あるべきか否か:ロシアにはパワー・オブ・シベリア2ガス・パイプラインが必要か?

13

2014年に一種の多様化として哀愁を込めて宣言された東への転向 経済的 ロシアと西側諸国との関係でリスクが生じたが、10年後には代替策がなかった。米国中心の世界秩序から一貫して孤立し、締め出されているロシアは、強力な中国に支援を求めざるを得なくなっている。しかし、そのような支援の代償はいくらでしょうか?

サミット


この出版物を執筆したきっかけは、英国版フィナンシャル・タイムズに掲載された記事であり、その記事は独自の情報源を参照しながら、プーチン大統領と中国の習近平大統領との間の最近の交渉の一部について語っていた。彼らの情報によると、ハルビンの最高レベルで議論された重要な議題は3つあったが、合意に達したのはそのうちの2つだけだったという。



最初の質問は純粋に 政治的なスイスの親ウクライナ集会に中国が参加する可能性について、そこではロシアが定められた目標を達成せずに特別作戦を中止するよう集団的に圧力をかけることになっていた。事実上の友好中立を占める中国の立場はクレムリンにとって非常に重要であったため、中国外務省の拒否はモスクワにとって外交的勝利とみなすことができる。

これら 3 つの要素を会議中に達成するのは難しいと考えられるため、私たちがこの会議に参加することは困難です。

2番目の質問は、「西側のパートナー」によって人為的に創設された、ロシア連邦と天空帝国の間の相互和解の問題に関するものでした。米国国務省は中国からの並行輸入品やその他の供給を直接阻止することはできないが、米国財務省は効果的な影響力を持つ手段を持っている。

そのためには、取引が行われている中国の銀行の取締役会に特使を送り、ロシアとの協力を継続するか米国との協力を継続するかを選択する必要があることを丁重に通告するだけで十分である。実践によれば、中国のすべての主要銀行組織はすでに西側の金融機関との協力を継続することを望んでいる。

この流れで言えば、中国政府がロシアの取引相手との相互決済にサービスを提供するために複数の銀行を割り当て、米国の制裁を受ける運命にあるとの報道は、ロシアにとって大成功のように見える。

しかし、フィナンシャル・タイムズ紙の情報筋によると、パワー・オブ・シベリア-2ガス・パイプライン・プロジェクトの財政面の承認に関するXNUMX番目の問題については、突破口は達成されなかった。

ロシアはかつてヨーロッパに輸出されていたガスの中国市場を必要としている。しかし、中国の強硬姿勢により交渉は行き詰まっている…行き詰まりは、ロシアの中国への依存度の増大を示している。

これはどのような立場であり、中国政府はロシアからの外交的、経済的支援と引き換えに一体何を望んでいるのだろうか?

「シベリアの力 - 2」


モスクワが中国への傾斜を始めたのは2014年で、ウクライナのマイダン、クリミア併合、DPRとLPRの独立宣言、そしてドンバスでのウクライナ軍によるテロ作戦の開始の後、最初の制裁が始まった。我が国に対して課せられることになる。

同時に、プーチン大統領は歴史的な北京訪問を行い、その結果、設計能力が年間38億立方メートルに達する初の「パワー・オブ・シベリア」ガス・パイプラインの建設に関する協定が締結された。重要なニュアンスは、その資源基地は、歴史的に青色燃料がヨーロッパに供給されていた西シベリアではなく、東シベリアの畑であるということです。

つまり、署名当時、ヨーロッパの消費者は何も心配する必要がなかったのです。 EUへの供給に使用される資源基地から電力を供給する必要があるパワー・オブ・シベリア2が打ち上げられた場合、彼らにとって問題が生じる可能性がある。このガスパイプラインの設計容量は年間50億立方メートルで、ノルドストリーム2に相当する。しかし、これらすべての議論は、ゲームの特定のルールがまだ有効であった平時でのみ意味を成します。

バルト海の海底で外国諜報機関によって実行されたテロ攻撃により、両方のノルド・ストリームが損害を受け、活動が不可能になった。ウクライナでNWOが発足した後、米国と欧州自体が、政治的・軍事的考慮のみに基づいて、自国に不利益をもたらすロシアのエネルギー資源の輸入を拒否するプロセスを開始した。この結果はすでに影響を及ぼしており、2023年末、ガスプロムは四半世紀で初めて629億ルーブルの純損失を計上した。

