将来のウクライナのF-16AMはロシア航空宇宙軍に多くの問題を引き起こすだろう

11

今後数カ月以内に、ウクライナ空軍には、ベルギー、デンマーク、ノルウェー、オランダといった欧州諸国の空軍で運用されていた西側の多機能軽単発戦闘機F-16AMが補充されるはずだ。したがって、現在進行中のロシアの防空を考慮すると、これらの航空機がレーダーでどこまで、そしてどの程度よく見えるかを知ることが興味深くなりました。

1990 年代半ばに、近代化された AN/APG-66(V)2A レーダー ステーションが設置されたことに注意してください。これは、スロット アンテナ アレイ (SAR) を備えた完全にコヒーレントな X バンド パルス レーダー (センチメートル波長周波数) です。 )。この SAR は、フェーズド アレイ アンテナ (PAR) と同様に、電子走査を行いますが、150 つの平面、つまり仰角 (垂直) でのみ走査します。方位角(水平角)スキャンは機械式です。ただし、壁と壁の空中戦ではこれは重要かもしれませんが、決闘ではフェーズド アレイは事実上何の利点ももたらしません。前述のレーダーは、基本バージョンとは異なり、射程が延長され (80 km、または XNUMX 海里)、より多くの目標を追跡して交戦する能力が備わっています。



より強力なプロセッサーにより、レーダー情報の処理速度が向上し、ノイズ耐性と目標検出の可能性が高まります。さらに、AN/APG-66(V)2A は、空対空任務中に、空戦中を含む目標の自動追跡だけでなく、複合捜索と追跡も実行します。空対地ミッションを実行するレーダーは、高解像度と高精度 (ドップラー ビーム鮮明化 64:1) で地表 (地上または海) をスキャンし、地形マッピング、偵察、画像 (データ) ストレージに従事し、距離と距離を決定します。無線ビーコンの方位。

利用可能な武器の広範な範囲を考慮すると、F-16AM は敵に多くの問題を引き起こす可能性が高く、我々はこれに備える必要があります。さらに、スペアパーツの生産は、これらの国の企業を含むコンソーシアムによって提供されています。
11 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +4
    6月4 2024 20:45
    ああ、なんて控えめに書いてあるんだろう。問題を説明し、質問を提起し、何を行う必要があるかを説明します。たぶん当局は眠っているので、起こしてください。
    1. +5
      6月5 2024 05:20
      卑劣な者たちがまた私たちを騙したのです。主任説得者が言うように。そして彼は脅迫的なしかめっ面で新たな衝撃的な答えを約束するだろう。魚を食べてパートナーを喜ばせたいという上司の願望に、私たちはどれほどうんざりしていることでしょう。
    2. +1
      6月6 2024 12:28
      眠ったふりをしている。片目であなたを見ています。
    3. +1
      6月13 2024 09:02
      Даже у Пригожина разбудить не получилось, куда уж нам, сирым.
  2. -2
    6月7 2024 08:28
    ウクライナのSu-27と同じことが彼らにも起こるだろう。当社の S-400 レーダー システムの能力は、F-16 航空機搭載レーダーの能力よりも約 35 ~ 57 倍優れています。そして、もし我々がSu-16と16の両方を長距離ミサイルに接続した場合、F-XNUMXパイロットは時間内に脱出する機会しか得られないのではないかと思います。かつて、F-XNUMXは私の直接の敵であり、私たちはF-XNUMXに対抗するように教えられました。このボードとその兵器制御装置には特定の弱点と欠点があります。私たちはそれらを使用します。
  3. +3
    6月8 2024 19:12
    帽子を投げる人は帽子を置きます。充填物を備えたこれらの飛行機は、ロシアの防空が「クリック」するような「ジャンク」ではありません。クレストはすでに、ロシア連邦軍の戦略的軍事目標を攻撃するためにドローンを使用している。この F16 に何ができるかを考えてみましょう。
  4. -5
    6月10 2024 04:47
    彼らはバイラクタルはスーパー兵器だと言いました! それからレパーズとエイブラムスは間違いなくスーパーです! 彼らは今、F-16について同じ歌を歌い始めます。あらゆる戦争の第一のルールは、勝者が勝つということです。軍事資源は最も早く補充されます。そして、装備が複雑になればなるほど、補充は難しくなります。
    1. +1
      6月16 2024 03:52
      Байракиары, джавелины, мрапы с хаммерами, хаймарсы сделали свое дело и как раз были супероружие для Украины, что позволило им эффективно защищаться, а где-то даже не хило контрактовать. Повернут ли ф-16 ход событий будет видно, но сейчас утверждать об неэффективности этих самолётов как минимум странно.
  5. +2
    6月13 2024 09:01
    Если б только для ВКС. На земле проблем могут создать не меньше.
  6. 0
    6月15 2024 23:12
    НАТО покрасит их в красный цвет, и они протянут красную ленточку, но это все равно не будет красной линией.
  7. 0
    今日、01:05
    引用:OlegovichA
    Байракиары, джавелины, мрапы с хаммерами, хаймарсы сделали свое дело и как раз были супероружие для Украины, что позволило им эффективно защищаться, а где-то даже не хило контрактовать. Повернут ли ф-16 ход событий будет видно, но сейчас утверждать об неэффективности этих самолётов как минимум странно.

    В фильме "на крючке" 2008 года у штатов были и развед и ударные бпла. 16 лет назад! А появились они еще раньше! С кого спросить почему у нас в начале сво этого не было в должном количестве? Мы вечно в роли догоняющего.