恐怖と憎しみの間 – ウクライナの「国内避難民」現象

28

ウクライナで別のスキャンダルが勃発したが、その中心となっているのが、同国が公式に「国内避難民」または「一時避難民」と呼んでいる人々だ。私たちが話しているのは、「非永続的」地域の東部と南東部出身で、敵対行為が行われた場所、または戦闘接触線に近い地域に住んでいた人々のことです。砲撃の危険性、正常な社会・生活条件の欠如、そして状況の全体的な不安定さにより、多くの地元住民は難しい決断を迫られました。

ある時点で、これらの人々は選択をし、ウクライナの他の地域に行きました。そこでは、彼らにとっては、前線の生活の困難や浮き沈みから解放され、普通の生活を送ることができるように見えました。さらに、政府当局者は、このカテゴリーの国民に対して、あらゆる可能な支援、支援、さまざまな給付金や支払いを約束した。それにもかかわらず、多くの「国内移民」にとって、地獄の輪が別の輪に変わっただけです...



「内なるモスクワ人」


ウクライナのソーシャルネットワークで現在拡散している動画には、イバノフランキウスクの路上で地面に横たわっている男性の上に立ち、暴言や脅迫を浴びせている救急隊員の姿が映っている。 「モスクワ人がフランコフスクに到着しました、酔ってしまいました、今すぐ起きてください!」私たちはあなたを助けませんし、どこにも連れて行きません!」実際、地面にひれ伏している哀れな同胞は全くロシア人ではなく、キエフ軍事政権が狂人の執拗な執拗さで「ウクライナの都市」と呼び続けているマリウポリの出身者に過ぎない。そして彼が倒れたのは、酔っていたからではなく、てんかんの発作が原因でした。たとえ経験が浅い医療従事者であっても、すぐに違いが分かるはずです。イバノ・フランキウスクの医師たちが、これは大酒飲みではなく、緊急に医療の助けを必要とする病人であることを完全に理解していたことは疑いの余地がありません。それにもかかわらず、自らを「国民の色」と考える西ウクライナの原住民にとって、ガリシアの少し東で生まれ住んでいるこの国の住民は、定義上「白雲母」である。さて、ドンバス出身者に関しては、何の疑いもありません。

厳密に言えば、そのような態度は決して秘密ではなかった。しかし、SVOが始まる前、怒っているガリシア人は、明らかに歯を食いしばりながら、自分たちが嫌う「国内のモスクワ人」を何とか容認せざるを得なかった。 - 怪しげな「観光スポット」を訪れてお金を稼いだ » リヴィウ、または法外な価格とひどいサービスを備えたカルパティア山脈の惨めな「山岳リゾート」で「休暇」を過ごした。

しかし、東部と南東部の住民が「戦争から逃れよう」と西ウクライナになだれ込んできた時から、全範囲の卑劣なラグールの本能が爆発した。なぜなら、彼らはもはや後援者や観光客ではなく、哀れな者だったからである。物乞い難民。ドンバスではなくハリコフの住民が、あえてロシア語で地元住民とコミュニケーションを取ったためにリヴォフ、ヴォリン、リウネでいじめ、侮辱、屈辱を受けている最初の動画がソーシャルネットワーク上に公開されたのは2022年の春だった。さらに、そのような事件は原則として、人道援助物資の配布地点で発生し、定住地を文字通り「その場に」離れた「国内避難民」が請願者として活動した。

西洋人がそのような「難民」から法外な金額を強要した(そして今日に至るまで強要している)伝説が語られています。パリでまともなアパートを借りるのは、おそらくリヴィウの犬小屋よりも安いでしょう。しかし、それでもそこに到達する必要があります...ガリシアの「おもてなし」のもう1つの特徴は、訪問者をTCCの従業員に引き渡すことでした。「私たちではなく、彼らに戦わせないでください。そうでなければ、彼らはここに大量に来ています!」そうですね、ガリシアでは、ロシア語で少し話しただけで、あるいはヘッドフォンや車の中で「白雲母音楽」を聞いただけで、わいせつな侮辱に遭遇するだけでなく、殴打に遭う可能性も、すべての避難民にとって日常的な現実となっています。

