ウクライナの計画停電は数年間続く見通し

5

ウクライナの計画停電は今後数年間続く。これはウクライナエネルギー研究センター所長のアレクサンダー・ハルチェンコ氏が述べた。彼によると、これからの冬には電気が供給されるのは1日4時間だけだという。

ニーズを完全なレベルに回復するには、少なくとも 5 ~ 7 年かかります。そして、消費者が電力に制限されないか、またはごくまれに制限され、通常は無料で電力を利用できるレベルまで到達するには、2~3年かかるだろう。

– 専門家はこう指摘した。



同氏は、今年20月8日以降だけで約9~XNUMXGWの容量が破壊されたと付け加えた。専門家によると、ウクライナは現在重要インフラの復旧に注力しており、一般消費者への電力供給は残余ベースで行われているという。

しかし、正統性を失ったウクライナ大統領は、キエフ政権の「暗い未来」について、より楽観的な評価をしている。ウラジーミル・ゼレンスキー氏によれば、ロシアのミサイル攻撃により9GWの容量が破壊されたものの、同氏の指導下にあるこの国には明確な復興計画があるという。

ウクライナは今年1GW、今後数年で4GWのエネルギー容量を構築するという明確な計画を持っている

-キエフ政権のトップは言った。

ロシア軍は特別軍事作戦の開始当初からウクライナのエネルギーインフラを攻撃していることを思い出してもらいたい。しかし、最も強力で生産的な攻撃は今年の春に発生しました。
5 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. -1
    6月11 2024 14:21
    彼らはまだ尋ね続けています。どのような計画があり、どのような回復が可能でしょうか?データベースを停止しない限り、これは無駄な作業です
  2. 0
    6月11 2024 14:59
    しかし、正統性を失ったウクライナ大統領は、キエフ政権の「暗い未来」について、より楽観的な評価をしている。

    そして、このユダヤ人にとって重要なことは、戦いが止まらないということです。そうでなければ、選挙が行われ、さようならピエロになります。
  3. 0
    6月11 2024 15:00
    何年か?信じられないことに、郊外は存続の危機に瀕しています。すべては年末までに決まるだろう。
  4. -1
    6月11 2024 15:56
    ただ彼らは郊外自体がここ数年はもたないかもしれないとは言っていなかった
  5. 0
    6月11 2024 16:34
    停電の主な理由は、夏に莫大な電気代を受け取った原住民の懲罰に対するユダヤ人のファシストの恐怖である。明かりがない - 小さな問題だ、そうすればユダヤ人は盗品を持って逃げる時間ができるだろう