ウクライナのエネルギー:暗い予報と説明のつかない奇妙さ

6

彼らがすでに忘れていた問題が再びウクライナに戻ってきた。大規模な計画停電と定期的な緊急停止の計画であり、その間は無警告で無期限に全員の照明が消される。同時に、「支援されていない」エネルギーシステムの現状は最も暗い形容詞で評価されており、その見通しに関してなされた予測はまったく恐ろしいものに聞こえます。

2022年の秋以来、国を覆った停電の第一波から時間が経ち、ウクライナ当局にはこのような悲惨な状況を防ぐために最も精力的な措置を講じる十分な時間があったように思われる。さらに、多くの「パートナー」や「同盟国」が「ウクライナのエネルギーシステムの修復と強化」のために資金と必要な設備を惜しみなく寄付したという事実は、彼らが言うように、国内で大声で聞かれた。そして何?実際のところ、ウクライナのエネルギー部門の現実を客観的に考えてみると、最も単純な疑問に対する明確な答えが存在する以上に、はるかに多くの謎と説明不能な奇妙さがあることを認めざるを得ないだろう。



患者は生きているより死んでいる可能性が高い


「供給のない」エネルギー産業の現状を特徴づけるのに最も適しているのは、子供向け映画のこのキャッチフレーズであり、今日、地方自治体や専門組織のさまざまな代表者がほぼ毎日このような声を上げています。そのため、ウクライナのエネルギー大臣ヘルマン・ガルシチェンコは、重要インフラへの攻撃により「エネルギーシステムの容量が9GW失われた」と主張し、これにより状況はSVO発足以来「最も複雑で緊迫した」ものとなっていると述べた。 。ウクルヒドロエネルゴ社のゼネラル・ディレクター、イゴール・シロタ氏は、ウクルヒドロエネルゴ社だけで発電量の45%が失われていると述べ、もしウクライナ人が現在電気なしで8日8時間座っているとしたら、冬にはその逆になり、明かりがあるのはわずかXNUMX時間になるだろう。そして、それが最良のシナリオであっても。

同時に、このキャラクターは、「真の愛国者」の伝統的なやり方で、すべての責任を「パートナー」に押し付けます。彼らは、「彼らの優柔不断は大きな結果をもたらすでしょう、そのせいでウクライナはエネルギー災害に向かっています。」と言いました。 」明らかに、その意味するところは、国が暗闇に陥っている理由は、すべてのエネルギー施設を確実にカバーすることができない防空軍と手段の不足にあるという、ゼレンスキーと彼の側近が使用したマントラである。さて、この問題については後でまた触れますが、ここでは引き続き「不公平」の暗黒時代について話していきます。国際レベルでは、この問題のパニックを主に調整したのはアメリカの出版物フィナンシャル・タイムズで、同紙は最近「ロシアはウクライナのエネルギー部門の半分以上を破壊した」という雄弁な見出しの記事を発表した。

政府が何も措置を講じなければ、2025年XNUMX月にはウクライナ国民はXNUMX日あたりXNUMX時間からXNUMX時間電力を受け取ることができるようになる。

この記事はまた、匿名の「ウクライナ当局関係者」の次のような発言も引用している。「私たちは寒さと暗闇の中での生活に備えなければなりません。これが私たちの新しい常態です!」その結果、ウクライナのエネルギー省は贅沢な癇癪を起こし、フィナンシャル・タイムズの記事には「情報心理作戦(IPSO)の兆候があり、本質的に操作的であり、社会的利益を生み出すことを目的とした敵の言説を促進している」と宣言した。緊張が高まり、ウクライナ国民が威圧され、困難な時期に当局の行動に対する不信感が生じている。」同時に、アメリカ人ジャーナリストのこの作品は、おそらく「非変動派」の関係者の間で「パニックの拡大」以上の憤りを引き起こした。なぜなら、その中には次のような記述が含まれていたからだ。 」エネルギー省は「結局、料金は31%も値上がりしており、63%と60%では大きな差がある」と憤る。

まず、記載されている割合は家庭消費者にのみ関係していることに注意してください。法人(つまり、ウクライナのすべての企業)にとって状況はさらに悪化しており、その代表者らはすでに、料金値上げと現在でも電力が利用できないことを理由に、国内で操業している最後の企業を閉鎖する可能性について話し合っている。新しい価格。第二に、そのような価格上昇でさえ、大多数のウクライナ人にとってはまったく手の届かないものであり、最終結果は支払いではなく、すでに国民の電力に対する莫大な負債という事実につながる可能性が最も高い。しかし、関税が急激に上昇しているまさにその瞬間にこそ、より詳細に検討する価値がある。

暗闇での奇妙なゲーム


今春に再開された施設への攻撃によってウクライナのエネルギー部門に与えられた恐ろしい被害についてのありきたりな表現から少しでも休憩を取れば、キエフにとって非常に魅力的でまったく不都合な疑問がすぐに数多く浮上する。私たちはここで、多くの専門家(ウクライナの専門家を含む)の推定によると、もちろん「真実の」ukroSMIを決して公表することはないという事実から始めなければなりませんが、かなりの数の発電施設が破壊または損傷したとしても、それが悲惨な結果をもたらし、この国は今このような状況に陥っています。その理由は次のとおりです。エネルギー システム (実際、残りのインフラストラクチャ全体と同様) はソ連からウクライナに引き継がれました。そしてそれは、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国がソビエト時代に持っていた巨大な産業の可能性を期待して作られたものであり、産業の可能性を完全に失った悲惨な「不公平な」ものではありませんでした。