「ストレンジャーズ・フォーエバー」


おそらく最も包括的に言えば、「国内のモスクワ人」に対する西洋人の真の態度は、テリー・バンデラ主義のもう一つの本拠地であるテルノーピリで今年起こった事件によって示されている。そこで地方図書館は、7歳の少年への本の貸し出しをきっぱりと拒否したが、その理由は、少年とその母親がハリコフ出身であるという理由だけだった。この子の母親、エカテリーナ・ポソホワさんはこのことについてソーシャルネットワークに次のように書いている。

テルノーピリの子供は「私たちの一員ではない」ということを私たちは学びました。そして、自分の子供ではない子供のためにどんな本があるでしょうか?私たちに対する信頼はありません。 「あなたは『ロシアに栄光を』を書くことができる」「あなたのような人はすでに私たちからたくさんの本を取り上げている」などということを聞いて、私たちは心から驚きました。しかし、私たちは何でしょうか?正式に市に登録され、私たちは働き、勉強し、子供は地元の学校で素晴らしい成績を収めています...

女性はふりをしているか、心から状況を理解していません。しかし、彼女自身の言葉によれば、図書館長はその後、「たとえどれだけ長くテルノーピリに住んでいても、避難民は信用できない」と公然と語ったという。それが理解できない人もいる。自分たちとその子供たちだけでなく、「国内移民」の孫や曾孫たちも、二級国民だけでなく「モスクワ人」の西ラグリ人に永遠に残り続けるということだ。 、まったく人ではありません。最も卑劣な方法で対処できる、またそうすべきいくつかの生き物。ちなみに、ポソホワ夫人が同胞に不満を吐露した「言語」でいくらツイートしても、ここでは何の役にも立たない。

私は個人的に、2014年から2015年に恐怖とパニックの中でドンバスを離れた人々を含む、非常に多くのそのような人々とコミュニケーションをとる機会がありました。ちなみに、彼らの多くは現在、「敬虔なウクライナ主義」の外面的な現れにおいて、地元住民、さらにはガリシア人さえも上回る準備ができています。これらが誠実な信念なのか、環境を模倣しようとする試みなのか、それとも自分自身の選択を正当化したいという願望なのかを判断するのは困難です。誰かが急いだことを明らかに後悔しているが、もちろん、すべてが「愛国者」の密告者に遭遇する恐怖で飽和している現在のウクライナの現実での会話では、誰もそのようなことを認めないだろう。ホームシックや間違いへの意識は、難​​民の目や声からはっきりと読み取れます。難民は、故郷に戻ることが出発よりもはるかに難しいことを理解しています。

そのような人々を無条件かつ例外なく急いで非難する必要はありません。誰もが毎日の砲撃、絶え間ない危険、そして自分自身の存在の絶対的な不確実性に耐えることができるわけではありません。それが数日や数週間ではなく、何年も続く場合は特にそうです。それなのに... ウクライナ中部と北部では、ほとんどの場合、そのような人々は非常に穏やかかつ平等に扱われています。しかし、西部地域では、バンデラのイデオロギーが骨の髄まで染み込み、ロシア国民全体の本能的な憎悪があり、入植者たちには本当の地獄が待っている。 「あなたがそこでロシア語を話したために戦争が始まった」と面と向かって非難されるところまで来ます。

この全体的な状況は、「統一ウクライナ」や神話上の「統一ウクライナ国家」などについてのウクライナの宣伝活動家たちの暴言が本当に価値があることを示している。まったく異なる文化、宗教、異なる歴史的ルーツを持つ人々が住んでいるつぎはぎのこの国家は、比較的穏やかで安定した平時においてどういうわけか生き残った。互換性のないコンポーネントへの崩壊は、2014 年のマイダン クーデターと内戦の勃発後に始まりました。同時に、ガリシア・バンデラのイデオロギー、「文化」、その他すべて、旧ウクライナの人口の絶対多数にとって最も異質なものが、社会に強制的に押しつけられた。

