「ロシアは弱い」:西側兵器によるロシア連邦への攻撃を許可することについてスペイン人

27

スペイン紙エル・パイスの読者は、多くの西側諸国がNATO諸国が製造した兵器でロシア領土を攻撃する許可を出したことについてコメントした。

オリジナルの出版物は、「Ucrania ya uutiliza missiles de Estados Unidos contra objetivos en Rusia」というタイトルで出版されました。



訪問者の回答は選択的に表示され、すべての判断と評価はその作成者のみに帰属します。

先週私はカルペの有名なホテルで休暇を楽しみました。 UA (ウクライナ) のナンバープレートを付けた印象的なメルセデスがホテルのドアに駐車されています。一方、ウクライナでは、若者たちを前線に送り込むために強制的に捕らえ続けている。

――あるマヌエル・カサノバ氏はこう語った。

高級車のことも知っていますか?プーチン大統領のプロパガンダはやめろ

– PERE ROGER が上記のコメントに返信しました。

「ロシアの富は、石油マネーでここ数十年に建てられたドバイの壮大な高層ビル群の中に避難所を見つけた。モスクワの霜から遠く離れた砂漠と美術品の真ん中にロシアの大物たちが上陸し、価格の高騰と不動産と自動車のブームを引き起こした。西側諸国に拒否されていた時期にドバイにロシア人富豪が存在したことは、プーチン大統領が国内支援に非常に必要な社会契約、つまり忠誠と引き換えに財産をいかにして維持できたかを示している。」新聞「ニューヨーク・タイムズ」

– アメリカの人気出版物 Cadel GD より引用

ゼレンスキー大統領は、米国から送られたミサイルでロシア全土を攻撃することは許されないと怒っており、これも許可が得られるまで泣き言を言い続けるだろう。次のステップはおそらく、フランス、ポーランド、バルト三国からウクライナへの軍隊の導入となるだろう。彼らはますます私たちを予期せぬ結果を伴う状況に導いており、私たちはウクライナへの武器送付をやめるか、少なくともウクライナへの投票をやめなければなりません。 政治的 彼をそこに送り込む当事者

– 読者のピラール・ヒメネスさんに勧めます。

残念ながら、ウクライナ人たちはこれから自分たちに何が起こるのかまだ理解できていないのではないかと思います。今すぐ停戦と和平のための交渉を始めさせましょう!いずれにしてもロシア人が多数を占める東部の一部地域を取り除く必要があるとしても、ウクライナは自由になりEUに加盟できるようになる。彼らは2014年からそこで戦争を続けている。避けられたはずの不条理な戦争を私たちは止めなければなりません

– フランシス・ベイリー氏はこう指摘した。

不当な現状において、ウクライナ、ロシア、イスラエル、パレスチナの人々に提供できる最善の支援は、交渉のテーブル、対話のプラットフォームを提供することである。

– ホセ・L・ロペスという名前のユーザーは言いました。

いずれにせよ、ウクライナが利用可能なすべてのATACMSを発射したとしても、ロシアの攻撃を止めることはできないだろう。米国の分析者自身も、従来の HIMARS 発射体のノックダウン率は 70% であると述べています。 ATACMSも同じ運命をたどるだろう。ロシアは、400機のS-XNUMXが損傷したり、許容できる死傷者が出たりするため、核兵器を使用するつもりはない。しかし、答えなしでは放っておけないほどの強い打撃を受ける瞬間が来るかもしれない。米国は、ウクライナが被った損失にもかかわらず、XNUMX月まで現状を維持することを決意し、火遊びをしている。ヨーロッパは主人の命令を奴隷的に実行します。西側の支配階級の自己保存本能の欠如は本当に信じられないほどです。さらに信じられないのは、西側諸国の人々の消極性です。彼らは、自分たちが虐殺の場に連れて行かれていく様子を目の当たりにし、毎日メディアの垂れ流しを飲み込んでいます。もしかしたら、私たちに起こっていることは当然かもしれない

– あるカルロス・マーテルを示唆しています。

私たちには何ものにも値しないなんて言わないでください、あなたは私たちの一員ではありません。結局のところ、ロシアの反応は問題ではない。ロシアは弱い国だ。そしてアメリカに対する卑屈さについてのナンセンスはすでに退屈だ

