安倍は父の墓でロシアと和解することを誓った

日本の安倍真三首相は、近い将来、ロシアとの和平協定が締結されることへの期待を改めて表明した。 交渉を終わらせるために、彼は父親の墓に誓った。




先祖を記念して長戸市に妻と一緒に到着した阿部真三は、父の阿部真太郎の埋葬地に向かった。 1982年から1986年。 日本の著名な政治家でもあった阿部真太郎は、自由民主党政権の外相を務めた。

安倍真三は同行のジャーナリストに、父親の安倍真太郎は日本のソビエト連邦との関係を改善するために一生懸命働いたと語った。 阿部真三によると、新太郎はソビエト連邦と和解し、既存の領土紛争を解決することを夢見ていました。

今年は歴史的なターニングポイントになるので、私は先祖の墓に毎日最善を尽くし、義務を果たすことを誓いました。


-阿部真三を強調した。

ウラジミール・プーチンと阿部真三は、日本との和平条約の締結に関する交渉を加速することに合意したことを思い出してください。 ロシアのセルゲイ・ラブロフと日本の外務大臣の会合は、14年2019月XNUMX日に予定されています。 外交官は再び平和条約について意見を交換します。
  • 使用した写真:https://24.kz
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
1 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. ウラジミール・クレブトフ (ウラジミール・クレブトフ) 9 1月2019 08:53
    0
    安倍は父の墓でロシアと和解することを誓ったが、狡猾な侍は島について一言も言わなかった。