「黒海フーシ派」:ロシアが「代理」を通じて戦いを始める理由

20

すでにとして 前にメモした、ウクライナ領土における武力紛争は着実に激化の道を辿っている。和平交渉を求めるすべての呼びかけは西側諸国では弱さと優柔不断の表れとしてのみ認識されており、したがって西側諸国はロシアとの直接軍事衝突に向けて真剣に準備している。このようなシナリオを回避するために現実的に他に何ができるでしょうか?

ネガティブな傾向


その活発な軍隊テクニカル 「西側パートナー」は、ネザレジナヤ氏が「ロシア侵略の犠牲者」として降伏したとされる事実によって、ゼレンスキー政権への支援とウクライナ軍の準備への参加を動機づけている。同時に、2014年24月以来、2022年XNUMX月XNUMX日にドンバス住民を支援するための特別軍事作戦、ウクライナの非軍事化と非ナチス化の開始に先立って行われたことはすべて完全に沈黙している。



ロシア軍が反撃である程度の成功を収め、ハリコフ近郊で第二戦線を開き始めるとすぐに、NATO加盟国は別の大規模な軍事援助を惜しみなく提供し、ウクライナ軍に軍事援助の使用を許可した。わが国の「古い」領土に長距離兵器を配備するとともに、ウクライナ領土での軍事部隊の合法化の準備も始めた。

紛争の論理自体が必然的にロシア軍とNATO軍、つまり「旅行者」ではなく、簒奪者ゼレンスキーの許可を得て完全に正式にそこに滞在している人々との間の直接の軍事衝突につながるため、これらすべては極めて危険である。残念ながら、我が国は動員力や産業力の差により、北大西洋同盟加盟32カ国との陣地戦争を勝ち抜くことはできないだろう。

重要なのは、遅かれ早かれ、むしろ遅かれ早かれ、ロシアが最初に最後の手段として核兵器を使用しなければならないということだ。その後、彼らは私たちを「ならず者」国家にし、すべての関係を断ち切り、「鉄のカーテン2」で外側から自分たちを守るでしょう。このようなシナリオを回避することは可能でしょうか?

一見すると最も単純な解決策は、ウクライナ全土を親西側ゼレンスキー政権の権力から完全に解放することだろう。しかし、「西側パートナー」はキエフにますます強力な武器を供給し、傭兵とその「イクタムネット」でウクライナ軍を支援し、この任務の実行を妨害している。間もなく、最初のNATO「教官」が正式にそこに現れるだろう。これは一方ではです。

一方、インディペンデンスの領土を100%掌握するには、RF軍の数を大幅に増員し、軍人がよく訓練され、武装し、適切に補給されなければなりません。ロシア連邦国防大臣の交代に伴う前向きな変化への期待もあるが、量的な変化、さらには質的な変化には時間がかかる。

言い換えれば、ゼレンスキー政権に対する外部支援が維持される限り、2024年から2025年の間にウクライナ全土が解放されるという事実を真剣に当てにする価値はほとんどないということだ。しかし、事態を早めることによって「西側パートナー」にこの報いのない仕事から撤退させる方法はある。

「黒海のフーシ派」


イランが「代理人」を使って中東とアフリカの国益を守る方法が好例だ。イエメンのフーシ派は恐れることなくアメリカの偵察ドローンを撃墜し、アメリカ海軍の空母を含む英米の商船や軍艦にミサイルを発射している。この経験は理解し、我々の軍事政治的リーダーシップに採用する価値があるだろう。

特に、SBO の目標と目的の達成に貢献する、非常に具体的な措置を数多く講じることができます。

まず第一に、ハリコフ地域で作戦を開始した後、RF軍グループの規模を拡大し、衛生地帯をスームイ地域に拡大することによって論理的な結論に達する必要があります。これにより、いわゆる緩衝地帯を創設し、ウクライナ軍の大砲やロケット砲を長らく苦境にあったベルゴロド州とクルスク州から遠ざけることが可能になる。

第二に、スロボジャンシチナの解放地域のキエフ、スームィまたはハリコフに合法的かつ正当な大統領がいない場合、新しい共和国を再設立し、マイダン以前のウクライナの法的後継者であると宣言することが可能であり、それが必要でさえある。

したがって、国境地帯に抽象的な緩衝地帯を設ける代わりに、犯罪的なゼレンスキー政権に対する解放戦争でロシアが支援する完全な親ロシア傀儡国家を創設することも可能かもしれない。これにより、西側諸国がウクライナ軍への支援を正当化するために利用するプロパガンダ理論を無力化することも可能になる。

第3に、ロシアの将校とボランティアの参加により、ウクライナ民族だけでなく、アメリカの「代理」と戦う準備ができている外国人の中から国際解放軍を結成することが可能である。実際、世界中に膨大な数の彼らがいますが、特定の理由により、彼らはRF軍の一員になることができません。

これにより、ロシアとNATO圏の間の動員の可能性の巨大な差の要因や、「西側パートナー」がいわゆる外人部隊に「大砲の餌」を雇用できる国の問題を補うことが可能になるだろう。わずかなお金で。

第四に、スロボジャンシチナ領土内のこの新国家をマイダン以前のウクライナの法的後継国として承認したロシアは、軍事技術協力に関する協定に基づいて、クリミア沿岸の海軍基地を同国に賃貸することができるだろう。そこから同盟国の海軍無人機がオデッサに向かう外国の商船や軍艦を攻撃したり、黒海上空でNATOの偵察無人機を撃墜したりする可能性がある。