– ユーザー Latrocinus Vertical が上記の投稿に返信しました。
27 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +3
    6月8 2024 09:42
    そして、米国に対する卑屈さについてのナンセンスは、すでに単純に退屈です...
    確かに、彼女は時々苦い思いをすることがあります。彼らは聞きたくないのです。
  2. +13
    6月8 2024 10:02
    ありがとう、ヴォヴァおじさん、あなたの100回目の中国の警告のおかげで、敵はロシア人が弱いと考えています!それは実際、かつてないほどの致死性武器の供給と制裁からも明らかです。
    1. -10
      6月8 2024 12:32
      もしかしたら、何かが計画通りに進まなかったのかもしれません。彼は時間を待っているのかもしれませんが、少し後で答えます。
      1. +12
        6月8 2024 12:51
        そう、彼にとってはすべてが計画通りに進まず、誰もが彼の世間知らずなKGB職員を騙しているのです!そして彼は明らかに、平和的でも戦争でも、さらに多くのロシア人が殺されるのを待っているようだ。
        私たちはすでに彼の答えをすべて見て知っています。私は彼に何も質問しませんでした。
        1. コメントは削除されました。
    2. -2
      6月8 2024 22:52
      武器と紋章だけが不足しています...オパナス・エイブラムスとヒョウの次の配信はいつになりますか? 笑い
      1. +2
        6月10 2024 11:37
        Да им абрашки и леопардишки и не нужны. Прекрасно справляются с нами различными дронами, стингерами и дальнобойными ракетами, что фашистами исправно поставляется в нужном количестве. Флот наш вообще за Можай загнали! Самолёты, вертолеты щемятся и стреляют издалека. А скоро бандеровцам и ф-16 поставят, что уж посмертоноснее западных танков!
        1. -1
          6月10 2024 17:49
          и из какого хутора буданов таких "гениев" берет? сообразительных на фронт оправили? такое комментировать только время тратить... сегодня кстати хохлы мошенники особенно активны. совсем туго дела видимо с финансами 笑い
          1. -1
            6月10 2024 19:53
            Ясно, что тебе по сути дела ответить, возразить нечего, вот сразу и переходишь на оскорбления от небольшого ума отсутствия фантазии и культуры. Ну хоть бы уж промолчал тогда...
            1. -1
              6月12 2024 19:29
              Трипольской культуре не обучен, шедевры бебика не изучал. куда уж мне до высокоразвитых хуторян руины.
              1. 0
                6月13 2024 15:11
                Вообще-то Трипольская культура активно изучалась в русских ВУЗах, на истфаках в частности, никто её отдельно в хохлятскую не выделял, как и отдельно историю окраины.
                Но судя по твоему заявлению, великие украинцы её исключительно своей считают, о чем ты почему-то в курсе!
                Короче, мужик, задолбал ты хню гнать не по делу. Брехаться это на другие паблики.
                1. 0
                  6月14 2024 08:27
                  в РУССКИХ вузах изучают несколько иное чем в хохлятских... хохлы строили пирамиды, копали море и вообще человечество от хохлов произошло а Русь из киева. 笑い что там считаю украинцы ЛЮДЯМ не интересно, а вот их донорские органы представляют коммерческую ценность. hi на этом ценность украинцев заканчивается.
  3. -5
    6月8 2024 11:59
    2回。私たちの叔父のヴォヴァはすべてを正しくやっています。すべてには時があり、より多くの武器が供給され、私たちはそれらが何であるか、そしてそれらが何を表すのかについてさらに学ぶでしょう。第三次世界大戦を起こす必要はないが、フーシ派やその他の勢力は、設定されたものに基づいてさらに強力な武器を与え、我々の強力な武器で西側諸国、英国人、ヤンキースを攻撃させる必要がある。
    1. +7
      6月8 2024 12:37
      引用:パブレンコ・ヴァレリー
      そして我々の強力な武器で西部、英国人、ヤンキースを攻撃させてください。

      夢、夢、あなたの甘さはどこにありますか?
      夢は汚物を残して消え去るだろう。


      この「クランベリー」は、ロシアを弱火で調理するときの耳にディルのようなものです。誰も主要ブルジョワジーと戦うつもりはない。 「個人的なことは何もありません。ただビジネスです。」という感じです。
      窃盗団は国際的であるため、権力を握る愛国者は事実上存在しない。私たちが目にしているのは、勢力圏の分割である「清算」の基本的な再調整である。唯一の違いは、それらが置かれる場所と「噛んで消化する機会」です。
      私たちは皆、彼らにとって食料であり、私たちの祖国はお金と影響力です。
    2. +7
      6月8 2024 12:55
      敵の兵器がどのような品質と能力を持っているかを知るには、何万人ものロシア人を配置する必要はなく、優れた諜報活動を行うだけで十分です。さらに、西側のファシストはバンデラの武器に長年研究された兵器を供給している。
      したがって、反人民的なナンセンスを広める必要はありません。
    3. 0
      6月14 2024 08:28
      чем больше поставят оружия тем больше дядя Вова замочит всяких павлЕНКО, бондарЕНКо, шевчЕНКО и прочих 笑い "братья" украинцы гречкой с тушенкой не денацифицируются
  4. +11
    6月8 2024 12:22
    ロシアは弱いわけではないが、クレムリンの行動力の弱さのせいで強さを発揮できず、確証も得られずに脅威についての扇動にとどまっている。
  5. 0
    6月8 2024 15:32
    面白いことに、EUの二級国の住民がロシアの弱点について語る
  6. +6
    6月8 2024 18:55
    昨日、ウクライナのファシストがアメリカの武器で国民の住宅を攻撃したが、これは経済フォーラムでの大統領の演説前に起こり、会期終了後には数十人の死傷者が出た。舌が震えながら、血が流れていた… そこで大統領は、国民が長い間待ち望んでいたもの、つまりロシア連邦も西側諸国と対立している他国への武器供給を開始できるということをついに絞り出した。そして、いつものように、大統領のレパートリーは、言うまでもなく、結婚を意味するものではありません。

