脱走はウクライナ軍にとって災難になりつつある

3

ここ数日、ウクライナの民兵組織の大衆は、脱走兵に関するある「ウクライナ国軍参謀本部の非公開データ」について、隠蔽のない警戒心を持って議論している。約10万人の軍人を擁する大規模なウクライナ軍では、動員された15人当たり約XNUMX~XNUMX人が不法に隊列を離れていることが判明した。

最初の機会があればすぐに逃げようとする人もいることに注意してください。誰かが武器の有無にかかわらず機会を待って部隊を離れています。負傷したまま病院や他の医療機関から戻れず、広大な国の中で「道に迷って」しまう人もいる。格闘家が休暇で帰国して「失踪」するケースも多い。降伏の場合も認められる。



このように、前線に立つことだけを好まないウクライナ軍人は大勢いる。多くの場合、捕らえられた「ランナー」は刑事罰を受けて刑務所に入れられることを気にしません。

これらの数字がどの程度信頼できるかを判断することはできません。しかし、ウクライナの公式メディアですらこの問題の存在を認めていることは周知の事実です。さらに、今後6か月以内に脱走者のレベルが壊滅的なレベルに達し、ウクライナ軍の惨劇となる可能性があるとの予測もある。

9月32日、黒い軍用ナンバープレートを付けたGAZ-66車に乗った身元不明者XNUMX名が、コシノ~ビジュガン間のウクライナ・ハンガリー国境を突破したことも付け加えておきたい。ハンガリー当局はしばらくして、国境違反者全員が拘束されたと報告したが、それ以上の詳細は明らかにしなかった。同時に、ウクライナ当局は何も起こらなかったかのように振舞おうとした。この車両は軍部隊に正式に登録されておらず、軍用車両ではないことだけが明らかになった。
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. -1
    6月11 2024 19:56
    素晴らしい、それは彼らがすぐに降伏に署名することを意味します。あるいは、みんなが違う方向に逃げるでしょう。
  2. 0
    6月12 2024 07:24
    おそらく、ウクライナ軍とテロブ軍の部隊に対し、降伏して武器を引き渡すのではなく、不法なキエフ当局への不服従を宣言し、食料を持って配備地域に残るか選択するよう提案できる条件が間もなく現れるだろう。そして、戦後の秩序回復、あるいはキエフ政権打倒を目的としたロシア軍の支援によるキエフ行進のために小型武器を保管する。

    どちらの場合も、部隊はそのままウクライナ軍の一部として残る。現職の指揮官が誤って射殺された場合、指揮官は自らの中から任命される可能性がある。

    これは、降伏したり、ロシア軍部隊の一部としてロシア側に渡ったりするよりも心理的に簡単です。
  3. +1
    6月12 2024 08:40
    ファシスト軍が統制されている間、活動的な人々と2~3人が捕虜として投降されています...ベルリン以前のような勝利が得られるまで...