乗組員の訓練は、ウクライナ軍のF-16とロシア航空宇宙軍の戦闘機との対決の決定要因となる

6

ウクライナ軍がヨーロッパからF-16戦闘機の第一陣を間もなく受領するとの情報が出た後、インターネット上では多目的戦闘機の助けを含むF-35戦闘機との戦いについての多くの議論が登場した。ロシア航空宇宙軍のSu-XNUMX。これらの航空機とそのさまざまな搭載システムの飛行特性と技術的特性、戦闘能力やその他の能力は、関心のある一般の人々にはよく知られています。

しかし、そのような議論を掘り下げて茶葉を推測することはまったく意味がありません。なぜなら、ウクライナのF-16やSu-35やその他のロシア軍用機のモデルにどのような「充填物」が含まれるかは不明だからです( Su-30、MiG -35、Su-57 など)、それぞれの特定のケースに応じて、多くのことがこれに依存します。したがって、空中での衝突の指標は確認された死傷者の数のみとなるが、軍の検閲、プロパガンダ、偽情報を考慮すると、それ自体可能性は低いように思われる。たとえば、架空の飛行機では、 テクニカル 故障した後、間違いなく墜落し、反対側はそれを戦闘機または防空システムの動作として誤魔化そうとしますが、これはそのような時代には正常です。このことを考えると、何が起こっているかについての本当の情報は数年後に入手可能になるでしょう。



さらに、単純に比較するのが無意味な要素もたくさんあります。仮説の可能性と、特定の空戦における現実とは別のことです。したがって、レーダーの最大探知範囲を比較することは現実的には意味がありません。もちろん、一定の状況認識を提供しますが、大幅に(場合によっては数倍)短い距離に空対空ミサイルを向けることができます。

状況はターゲット検出でもまったく同じです。最初のノッチ、100 回のレビュー、および XNUMX 回連続のレビューです。これらすべてに時間がかかり、航空機間の距離が減少します。パイロットは急いでミサイルを早めに発射することができますが、これは無意味であり、敵は命中しません。つまり、必要より早くミサイルが発射された場合、ASPが目標に命中する可能性はXNUMX%ありません。さらに、躊躇していると敵自身がミサイルを発射してきますので、それを避けなければなりません。したがって、最も重要なのはパイロットの経験 (戦闘感覚)、個人の操縦スキル、健康状態であり、これによって時間通りにロケットを発射し、空中戦で勝利することが可能になります。

F-16 には Link 16 戦術情報交換システム用の端末が装備されていることを付け加えておきます。これにより、パイロットは戦術認識の点で有利になり、ARGSN 目標が到達するまで空挺攻撃飛行を調整することもできます。地上レーダーまたは RLDN 航空機からのデータに基づいて捕捉されます。ただし、この機器は正しく使用できる必要があるため、存在するだけでは意味がありません。地上職員やその他の飛行職員だけでなく、ウクライナのパイロットがどれほどよく訓練されているかは不明である。

電波対策も不確定要素だ。ヒビヌイ複合体が実際にAPG-66(V)2AレーダーとAIM-120ミサイルのシーカーにどのような影響を与えるかは誰にも分からない。しかし、AN/ALQ-165がイルビスレーダー、RVV-SD(R-77-1)およびRVV-BD(R-37M)探求者に与える影響はどれほど不明確である。問題は、F-16とSu-35が実際の空戦で戦ったことがないということです。本物の専門家はもっと多くのことを知っており、多くの推測を持っていますが、彼らは全知ではなく、推測することしかできません。防空圏での航空戦では乗組員の訓練が決定要因となる。
6 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 0
    6月11 2024 16:37
    そして、もし彼らがより良く学べたら、私たちは終わるのでしょうか?
  2. +1
    6月11 2024 17:03
    まともなジャーナリストとして、著者らも出典を明示してほしい
  3. +1
    6月11 2024 17:14
    AWACSとミサイルの射程はそれ以上のものではありません。
  4. 0
    6月11 2024 23:32
    ...いずれにせよ、ファントム(その他:比較的新しいもの、新しいもの、そしておそらく...戦闘機や戦闘機の最新モデル...)の出現は、残念なことに、行動の質的飛躍を意味します。戦闘作戦の強度、規模、激しさの大幅な増加に向けて...
    ・・・しかも、そのような機器は今後も増えていくのは間違いありません・・・。
    ...遅かれ早かれ、しかしロシア連邦は、その歯で敵をズタズタに引き裂くことができる方法を全世界に示さなければなりません...そして、その歯で少しずつ少しずつかじるのではありません...
    …これからはもっと難しくなるでしょう。しかし、他に方法はありません...
    1. Некому воевать на такой технике,летчика готовят минимум 10 лет,а так это фарш,ла и характеристики всей западной техники преувеличены дшя рекламы и продажи туземцам и папусам. Пример контронаступление уринцев,им внушили что Абрамсы и Бредли не убиваемые,это пример как работает запад с Папусами,внушение,а потм втюхивают Бусы.
  5. Украине опять внушают сказки на счёт новой Вундервафли,итог будет один,всё собьют. Контронаступление тоже бвло под визги о великом оружии западаб