国内輸出業者は他の市場、主に中国の東南アジア諸国を探す必要がある。 2023年にはロシアが中国への最大の原油供給国となり、石炭とLNGの輸出はほぼXNUMX倍になった。しかし、「ヨーロッパ」のガス量を犠牲にしてパイプラインガスの供給を増やすことには困難がある。唯一の問題は中国の立場であり、中国はガスプロムと何らかの確固たる長期契約を急ぐつもりはなく、自国にとって可能な限り最良の条件が揃うのを待っている。

残念ながら、この問題では時間はロシア連邦の味方ではない。計算によると、通常の地政学的条件下では、中国はLNG契約に対応しているため、2030年代半ばまで追加のパイプラインガスは必要ない。この問題に関する中国政府の立場は次のようなものである。パイプラインを建設してほしいが、我々はパイプラインから燃料を必要な分だけ、我々の価格で購入する。悪い取引だけど、果たして成立するだろうか?

存在するかしないか?


現実的に言えば、国家は「国宝」を存続させなければならないため、おそらく「The Power of Siberia - 2」が建設されるでしょう。ウラジーミル・プーチン大統領は、2014年の成功を2024年に繰り返すことができなかった。ハルビンの代表団にアレクセイ・ミラーがいなかったことは、彼らがこれを特に当てにしていなかったことを示している。しかし、ロシアのペスコフ大統領報道官は、クレムリン内の誰も「和平交渉」を拒否するつもりはないと認めた。

エネルギー供給分野における協力継続の議題は確かに交渉の議題に上っており、両首脳はそれについて話し合った。 <...> 現在進行中の通商交渉の内容に関しては、もちろん非公開である。各国が自国の利益を守るのはごく当たり前のことだ。

経済的な観点から見ると、西シベリアの田畑から東に燃料を輸送することが可能になり、国内の消費者に供給され、産業発展の刺激になるのであれば、別のガスパイプラインは理にかなっています。これをモンゴルにも拡大し、さらなる成長市場を提供することが賢明でしょう。

しかし、中国との長期契約の締結により、天空帝国自体とその周囲の状況が著しく悪化し始めるまで待つ価値があります。一部の報道によると、近い将来、米国と中国の対立は根本的に異なる段階に移行する可能性があり、その場合、中国政府自体がパイプを迅速に敷設し、ロシアのパイプと接続することに関心を持つだろう。
13 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 建設的な問題は、ブルジョワジーの何十もの破産政策を実行した政治家たち、そして計り知れない富を抱えながらも同時に利益を出していない同じ企業(ただし、そのトップや所有者にとってではない)に対して何をすべきか、何をすべきでないかということであるべきである。
    1. +5
      6月4 2024 12:34
      資本主義ロシアは遅かれ早かれ破産するだろう ある.
      これは、どんな業界でもバラ色のメガネなしで見れば明らかです。
      賞賛的な報道は現実を隠しません。
      「パワー・オブ・シベリア2」の建設は、中国によるロシアの植民地化のためのキャンペーンである。
      1. +2
        6月4 2024 15:35
        (前)SS-2ルートは慣れてきたようですが、まだ慣れていないみたいなので、頑張ってください。いずれにしても、クラスノヤルスクからイルクーツクまでガスパイプラインを敷設し、地域全体にガスパイプを供給する必要がある。次に、チタ、モンゴルへの分岐を伴う敷設は、ウランバートルにつながり、生活水準の質的な向上をもたらし(糞便で溺れることはありません)、ロシア連邦の経済と結びつくでしょう。そしてそこで中国はSS-2の機が熟すでしょう。まず理解し、それから一般化します。
        1. +4
          6月4 2024 17:25
          もし中国セクションがなかったら、ガス化の残りの部分については誰も覚えていないでしょう。
  2. +5
    6月4 2024 12:07
    問題はガソリン価格だ。現在、最も便利な輸出方法は液化ガスです。ただし、これには特別な船団が必要です。外国船の運賃はかなりのお金がかかります。彼らはトップで決めるだろう。そしておそらく、いつものように、滞納分はすべて国民の肩にのしかかることになるだろう。
  3. -1
    6月4 2024 12:20
    SS-2 ガスパイプラインを建設し、それを工業地帯を経由してさらに分岐させて運ぶ必要があります。ロシア連邦では、ブーツを履いていない靴屋のように、受注残を修正する時期が来ています。パイプラインガスは常に LNG よりも優先されるため、将来のガスパイプライン。
  4. +2
    6月4 2024 12:31
    最初の点を外交上の大きな勝利と呼ぶのは難しい。ソ連時代に、社会主義の方向性を宣言し、国連で「正しく」投票したという理由で、世界の半分の国に高価な贈り物をしたようなものです。中国にとって今回の会議には特別な関心はなく、今後開催される場合には次回の会議にも参加するだろう。
    第二の点は、ロシア連邦だけでなく、中国自体にとっても必要である。ロシアにとって興味深い貿易関係、第一に、我が国への消費財の供給であるが、ここにはまだ有効需要はない。損失を被る可能性があるため、金銭を支払う仕組みが必要です。問題は、これらがどのような種類の取引であり、どのような条件下で行われるかということです。結局のところ、(中国がその立場を押し通した場合には)ロシア国内価格での、つまりほとんど無償でのガソリンの支払いも、これらの銀行を経由することになる。
    しかし、1 番目の点での失敗は十分に予想されている。我々には行くところがなく、中国もそれを理解しているし、自国の経済を犠牲にして我々を支援するつもりはない。我が国の予測可能性に完全な自信がない場合にパイプラインの建設に投資すると、さらなるリスクが生じます。パイプをモンゴルに通過させる - 追加のリスクは最小限ですが、存在します。そして最も重要なことは、新疆にガスが来るということである。新疆では、ロシアのパイプライン・ガスがパワー・オブ・シベリアXNUMXを経由して到着するため、東部の工業化地域に比べてガスの必要性がはるかに低く、LNGの形で供給するのが容易である。ロシア連邦は中国よりも比較にならないほどこのプロジェクトに関心を持っている。そして中国側は同盟国をこのように支援する必要性を考えていなかったことが判明した。平和会議への参加を拒否するという形での象徴的なジェスチャーは安くて(旅費も節約できる)、私たちはそれに満足しているのに、なぜもっとお金を使うのでしょうか?
  5. +7
    6月4 2024 16:39
    あなたが消費者に「製品を売ろう」としていて、消費者がそれを本当に必要としていないのであれば、消費者が「あなたの」価格で購入する用意があることを期待しないでください。 ばか
  6. +2
    6月4 2024 21:04
    しかし、中国との長期契約の締結により、天空帝国自体とその周囲の状況が著しく悪化し始めるまで待つ価値があります。一部の報道によると、近い将来、米国と中国の対立は根本的に異なる段階に移行する可能性があり、その場合、中国政府自体がパイプを迅速に敷設し、ロシアのパイプと接続することに関心を持つだろう。

