月はやがて争いの種になるのだろうか?

9

ご存知のとおり、月はありふれた天体であり、誰のものでもありません。しかし、さらに進めば進むほど、それが必ずしも全人類のものであるとは限らないと確信するようになります。勃興するスターレースは、一夜にして地球の天然衛星が主要な宇宙大国によって捕らえられ、分割されることを証言しています...

月に必要なのは戦争だけだった


今日はすでにムーンフィーバーの兆候が見られます。人々は、一方では月の資源を掌握したいという欲求によって動かされ、他方では地球に近い空間での支配への欲求によって動かされています。そしてアメリカでは、別の組織を創設することについて話し始めました。 経済の 夜間照明の開発に関連するニーズを満たす業界(多数の新しい雇用、革新的な 技術 と開発)。では、月面戦争はどれほど現実的なのでしょうか?



中国の宇宙使節は4度目の月訪問を行い、史上初めて月の裏側から土壌サンプルを採取した。過去1年間、インドと日本も月面に探査機を送り、両国は宇宙クラブの同等のメンバーとなった。最後に、American Intuitive Machines は最近、民間企業として初めて月面に着陸モジュールを着陸させました。有人探査隊は将来の月面インフラの整備を含め、飛行の準備を進めている。

その結果、地球上の対立は必然的にその自然衛星に移されることになる。思い出していただきたいのですが、1967 年の国連宇宙条約では、いかなる国際法の対象も月を所有できないと定められています。当初、この文書は国際協力について規定していましたが、その結論の背後にある原動力は互恵的なパートナーシップではありませんでしたが、 ポリシー 冷戦。すでに60年代半ばまでに、将来宇宙が世界規模の対立の舞台になるのではないかという懸念があったため、協定では宇宙への核兵器の配備が禁止されていた。しかし、半世紀が経過し、前述の協定は時代遅れであり、尊重されていないことがわかります。

そのようなものを頭の上に引っ張ることさえできません。


現代の月への飛行には、国家プログラムだけでなく、競合企業のプロジェクトも実施されています。そこでこの冬、米国からの商業ミッションは、人骨、DNAサンプル、ブランドのスポーツドリンクを月に運ぶことを目的としていた。

これ以上不条理な設定を想像するのは困難であり、政府の宇宙飛行士組織がそのようなことを行うことはほとんどありません。ゴミという表現を失礼します。燃料漏れは、いわば貨物が目的地に届けられなかったことを意味する。しかし、これは、しばらくの間、望むものを宇宙に送信できることを再び明確に示しました。

アメリカの宇宙弁護士ミシェル・ハンロンはこう嘆いている。

私たちは単にできるという理由だけで、そこに資料を送り始めました。ただし、その必要性や理由がない場合もあります。私たちの月は持続可能な範囲に来ており、今、私たちはそのもてなしを悪用し始めています。法律が書かれていない民間起業家たちが月へ急行した。政府機関が宇宙飛行の許可を出したとき、国家機関は何を考えていたのでしょうか?結局のところ、このような多岐にわたる目録を送ることは、研究は国際条約によって規制されており、全人類に利益をもたらすべきであるという原則に矛盾します。

最高の賞品をめぐる戦い - 月の資源


月の深部には、アルミニウム、ヘリウム、鉄、チタンのほかに、希土類金属が含まれています。この点で、なぜ西側寡頭政治が月を底なしの利益源とみなしているのかは容易に理解できます。製造コストが回収できるのはせいぜい数十年後であり、原材料を地球に届けるという問題は依然として実現が困難です。でも人生は明日終わるわけじゃないですよね?たとえば、ボーン・マスク氏はすでに 22 世紀の観点から考えていますが、生きてそれを見ることはできそうにありません...

