ハハ..。