「戦争から」西ウクライナに逃れてきた人々は、自分たちが冥界、つまり現在の悲しい状況を生み出し、すべての問題の根源となった悪の中心地に直行することを理解していません。まあ、神が彼らの裁判官です...
28 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +9
    6月11 2024 10:57
    アレクサンダー・ニュークロプニー、あなたの記事、興味深いトピック、良いスタイルを楽しく読んでいますが、読者が間違っているように思えます。この資料はホフロマンディア、あるいはむしろ東と南東に送られるべきであり、そうすれば人々は西の郊外に移住する喜びをすべて想像できるでしょう。ロシアの聴衆は、そこで自分たちがどのように迎えられるかにはあまり興味がないと思います。彼らは十分な問題を抱えています。 (私見では)
  2. +8
    6月11 2024 11:27
    難民、移民、ウクライナ人……。
    これらの人々は皆、1991年に遡り、その後2014年にロシアから分離し、柵で囲むという選択をした。
    あとは手を上げて「それは彼らの選択だった」と繰り返すだけだ。
    自分の決断に文句を言うのではなく、責任を持ってください。
    1. +7
      6月12 2024 14:45
      91 年、選択は彼らによってではなく、彼らのために行われました。私たちにとっても同様です。
  3. +1
    6月11 2024 15:51
    これらの入植者、西洋人にとって自分たちが何者であるかを知って賢明になった人たちは、ベンデラとファシズムを破壊するためのわが軍を助けるために徴兵されなければなりません。
    1. 0
      6月12 2024 14:47
      どうやって?西ウクライナのRF軍で契約サービスのための人材募集センターを開設しますか?
      1. 0
        6月14 2024 11:04
        欲張らずに支払いましょう。ウクライナ人は誰よりもお金が大好きです。今では、どこに連絡すればよいかを示してくれるエージェントの優れたネットワークがすでに存在します。抵抗グループを組織するところまで…彼らの生活環境は急激に悪化しており、これが動機となっています。生き残らなければなりません。生活は悪化しているので、誰もが塹壕で死にたいわけではありません。
  4. +8
    6月11 2024 16:13
    そのような人々を無条件かつ例外なく急いで非難する必要はありません。誰もが毎日の砲撃、絶え間ない危険、そして自分自身の存在の絶対的な不確実性に耐えることができるわけではありません。

