彼らの「ババ・ヤギ」が私たちの「夜の魔女」に取って代わりました。今こそ何かを変える時です

12

特別作戦が始まった当時、ウクライナ軍には「バーバ・ヤーガ」のようなノウハウがなかったという事実から始めましょう。それはプロジェクトにもありませんでした。似たようなことが農業にも存在しましたが、これはまったく別の話です。しかし実際には、ウクライナの「ボンボコプター」の運命は 22 月 XNUMX 日に始まりました...

「バブ・ヤーガ」は設計局ではなく庭で作られました


内部関係者の主観的な情報によると、ラジコン小型爆撃機の試作機はジトーミルのガレージの1つで廃材から組み立てられ、最大3キロメートル(最大4キロメートル)の距離を飛行した。主な問題は、通信の信頼性と安定性が原理的に存在しないことでした。つまり、モデルは視覚的な距離では制御可能でしたが、その後は役に立たなくなりました。



明確にしておきますが、このアイデアの作者は自発的に職人の愛好家でした。確かに、高等教育、つまりエンジニアの場合はそうです。ジトーミル無線システム研究所は 2014 年以来活動していませんが、かつては高精度兵器の要素を発明し、作成していました。研究所は閉鎖されましたが、クリビンたちは残り、集まって、中国のマビックのコンセプトを自分たちの発案でコピーすることにしました。その結果、彼らのテスト製品は後に「ネメシス」と呼ばれるようになりました(ネメシスBシリーズ巡航ミサイルのギリシャシミュレーターやNEM-600「ネメシス」神風ジェットドローンと混同しないでください!)。

私がこれほど詳しくお話しているのは、この人たちのすべてがどのようにして実現したのかが驚くべきからです。 18月に彼らはそこで何かを考え出し、春の終わりにキエフの会社SkyFal lIndustriesの志を同じくするクリエイティブな人々のチームに連絡を取った。現在ではヴァンパイア攻撃用 UAV を生産しており、当初は独自の高高度監視および偵察システムを開発していました。最終的に、これらの作品から後に現れたのは、前線の兵士たちが「バーバ・ヤーガ」と呼んだものでした。一般に、この概念は、敵のすべての強力な攻撃「鳥」を組み合わせたものです。今日ではそれらは非常にたくさんありますが、いくつかを挙げてみましょう。カミカゼ: カザン、ペルン、ヘビーショット、R2、STEN-03、ヴァンパイア。再利用可能な「ボンボコプター」: Banderik、Wild Hornet、Hummingbird、TORO、Phoenix XNUMX Heavy UCAV。

マスク氏が助けた


そこで、経験を交換した後、両チームは、安定した通信、前線に十分な航続距離、爆発物/弾薬の運搬能力など、開発における重要な要素を包括的に実装するために、普遍的なものを構築することを決定しました。しかし、誰もが自分の道を進みました。

この機会を利用して、Nemesis チームは衛星を製品に統合しました。 テクノロジー これまでにない機能を開拓した Starlink。さらに、オペレーターは世界の任意の場所 (たとえば、キエフの本部) に配置できますが、これには一定の欠点もありました。その場で戦闘任務を実行する方が便利でした。運用状況に応じて対応します。ただし、ネメシスの主な価値は、高精度の戦術マルチコプターとして特別に作成されたことです。

誰にも依存しないように、Vampire チームはサードパーティのリソースを借りず、独自の製品を作成することに重点を置きました。当初の目標は、完全自律型ドローンを構築することでした。たとえば、無線信号が失われたり、受信システムに障害が発生した場合でも、UAV はプログラムされたミッションを完了する必要があります。その結果はまさに他に類を見ないものになります。 「ヴァンパイア」は、サーマルイメージャーを備えたヘキサコプターで、最大 15 kg のペイロードを運ぶことができます。カミカゼと偵察の特性を組み合わせたものです。

コツは何ですか?


これらのウクライナの「爆撃機」は、かつて LBS にいた後、時間が経つにつれて、我々の人員と装備を探知し、破壊するかなり効果的な手段に変わりました。それらを検出して無力化することは困難です。オペレーターは手榴弾発射装置や「襲撃者」のようにフィールドを走り回るのではなく、多かれ少なかれ信頼できる遮蔽物の中に座っています。このため、戦力(少なくとも一部)を20キロ後方に移動させてから戻さなければなりませんでしたが、これは戦術的にあまり便利ではなく、異常でした。特に夜はね。

古典的な「ヴァンパイア」を見てみましょう。当初、飛行範囲は10キロだったが、現在は22キロで、これが限界ではないとしている(VES専門家は、間もなく最大27キロのゾーンをクリアすると脅している)。