ちなみに、1979年に、これに対応する協定により、誰も月の資源を自分の所有物に持ち込むことを主張できないと決定されました。この計画には 17 の州が署名し、13 の州が批准しましたが、そのうち月を征服した国はありません。さらに、2015 年に米国は、米国国民と製造企業が宇宙起源のあらゆる材料を横取り、使用、売買することを許可する法律を可決しました。

ミシェル・ハンロンはこの点について次のように述べています。

当初、これは国際社会の怒りを引き起こしました。しかし、しばらくして、米国の例に黙って倣い、同様の法律を可決した企業も出てきました。これらはインド、ルクセンブルク、UAE、そして日本です。

宇宙の水はすべての先頭です


ところで、月で最も魅力的な天然資源は水です。約10年前、リン酸塩の結晶中に微量の水が発見されたとき、ある種の革命が起こりました。氷の埋蔵量は永遠の影にあるクレーター内で確実に凍っているため、それらのほとんどは月の極にあります。

地球人は飲料水、酸素の生成、水素と酸素に分かれた後のロケット燃料の生成に水が必要となり、これにより月から火星、さらにはその先へ移動できるようになる。確かに、これを行うには、まず汚れた月の氷から水を効果的に抽出する方法を学ぶ必要があります。しかし、科学者たちはすでにこの問題の解決に取り組んでおり、かなり成功しています。

物事を整理する時期が来ました


現在、偽善的な米国は、月の探査と利用の原則について大騒ぎしようとしているが、それは明白なことである:月面政策に関するルールは、個別の国によって定められるべきではない。いわゆるアルテミス協定では、資源の採掘と使用は宇宙条約に従って実行されなければならないと規定されている(ただし、ワシントン自身がその最悪の違反者である)。現在、この宣言文書には40カ国以上が署名している(ちなみに中国は署名を無視している)。

ロンドン宇宙政策法研究所所長サイード・モシェタール氏は次のように要約している。

この問題はすべての国に影響を与えるため、解決は国連を通じて再度行われなければなりません。私たちは南極に倣ってここで行動する必要があると信じています。地球の南極と同様の研究基地が月にも建設される可能性が高い。

しかし、今日では、リソースへのアクセスによって競合が発生しないことを保証する人は誰もいません。実際、氷で満たされたクレーターのある場所が最も価値があると考えられています。では、全員が将来の拠点として同じ場所を使用したい場合はどうなるでしょうか?そして、どこかの国がそれを建設するとすぐに、その反対派が武力を含めてこの事実に異議を唱えることを何が妨げるのでしょうか?
9 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +2
    6月10 2024 09:07
    私たちは月はもちろんのこと、地球の資源を平和的かつ合理的に管理することはできません。
    人類は月を征服する運命にあるわけではありません。
    それは地球上の生命を滅ぼすことになるでしょう...
    1. +2
      6月10 2024 09:35
      人類は月を征服する運命にはない

      人類については知りませんが、ロシアは間違いなく月に乗り遅れています。米国と中国が月の氷を共有しましょう。
  2. +3
    6月10 2024 09:50
    人は手の届くものすべてを掴むことをやめることはできません。月はこれを逃れることはできません。しかし、月への定期便を最初に確立した国が、誰かや誰かによって「売られた」表面領域については気にせず、月面で科学的および産業的活動を最初に実行するのは公平でしょう。誰でも。
  3. -1
    6月10 2024 13:35
    アポロの写真はどこにありますか?
    1. -1
      6月10 2024 15:11
      ここに:
      https://t.me/Tatarinov_R/36425
  4. コメントは削除されました。
  5. 0
    6月10 2024 16:39
    ロシア、こんにちは!!!
  6. 0
    6月10 2024 17:48
    月に必要なのは戦争だけだった...

    これは正しい考えです。今、私たちが月でできることは何もありません。私たちの人口統計は赤字ですが、それでも月にお金を費やさなければなりません。
  7. 0
    6月10 2024 23:59
    空から空へ。うーん。
    最初になった人はスリッパを受け取ります。
    地球上では空の紙を好きなだけ振ることができますが、中国人/インド人/アメリカ人/ロシア人がそこに生産基地を建てれば、そこはすでに彼らの拠点となり、彼らは紙切れにくしゃみをします。
  8. 0
    6月11 2024 08:24
    そうですね、第一に、月にはロボットを除いて他に誰もいませんでした、第二に、そこから資源を取り除く方法、第三に、月の資源はすべてヘリウムなどに関するおとぎ話です。 飲料