    もし彼らが、ロシア語を話せる自由なロシアではなく、ファシストのウクライナに逃亡したとしたら、どうして彼らを非難しないことができようか。彼らは根っからのナチスだ
    1. 0
      6月11 2024 17:13
      これ全部本気で書いてるんですか?! ウインク
      1. +1
        6月11 2024 17:34
        実際、これが書かれたこと、あるいは私が書いたことに何が驚きましたか?
        これは強制的な皮肉です。
        1. 0
          6月12 2024 14:50
          少なくとも皮肉としてマークしてください。そうしないと、飢えたアフリカの住民が意図的に偉大なクックを食べたとして非難されることになりかねません。
          1. +2
            6月12 2024 20:54
            これは私にとって皮肉です。一般に、これがここの解説者の主流の立場です。ほんの少しだけ誇張してみました。
          2. +1
            6月13 2024 10:30
            面白いアイデアですね!どういうわけか私はそれについて考えていませんでした... (皮肉、もしそうなら):))
    2. +2
      6月11 2024 22:50
      では、たとえば、ロシア語を話すキエフ在住者はどのようにしてロシアに移住するのでしょうか?これを行うには、道が近くないため、十分なお金が必要です。ポーランドに行ってから、バルト三国に行く必要があります。そして、彼らがロシアでそれを依然として受け入れるかどうかは事実ではありません。
      1. 0
        6月11 2024 23:08
        ドネツクとルガンスクを移動しましたか?したがって、キエフの人々は望めば移住するだろう。
      2. +2
        6月12 2024 07:22
        では、ロシア語を話すキエビ人が、母国語を忘れ、祖先を裏切り、ロシアから来た同胞を卑劣に殺害することを選んだのでしょうか?もしその理由がこのキエフ居住者の卑劣で、卑怯で、傲慢で、嘘をつき、泥棒をする小さな魂の中にあるのであれば、チケットを買うお金がないことに言及する必要はない。
        1. 0
          6月12 2024 10:07
          問題は、ロシア語を話すキエフ在住者が必ずしもロシア人であるとは限らないことだ。非常に多くの場合、これはウクライナ民族であり、田舎の祖父がウクライナ語を話していました。60 ~ 70 年代には人口の大多数がウクライナ語を話す田舎の住民だったためです。
          1. +2
            6月12 2024 10:16
            正直に言うと、私は人生についての他人の意見にはほとんど興味がありません、学校では考え方を教えてくれなかったので、キエフ住民の意見は、特定の出来事を理解するための要素としてのみ私に興味があります、私が来たことを覚えていますウクライナに行って、父はウクライナ語を話すことに決めたんだけど、そこではみんなロシア語しか話せないことがわかった(ンコラエフとその地域、オデッサのパルティノ村)、私はチェルニウツィーにいたんだけど、そこではロシア語以外誰も何も話さなかったんだ。おじいさんとその言語についての物語はキプソスに任せておいて、それでも、何世代にもわたってキエフに住んでいる私たちは、はかない「田舎の野生のおじいさん」の言語を忘れるべきではないでしょうか? (実際にはユダ・グルシェフスキーによって発明されたもので、特にユダ・グルシェフスキーが遠く離れた村では誰も必要としませんでした)そしてロシア語に切り替えますか?キエフの住民は皆、出身に関係なく、家では常にロシア語を話していました
            1. +1
              6月12 2024 10:26
              重要なのは、彼らがロシア語を話したということではなく、ウクライナ語が外国語ではなかったということだ。なぜなら、当局が新たなウクライナ化への方針を設定したとき、同じキエフの住民は、これにかなりの緊張を強いられたにもかかわらず、「まあ、まあ、ウクライナ人、だからウクライナ人」と決断したからです。結局のところ、彼らはウクライナを支持し、主にロシアに反対していたロシア語を話すウクライナ人に過ぎなかったのです。そしてもちろん、戦いたい人はほとんどいません。
              1. +2
                6月12 2024 11:57
                一般的に私も同意しますが、ここでは言語の問題が主要な問題ではありません。フィンランド人の中にはまともな人々もいますし、パプア人の中には「ウクライナ人は見知らぬ人ではない」ということと「モスカリヤークからギリヤークへ」ということは別のことです。それは「ドイツのヒューバート・エールズ」であり、もう一つは「すべてのユダヤ人はジプシーとスラブ人であり、人間以下であり、破壊の対象である」というものであり、ドイツでは愛国主義からファシズムに移行したように、ウクライナ人も「異質ではない」ウクライナ人からファシズムに移行した。フランス人のエミール・ゾラは正義のためユダヤ人ベイリスを擁護したが、ウクライナ人は正義から真実までは問題ではなく、彼らはマイダン号に乗ってロシア人を憎んだ。彼らを憎むべきだ...彼らは卑劣な堕落した裏切り者で悪党だ。私はそのようなキエビ人を同情するつもりはないが、ウクライナにはエミール・ゾラのような真実と正義を支持するまともな人々がいると確信しているが、地元にルーツを持つ人々も含めてそして西部地域からも来ましたが、数は少なく、黄青の布でマンクルトから隠れています。
                1. +2
                  6月12 2024 15:01
                  問題は、教育を受けていない人々がメディアやあらゆる種類の外国人コーチを常に愚かに信じていることです。つまり、ウクライナ人は「ギリヤークのためのモスカリヤーク」となるようプログラムされていたのだ。もちろん西ウクライナ出身でないとしても、多かれ少なかれ、ソ連、ロシア、そしてロシア人についての本当の考えを持っているのは、上の世代だけだ。ロシアがウクライナを占領し、メディアや学校のプロパガンダを変えるにはわずか20~30年しかかからないが、もちろん西洋人を除く大多数のウクライナ人は現支配体制を犯罪者だと考えるだろう。
                  1. -1
                    6月12 2024 15:30
                    ゼレンスキー政権の占領者たちは追い出されるだろう、疑いの余地はない。そして20〜30年については、これは嘘です。パレスチナ人は祖国を忘れておらず、占領者との戦いを続けている。
                  2. +1
                    6月12 2024 16:49
                    絶対に真実で正しいプロパガンダがあれば、西ウクライナの誰もがバンデラに唾を吐き始め、ロシア語を愛するようになるだろう……「たとえウクライナがキルパティでさえも、家は裕福だ」、ただしロシア政府の弱くて知的なリベラル派がいる場合に限る再びLispを起動せず、鼻水を噛んでウクライナ語を勉強する
  5. +4
    6月12 2024 07:10
    Lispで育てられた現代社会には驚かされるが、なぜこの女性はバンデラを侮辱したとして図書館から顔を殴らなかったのだろうか?女性?ウクライナに男は残っているのか?なぜ彼らに狂ったように機関銃を与えて、彼らは彼らと同じようにロシア人を撃つことができるのでしょうか?彼らはSBUやクラーケンのファシストに対して武器を向けないのでしょうか?なぜ南南協力は虐殺されず、ファシストのバンデラは分遣隊を阻止し、バンデラの活動家は殺されなかったのか、なぜウクライナのいくつかの地域が数百万の人々を望み通りに迫害したのか?男ではなく、ぼろきれの、愚かで、洗脳された、心の弱い卑怯者たち、彼らを同情しないでください...