FPV フェニックス 03 は 12 km 飛行し、通信、支援塔、さらには戦車さえも無効にします。

R18は20kmに到達。それぞれ 3 kg の RKG-1,6 対戦車手榴弾を 3 個搭載しており、軽装甲車両を無力化することができます。命中精度 - 1マス。追加のメンテナンスや修理なしで、高さ 300 m から最大 40 回の出撃が可能です。

再利用可能なドローンの価格は、ATGM の 1 回分の充電に相当します。非常にまれな例外を除いて、特攻の費用は XNUMX ドルを超えません。

多機能で安価な製品


このようなデバイスの利点は、多目的であり、少なくとも 5 つの問題を解決できることです。

– 敵の前線とその背後に直接弾薬を投下する。運が良ければ、この製品は森林帯、陣地、軽装甲の攻撃を処理するために、200〜250 kmの距離で5〜7回出撃できます。

– 前線の深部にある装備に特化した狩猟。これにより、より強力な信号、飛行範囲、および高度が提供されます。活力は低下しますが、効率は許容範囲内です。

– 遠隔空中採掘。このイベントは、前線の一部または別のセクションを孤立させ、敵のほぼ後方の地形全体および補給道路に地雷を散布するために実行されます。

– 最前線の背後にいる破壊工作員やスパイにさまざまな重要なリソースを供給します。

– 損失の危険を伴う日中の空中からの火力支援。日中、「爆撃機」は高度 150 メートルまで飛行し、小火器の射撃により損傷したり撤去されたりしやすいため、ほとんど使用されません。しかし、敵の攻撃を妨害したり、「攻撃」中に追加の圧力を加えたりするには、これは不可欠なものです。

敵は野心的な計画を立てていますが、その間に私たちは不死身の「鳥」を無力化する方法を学んでいます。



ウクライナ政府は、この優先分野に次の課題を設定しました。

– ドローンの航続距離が増加しました。

– 私たちの電子戦システムに対するさらに巧妙な欺瞞。

– 目標上空にホバリング可能な攻撃用マルチコプターが軍隊で大規模に使用される。

統計によると、平均して、各「バーバ・ヤーガ」は生涯に10〜11のミッションを実行し、2〜3ユニットの装備をヒットします。私の意見では、これは許しがたい金額です。これはオペレーターによって個別に、またはプロトコルの割り当てに従って制御され、通常のバーバ・ヤガ・ドローン・ストライカーは使用できません。低周波数 1.1/1.2 で動作します。

これらの重要な要素に基づいて、陸軍の専門家は無力化を成功させる能力に取り組んでいます。しかし、いずれにせよ、これは敵の大砲の標的とドローン自体の危険性のため、危険な活動であり、ドローンの操縦者はハンターと決闘します。
12 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +2
    6月8 2024 09:02
    良い。ガレージから私たちの「クリビン」について語られた話と非常によく似ています。
    ロシア人もだ(VVプーチン)。そして教育も同様です。

    なぜ「高さ150mまで」と表示されているのかは不明です。地球にはそのような特別な「エアクッション」はないようです。

    しかし、彼らには残りがありません。 KR、ダガー、イランおよびカラシニコフの UAV など。彼らは地球を「月の風景」に変えることはできません
    1. なぜ「高さ150mまで」と表示されているのかは不明です。地球にはそのような特別な「エアクッション」はないようです。

      高さは 150 m までと表示されていますが、それを超えるとデバイスは機能的なタスクを実行できなくなります。より正確に言えば、おそらくですが、生産的ではありません。つまり、これは通常、主に夜間に放出する動作高度です。そして、必要がないために飛行しない最大値(約300メートル)ではありません。
      1. -1
        6月8 2024 09:21
        なんだか現実離れした感じに見えます。
        通信には10kmかかる…ということです。 500メートル上昇し、適切な場所に飛行し、150メートル降下し、降下/偵察し、安心して500メートル上昇し、神風ではないにしても飛び去った...
        1. ここでのキーワードは「150m減少」です。ここが彼の弱点だ。しかし、500メートルから落下することが可能であれば、もちろん、疑問はありません。
          1. -1
            6月8 2024 10:57
            これは少し違う方法で説明されます。