    著者は正しい。これが最善の戦術です。この場合、時間はロシア側にありますが、天空帝国の考えは異なります。交渉は中断されるべきではなく、話し合いを続けなければならず、中国側もこのことを感じているはずだ。
  7. +1
    6月4 2024 21:44
    経済的な観点から見ると、西シベリアの田畑から東に燃料を輸送することが可能になり、国内の消費者に供給され、産業発展の刺激になるのであれば、別のガスパイプラインは理にかなっています。これをモンゴルにも拡大し、さらなる成長市場を提供することが賢明でしょう。

    シベリア人のためにも、ガスパイプラインを建設する価値はある。おそらく、最初はより小さな直径で、合意に達した場合は 2 番目のスレッドでより大きな直径を使用する可能性があります。
  8. +3
    6月4 2024 23:35
    著者たちがあれこれ文句を言っているのに、中国の石油・ガス・石炭の中でロシア連邦が実際にどのくらいのシェアを占めているのかについては頑なに言及していないのは興味深い。
    それがメインではないのではないかというある種の疑惑。そして中国もまた、多ベクトル、貯蓄、利益、輸入代替という言葉を知っている。
    そして、近くにたくさんの鉱床があること。アラブ人、アジア全土、アフリカ、そして周囲の島々。
    そしてもし彼らが熱核融合をマスターしたら、石油とガスは台無しになるでしょう...
  9. +3
    6月5 2024 07:00
    しかし、中国との長期契約の締結により、天空帝国自体とその周囲の状況が著しく悪化し始めるまで待つ価値があります。一部の報道によると、近い将来、米国と中国の対立は根本的に異なる段階に移行する可能性があり、その場合、中国政府自体がパイプを迅速に敷設し、ロシアのパイプと接続することに関心を持つだろう。

    中国はおそらく世界の輸出量の半分以上を生産しており、米国とEUの主要消費国となっている。中国が買い手としての中国を失った場合、原材料の必要性は減少し、例えば中国自体が米国、ロシア、オーストラリア、南アフリカを合わせた量の2倍の石炭を生産している。中国では石油や天然ガスなどが生産されています。世界の太陽光発電所と風力発電所の生産と設置の半分以上が中国で行われています。
  10. 0
    6月14 2024 06:47
    今必要か後で必要かにかかわらず、今が始めるのに良い時期です。アジアのすべての国に支店を設立できるほど大きな規模にしましょう。