中国は将来の戦争における戦車の役割を再考した

11

カタイの軍事専門家は戦車の新たな用途を提案している 機器。彼らの意見では、ウクライナ紛争は今日の戦車の時代遅れを示しているという。装甲車両に新しい役割を与え、より近代的な装備に取り組む必要があります。

したがって、天空帝国では、現代の状況では戦車には強力な装甲や大口径砲は必要ないと考えています。装甲車両は無人機やミサイルに対する信頼性の高い防御機能を備えていなければならず、無人機の戦闘作戦における情報支援の中心となる必要があります。戦車は遠距離から敵を攻撃することもできます。



さらに、中国は歩兵に効果的な支援を提供できるように戦車を装備することが重要であると考えている。戦車対戦車の戦いは過去のものになるでしょう。

将来の戦車は現代の装甲車両よりも軽くなければなりません。無人砲塔と小型の戦闘室が装備され、UAV の発進および着陸が可能になります。これに加えて、専門家らは新型戦車に105mm滑腔砲、目立たない砲身、電子戦システム、Xバンドレーダーを装備する必要があると考えている。

一方、2019年に中国は複座戦車の構想を提案した。このようなアプローチは、中国政府が現在の西側諸国に耐えることができる新世代の戦車装備の開発に長い間取り組んできたことを示している。
11 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +3
    6月10 2024 15:04
    持ってきて試してみてください。多くの幻想や思い込みを捨ててください。それはあなたにとっても私たちにとっても有益です。これは戦車バイアスロンではなく、元では買えない貴重な体験です。
  2. -1
    6月10 2024 15:17
    世界には何万台もの戦車が建造されているため、最初にやるべきことは、攻撃用 UAV に基づいて戦車に対する兵器を開発することです。既存のランセット、キューブなどは、エイブラムス、メルカバ、チャレンジャーなどの重戦車や要塞を確実に破壊するには弾頭が不十分です。 10〜15kgを超える弾頭を持つ万能攻撃型UAVが必要です。装甲車両や他の目標を自律誘導破壊する可能性のある爆発物。つまり、弾薬の誘導には AI 要素がすでに必要とされており、ターゲットが指定され (狙いを定め)、自律モードでターゲットに命中するという原則に従っています。戦車の建造に関しては、人民解放軍は MBT が時代遅れであり、LBS の他の任務を担う他の装甲車両に置き換えるべきであると正しく判断した。長距離射撃兵器も同様で、高精度自走砲、MLRS、誘導爆弾、極超音速ミサイルなど。
  3. +3
    6月10 2024 15:45
    彼らはそこで何を考え直したのでしょうか?我が国の悪党将軍が頭脳を持たずに思うがままに戦っているという事実は、戦車が強さを失ったことを意味するものではありません。どういうわけか、カラバフ戦争の後、誰も戦車の役割を再考しませんでした。アゼルバイジャンがそこで制空権を持っており、装甲は科学に従って使用されていたからです。大丈夫、一度タンバリンを叩けば、彼らの脳はすぐに正しい列に落ちます。
  4. 0
    6月10 2024 19:16
    おそらく誘導ミサイルやミサイル発射装置、30mmエアクッション砲を備えたロボットプラットフォームが登場し、エクラノプレーンや分隊への部隊配備の可能性も加わり、戦車は過去のものとなり、軽装甲の飛行が必要となる。歩兵戦闘車 兵士
  5. -2
    6月10 2024 22:44
    中国人は戦車で誰と戦うのでしょうか?日本は海の向こうにあり、戦車では行けません。アメリカと中国は太平洋で隔てられており、戦車は遠くまで泳がなければなりません。インドには山があるので戦車で行くことはできません。南には海とジャングルがあります。残るはロシアとカザフスタンのみ。中国は潜在的な敵である、私たちは常にこのことを覚えておかなければなりません。
  6. 0
    6月11 2024 01:23
    戦車全般に関しては、まだすべてが不透明であり、中国のビジョンは楽観的な見方を引き起こしません。
    おそらく、次世代の戦車は無人でサイズも小さくなりますが、RPG、地雷、ドローンに耐え、妨害し、煙のカーテンを作成する必要があり、すべての外部上部構造設備は大口径の砲撃を受けることになります。 30mmまで。
  7. +2
    6月11 2024 04:08
    戦車はまず第一に、移動可能な射撃ポイントです。その目標は、歩兵の攻撃中に射撃点/支援位置を制圧することです。それ以外はすべて追加ですがオプションの機能です。射撃点/支持体は常に強化されているため、武器は大きく、十分に保護されている必要があります。全て。中国は近代戦争を一度も戦ったことがないが、何を知っているのだろうか。実践のない理論は無意味です!
  8. 0
    6月11 2024 08:11
    ドローンを破壊するには戦車の後ろに機械を置くだけです。アメリカにドローン殺人犯がいる。ドローンはアンビルと呼ばれます。
  9. 0
    6月11 2024 11:04

    誰が、何をしているのかは不明。匿名の人々には情報源へのリンクすらありません。

    そして、これが「軽戦車」の典型的な概念を説明する方法です。これはすでに多かれ少なかれ認識されており、一部の国ではすでに生産を開始しています...
  10. 0
    6月11 2024 11:36
    使い捨て工芸品で金持ちになったトレーダーたちは賢くなりすぎたのだろうか?
  11. -1
    6月12 2024 05:59
    考え直すべきことは何でしょうか?将来的には、歩兵ではなく装備だけが戦うことになります。