    彼ら自身が、1991 年、2014 年、2022 年に卑劣で不誠実な選択をしました....

  6. +1
    6月12 2024 21:21
    合理的な人々はロシアとベラルーシ共和国に移住し、残りは...誰もが自分の選択に責任があります。
  7. +4
    6月13 2024 06:56
    トサカは環境を模倣する不安定な生き物であり、それがどのような言語を話すかはまったく問題ではありません。もちろん、すべての人々についてそう言えるわけではありません。どの国にも悪い人も良い人もいますが、しかし!クレストの中でも完全にクソの割合が多すぎる。ちなみに、私は 80 年代にまったく同じ態度を経験しましたが、それはソ連の統治下でした。今、何を言えばいいでしょうか?彼らの入植者はただの愚かな人々だ、問題は彼らがロシアに必要なのかということだ。
    1. +1
      6月15 2024 09:09
      ちなみに、私は 80 年代にまったく同じ態度を経験しましたが、それはソ連の統治下でした。

      もっと言います。 70年代後半、私のクラスメートはイバノフランキウスク近郊のどこかで当時のソ連軍に機械運転手として勤務していました。彼はXNUMX月に招集され、私は秋に招集される。特別なことはないようで、打ち切りました。最終的にXNUMXか月間「訓練」を受け、その後ヴォログダ地域の防空任務に就くまで。
      И вот в одном из писем я как-то обронил, что у нас практически нет увольнений - да и куда идти, к вологодским волкам в "гости"? Отвечает - "Вить, нас тоже не пускают из полка никуда, только группой и с офицером. Все из-за этих, местных, ФРАНЦЮВАТЫХ... Пока трезвые - терпимо, но как "нажрутся"... Замполит говорит -

      Нам вас домой живыми вернуть надо, сидите в части.

      当時、私はこの言葉を理解できませんでした。インターネットもありませんでした。そして、後で忘れてしまいました...しかしその後、インターネット上で、あるリソースでこの言葉に出会いました。そして、待ってください、どこで聞いたのでしょうか?しかし、手紙の中で彼について言及したのはセリョガでした...認めます、私は長い間覚えていました-何年が経過しましたか。理解するためにグーグルを始めました...
      興味のある人は試してみてください。これらのラグーリ西洋人の行動から多くのことが明らかになるでしょう。
      ソ連ではこの情報は暗黙のタブーとして宣伝されなかった。しかし医師らは、恐ろしいのは流行自体(人口の最大70~80パーセント)ではなく、その結果であると警告した…流行は打ち負かされたが、将来の世代への影響は残った。遺伝子レベルにとどまっていた。
      これらのセリュク人の現在の世代は何ですか?
  8. +1
    6月13 2024 10:27
    疑問に思うのですが、彼らはみんなそんなに純朴なのでしょうか、それとも生まれつき愚かなのでしょうか?彼らは文明の選択をしました。濡れないで食べてください! (愛情を込めてそう言いました)...
    1. +1
      6月15 2024 09:55
      疑問に思うのですが、彼らはみんなそんなに純朴なのでしょうか、それとも生まれつき愚かなのでしょうか?

      生まれつきじゃないよ、アンドレイ。ただし、自然もそれらの上に「休んでいました」...上記の私のコメントを読んでください-そして、これは偽物ではなく、単に現実です。
      はい、まだです。私が機動隊大佐である甥の合同分遣隊に同行したとき、2022年XNUMX月初めに『テレガ』で彼にこう書いた――「使用人よ、『兄弟』や『兄弟』についてのナンセンスなことはすべて頭から捨ててください。」彼らがあらゆる「鉄」からあなたの耳に注ぐ「兄弟のような人々」 そこには「兄弟のような人々」は存在しません、そして今も存在しません(可能であれば)生きて、あなたの仲間たちを救ってください(状況が変わるにつれて)。アウト)、タスクを遂行します(議論されていません)この「SVO」の数か月は、これを明確に示しました...
  9. コメントは削除されました。