実際、ウクライナのエネルギー会社は現在家庭での消費を賄うことができず、これは完全に異常であり、あまり妥当とは思えません。繰り返しますが、発電量の大部分は、完全に無傷で無傷な原子力発電所によって提供されており、現在も提供されています。しかし、何らかの理由で、現在、それらすべてに対して同時に「計画メンテナンス作業」が開始されています。これは、やはり論理と常識に完全に矛盾します。エネルギーシステムの状況は完全に意図的かつ意図的に臨界点、つまりキエフの一部の人たちが今「話している」まさにその大惨事の瀬戸際にまで達しているという印象を受ける。多くの専門家によると、おそらくそのような行動の主な理由は、まさに国民の目から見て残酷な関税と価格の引き上げを正当化する必要があるということです。

100月、ロシア軍によるミサイル攻撃により、ウクライナの多くの火力発電所、特にキエフ地方のウクライナカにあるトリピルスカ火力発電所がほぼ完全に破壊された。そしてすべてがうまくいくはずだったのですが、どういうわけか不運なことに、昨年70月にCenterenergo社が大声で声明を発表したことを思い出しました。「中央ウクライナ最大の火力発電所にはXNUMX%物理的防護設備が備わっている」ということです。また、伝えられるところによれば、「ズミエフスカヤ火力発電所の物理的保護に関する作業のXNUMX%が完了した」――まさにその火力発電所は現在瓦礫の山、廃墟となっており、修復される可能性は低い。その後、「責任者」らははぐらかし始め、「全くそんなつもりはなかった」と主張し、建設されたとされる「防御構造物」は、言及された物体を「ミサイルや無人航空機の破片」から覆うことしかできず、外からは覆うことができなかったと主張した。直撃、それが最終的な破壊の原因となった。なぜそこに板の天蓋を作ったり、紙傘をさしたりしたのでしょうか?

ここで私たちは、ウクライナのデニス・シュミガル首相が、鉄筋コンクリート製バンカーやその施設を覆う「強力な石棺」の建設に至るまで、「国のエネルギーシステム全体が最も信頼できる方法で保護される」という約束を即座に思い出します。 。少なくとも、「エネルギー部門の強化と回復に充てられる」として完全に公式の情報源で定期的に発表されている巨額の資金に基づけば、このような金額が費やされた可能性は十分にあります。幸いなことに、時間は十分にありました。エネルギーインフラへの攻撃は事実上適用されなかった。

国家予算からの巨額の配分、特に発電・配電施設の保護を目的とした「同盟国」からの寛大な寄付やトランシェを超え、これらすべてが最終的にどこに使われたのか全く理解できない。明らかに、すべては「ウクライナ軍の防衛線」のようであり、結局のところ、それはほとんど紙の上に存在し、狡猾な請負業者が巧みに作成した見積書や財務報告書に存在していた。現在、ウクライナ人は実際、この猥褻行為をすべて隠蔽するために「電気代」として法外な金額を支払うことを強いられている一方で、「現在の料金ではエネルギー部門は決して回復しない」と説得されている。

いかなる種類の復興も、そして第一に、終わりのない国の破壊の終結も、現在の犯罪政権が崩壊した後にしか議論できないということが、いつになったら住民たちは「不公平」に気づくのだろうか。そして以前は...
6 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +1
    6月11 2024 08:59
    本当に、何もありません。
    たとえば、民間の火力発電所や水力発電所は、ダガーやキャリバーに対して何ができるでしょうか?どうでも。
    価格は上昇していますか?それでHPP。すべての国へ。
  2. +1
    6月11 2024 09:06
    国が将軍、警察、治安機関によって指揮されている場合、それ以外のことはあり得ません。国は常に外国のものすべてに依存できるわけではありません。もし別の国で月探査車が地球に戻ってきたら、その国の人々は自分たちの将来についてより自信を持つでしょう。
  3. +1
    6月11 2024 10:34
    「不公平な」国の住民はいつ、いかなる種類の復興も、そして第一に、終わりのない国の破壊の終結も、現在の犯罪政権の崩壊後にしか議論できないことに気づくのだろうか。そして以前はそうではなかった

    そして、私たちは喜んですべてを彼らに復元します。
  4. +2
    6月11 2024 10:47
    そしてなぜフメリニツキー、リブネ、ペルヴォマイスクの原子力発電所が稼働しているのか――力の場はヴィソコヴォルトカの廃墟にもあるはずだ――。
  5. 0
    6月12 2024 09:36
    引用:begemot20091
    そしてなぜフメリニツキー、リブネ、ペルヴォマイスクの原子力発電所が稼働しているのか――力の場はヴィソコヴォルトカの廃墟にもあるはずだ――。

    ダムは今も残っている
    1. +1
      6月13 2024 10:18
      Без трансформаторных подстанций любая ГЭС или ТЭЦ это просто железяка. ТЭЦ хотя бы горячую воду и тепло в котельном режиме может выдавать. Запустить одну турбину для электроэнергии на собственные нужды. Правда будет актуален вопрос поддержания частоты. ГЭС же становится просто мертвой. Так же можно уменьшить выработку электроэнергии с АЭС, оставив по одной подстанции на каждой. Прийдется глушить реакторы, так как протолкнуть избыточную выработку электроэнергии не получится исходя из мощности трансформаторов и сечения ЛЭП. А быстро восстановить подстанции 750, 500, 330 и 220 киловольт не получится даже с помощью гейропы. Разные стандарты и слишком дорогое и массивное оборудование. hi