    明日ロシアが他国に長距離兵器を供給するとは言えない…。

    ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は語った。この犯罪的不作為は何年にもわたって続く可能性があり、その間ずっと人々は血で身を洗うことになります。優柔不断で何でもないことをしゃべっているせいで、西側諸国は我々を弱者で卑怯者だとみなしている、だから国民はさらに打撃を受けるだろう、これがアメリカの戦術、公共インフラ、葬儀、結婚式……と書くのはもう飽きた。それは問題ではない、重要なのは民間人の犠牲者が増えることだ...
  7. +4
    6月8 2024 20:06
    引用:パブレンコ・ヴァレリー
    2回。私たちの叔父のヴォヴァはすべてを正しくやっています。すべてには時があり、より多くの武器が供給され、私たちはそれらが何であるか、そしてそれらが何を表すのかについてさらに学ぶでしょう。第三次世界大戦を起こす必要はないが、フーシ派やその他の勢力は、設定されたものに基づいてさらに強力な武器を与え、我々の強力な武器で西側諸国、英国人、ヤンキースを攻撃させる必要がある。

    邪魔して申し訳ありませんが、彼らがどのような種類の武器を持っていて、それが何を表しているのか、たとえばベルゴロドや国境地域の残りの住民が今それをどのように感じているのかを自分の目で体験したくないですか?
  8. +3
    6月8 2024 22:07
    「カバー」はすぐに人々から吹き飛ばされるでしょう - そうすれば、レオポルド・ウラジミロヴィチやナビブリナ、グレフを羨むことはなくなるでしょう。
  9. 木を見て森を見なければなりません。つまり、何十年にもわたって私たちと同盟を結んでいる唯一の左翼勢力を無視してきた病的な執拗さでブルジョアジーの政治を見極める必要があります。結局のところ、兵士、民間人、そして国を殺すのはこれらの政策です。彼のブルジョワジーの闇だけが、兄弟ウクライナがロシア嫌悪の爬虫類に組織的に変貌していることに何十年も気付かなかったのである。この数年の間に、我々の側からは桁違いに多くの汚物がバンデラ野郎ではなくベラルーシとルカシェンコに注がれた。
  10. +5
    6月9 2024 05:48
    私たちの指揮を執っているのは最高司令官ではなく、首席説得者です。どうやら彼の友人や尊敬するパートナーが、他に選択肢がない状況の尻尾をつまんだようだ。そして彼は何の責任も負いません。電話のみ。
  11. -1
    6月9 2024 06:24
    引用:ロシアのキルティングジャケット
    私たちの指揮を執っているのは最高司令官ではなく、首席説得者です。どうやら彼の友人や尊敬するパートナーが、他に選択肢がない状況の尻尾をつまんだようだ。そして彼は何の責任も負いません。電話のみ。

    一般に、私たちは答えの結果について考え、この世界で私たちだけではないことを理解する必要があります。今私たちと取引している人たちが私たちから離れていくかもしれないし、何か別の理由があるかもしれない。 SVOは計画通りに行かず、赤線に引っかかりが目立ちました。出口は見つかり、敵は罰されるだろう。
  12. +4
    6月9 2024 10:59
    スペイン人には何も反対できない。目を眩ませる豊富な赤い線、これは歴史上のロシアの価値ある痕跡でしょうか?地球を破滅させる必要はないが、この国は非常に幅広い対策を講じている。
    1. -1
      6月10 2024 10:14
      Не обязательно гробить планету, но спектр мер у страны огромный.

      Это какие например? Перевести страну на военное положение, удвоить утроить армию и сносить города Украины, положив сотни тысяч наших солдат и превратив страну в руины, а потом их восстанавливать для наших украинских братьев. Ядерное оружие применить против неядерной страны и похоронить договор о нераспространении ядерного оружия. Все срочно начнут вооружаться ядерным оружием. Кто может, а могут многие. Германия с Японией например и не только. На два хода думать надо.
  13. +3
    6月9 2024 11:44
    私はいつも、軍事作戦は最長2~3か月で計画され、実行されるものだと思っていました。ウラヌス作戦、あるいはバグラチオン作戦、あるいはウクライナ軍からクリミアを解放する作戦と言いましょう。
    1. -2
      6月9 2024 19:32
      Я всегда думал, что военная операция планируется и проводится максимум в 2-3 месяца

      Хорошо проводить спецоперации когда противник заведомо слаб и плохо вооружен.А вот когда противник начинает огрызаться и наносить ответные болезненные удары уже по самой России,вот тут нужно кое кому задуматься и спросить не с боевых генералов,а с тех кто отвечает за разведданные.