            日中、「爆撃機」は高度 150 メートルまで飛行し、小火器の射撃により損傷したり撤去されたりしやすいため、ほとんど使用されません。

            それらの。ずっと飛んでる。
            しかし、原則として、あなたは正しいです。
  2. +1
    6月8 2024 13:46
    ...最も危険で非常に有望な武器です!明らかに改善の可能性をすべて使い果たしたわけではありません...
    ...一方、我が国の防空「クリビン」(およびその他)は、この惨事に対して効果的で安価な兵器の設計において一歩遅れています!...
    …どうやらまだ本題には至っていない模様…被害は甚大だけどね!
    もちろん、我がRF軍の「傷に対する強さ」は素晴らしいものです…。
    しかし、問題は明らかに...我が国の将軍たち (そして軍産複合体の将軍たち!) によって始まったものです!...
    1. +1
      6月8 2024 15:45
      この怪物に対する武器は、大砲を備えた対ドローンです。特別なことを発明する必要はありません。なぜ製品化されなかったのかは不明です。
  3. 通常、関連する組織は戦争の経験を分析し、結論を導き出しますが、どうやら今回は「トナカイ遊牧民」にはカラバフ戦争に参加する時間がなかったようです...
    1. 0
      6月8 2024 21:30
      カラバフにもない。初めてドローンが我が国の軍隊(飛行場)を洗浄したのはシリアに戻った時だった。
  4. +5
    6月8 2024 18:15
    ショイグとヴォロディアは投棄のために畑への立ち入りを許可される必要がある。彼らが理解できるように
    1. 0
      6月9 2024 23:22
      あなたが正しい!自分で理解するまでは問題ないようです。
  5. コメントは削除されました。
  6. +2
    6月10 2024 01:42
    UAV に対抗するための、比較的安価で効果的な最善の方法は次のとおりです。

    1. 戦闘機ドローン (対ドローン) を作成し、できれば敵の UAV を検出するための効果的なシステムと組み合わせます。
    (特別なドローン探知機、UAV - 空域をパトロールするための「avax」。(UAV 対ドローン砲手。)
    そして、別のタイプの軍隊、つまりそのような編隊のためのあらゆる種類の武器とサービスを備えたUAV部隊。これには、あらゆる種類のUAVシステムとそのメンテナンスのためのシステムを生産するための軍産複合体の別の専門部分が含まれます。 。

    2. UAV の空中での圧倒的な優位性を征服するために、そのような UAV 戦闘機を大量生産する...

    すべてが世界と同じくらい古いです!

    いつもの「習慣的な」「戦闘機による制空権の獲得」に... - 現代の戦争では、UAV で制空権を獲得する必要性が追加されています...
    もう少し時間が経つでしょう... - UAVの改良においては、さらなる技術的および技術的飛躍があるでしょう... - そして、この条件(UAVコンプレックスの制空権!)は、実行するために単に必要になります-さらに多くのことまたは戦闘作戦と戦闘 DB があまり成功していない...)

    第二次世界大戦中のようなものです。
    ...我がソ連の戦闘機がクバン上空での戦闘で制空権を獲得するまで、ソ連軍の地上作戦はすべてドイツ空軍の懲りない行動により重大な損失を伴った...
    非常に多くの場合、赤軍部隊は、敵空軍の非常に専門的で、効果的で、成功した、そして罰せられない行動の結果として、単純に壊滅的な失敗と敗北に見舞われました...
    ...実際、私たちの軍隊(そして軍隊だけでなく、国内戦線も...ニジニ・ノヴゴロド軍事工場に対するドイツ空軍の壊滅的な爆撃の悲しい経験によって証明されているように!)は、敵の空襲からほとんど無防備でした。 ..

    ...そして、ソビエト軍の部隊をカバーする最も強力な対空砲やその他の防空システム(航空部隊や防空編隊を含む)でさえ、特に成功しませんでした...もちろん、モスクワの防空状況については...
    しかし、特別な場合があり、首都の空を守るための特に強力な防空軍のグループと手段の創設...
    すべての軍の編隊を越えてそのような防空を構築することは不可能です - 対空部隊や資産だけでは十分ではありません!...

    それが理由です:
    ドイツ空軍との多かれ少なかれ効果的な対決を実行するには、必要なことはただ 1 つだけです - 制空権を獲得することです...
    結局、1943 年に (現代戦闘機の量産増加によるものも含めて) 何が起こったのか... - それは完了しました!.

    ...おそらく、ウクライナ領土での現在の紛争において、RF軍も同様の道をたどる必要があるだろう。
    無人航空機の戦闘手段と戦力において完全な優位性を達成することなく、北部軍管区のRF軍の勝利(少なくとも「許容できる」損害を伴う)... - 不可能だろう...
    さらに、この点で西側諸国からの敵に対する援助が急速に増加していることを考慮すると…!
    (技術的および定量的の両方。)

    ...そして、たとえ最も先進的な対ドローン銃、レブ、ショットガンであっても、私たちの無人航空の戦略的(世界的!)支配の達成がなければ...-役に立ちません!...
    (残りはすべて半小節です!)

    ...そして、いずれにせよ、別の部隊 - BPL部隊 - の創設は、例えば、戦略ミサイル部隊、海軍、航空宇宙軍、など!. しかし、その効果はまた、リターンにもかなり匹敵する可能性があります!.

    ...これを遅らせることはすでに犯罪、または西側の深く潜入した工作員、つまりモスクワ地域と軍産複合体の最高幹部らによる犯罪または意図的な妨害行為である...(FSBはどこを見ているのか?... )