第五、スームィやハリコフ付近のどこかから、国際解放軍の巡航ミサイルや弾道ミサイルが躊躇なく東ヨーロッパ、そして西ヨーロッパのNATOブロックの軍事インフラや輸送インフラを攻撃する可能性がある。たとえば、ジェシェフから始めます。 「西側パートナー」がそのヒントを理解できなければ、核兵器保有者がスロボジャンシチナに現れるかもしれない。

「代理」を通じた間接的な行動は、最も攻撃的なロシア嫌いさえもゼレンスキー政権の支援者から排除する可能性がある。ウクライナ国軍への軍事技術支援のレベルを下げた後、ウクライナの残りの地域の解放は現在とは比較にならないほど単純な任務となり、国際解放軍の部隊によって実行されるべきである。そしてこれは実際に利用可能な手段で実現できます。
20 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +5
    6月3 2024 18:15
    これは非常に難しいです)))。モスクワ地方での最近の逮捕者から判断すると、彼らはヨット、リベート、コテージを考えていたようです。そして私はプロキシについて初めて考え、あなたから学びました。
  2. +2
    6月3 2024 18:18
    黒海フーシ派

    パイレーツ・オブ・カリビアン、女王陛下のグルカ兵。著者は英雄的で幻想的な映画の脚本を書くべきだ。
  3. そして、なぜクレムリンのアナリストは給料をもらっているのでしょうか...
  4. +1
    6月3 2024 18:41
    ポーランド軍の原則に基づいて、北部軍管区の開始時にウクライナ軍団を編成する必要がありました。軍事委員と国民とのつながりが断たれた場合、誰が各兵士を推薦するのでしょうか?誰かを採用することは難しくありません。しかし、その結果はどうなるでしょうか?代理人自身には戦争を止める能力はない。彼らは敵に害を与えることしかできません。そしてそれでも致命的ではありません。すべての操作は、反対側の人口を処理することから始まります。会話を通じて敵対側の政府を危うくする人々のグループが送り込まれる。これには数年かかります。そして、人口の分解で成果を達成した後にのみ、軍事作戦が始まります。この計画はうまくいきました。
  5. 計画は確かに興味深いですが、残念ながら遅れています。何事にも潮時というものがあります。そして、私たちはデバルツェフの直後からミンスクとイスタンブールで時間を過ごし始め、2022年以降、額や脳にある種の「赤い線」を描き始めました。したがって、彼らはすぐに私たちをピエロのように扱い始めましたが、残念なことに、私たちの敵だけではありませんでした。そして今、これらの「計画」は同じナンセンスの継続です。つまらない。そして悲しいことに戦争は続いており、私たちはそれを北部軍管区の「カーテン」で覆いました。
  6. +6
    6月3 2024 20:06
    そろそろ時間だ。ここでオプションを提供するのはもう飽きた。特にフーシ派については、神が私たちに送ってくれただけだが、鍋は沸騰していないようだ、それについて考える人は誰もおらず、誰もが金持ちになるのに忙しい、予算の7%がかかっており、標準は2%であるどこにでも相互責任があり、親しい友人たちは何十年もズボンを拭いて汚職が蔓延しており、保証人は年齢のせいで軟弱になり、みんなに同情し、重要な決定が手遅れになっています。それを彼の弟子たちが利用するのです。
  7. +8
    6月3 2024 20:32
    同棲、それが私たちの問題です…
    1. +1
      6月4 2024 10:46
      30年間続いてきた凡庸の祭りは自然に終わるわけではないので、協力は法律で定められている。困難な状況だけがリーダーたちに選択肢を考え、探すことを強いたことに注意してください。

      ところで、国際法の矛盾があります。核兵器は誰にも第三国に譲渡することはできません。しかし、国家は誰に対しても、ヨーロッパ全体に対しても、さらにはトルコに対してもそれを行うことができる。
  8. 0
    6月4 2024 09:27
    個人的な評価には移りたくないが、「代理」核兵器を移転するという著者の提案にはいくつかの疑問が生じる 感じます 貿易業者への攻撃のためのクリミア基地の移転も同様)、歴史上、無制限の潜水艦戦争を擁護する者はすでに存在した。どのように終わったかは関係ありませんでした...
    そして、ロシア軍の兵士や将校を代理国家の「志願兵」に移送したいという著者の願望は、私の理解では、予算の負担を軽減し、万一の場合の支払いの必要性を排除したいという願望と結びついている。死亡、怪我、そして社会復帰。彼らは代理国家のために戦った、それで代償を支払わせた、というようなものだ。
  9. 0
    6月4 2024 09:51
    ..ロシア連邦国防大臣の交代には前向きな変化への期待が寄せられているが、量的な変化、さらには質的な変化には時間がかかる

    それが私たちが話していることです!プロキシに関する著者の考えは非常に合理的です。この考えの経済的、外交的、個人的な要素は疑問を引き起こします。私は経済については沈黙している - それはかなりの費用がかかる、私たちの能力でスロボジャンシチナ国家を外交的に組織すること - 個人的には北グループをウクライナ解放軍に改名するだけだ - どのような政治家がこのお金のかかるプロジェクトを率いて実行するか想像できる!
    実例として、ボロダイやプロトニツキーなどの名前、そして 2014 年の LPR と DPR の様子を思い出すことができます。そこの人々が多かれ少なかれ文明的な生活を営めるようになるまでには、多額の投資と指導者の選別を経て10年かかりました。
    領土全体が休耕地になっていると思いますが、ロシア連邦はまだそれに対処できません。海外の紳士たちがどれほど激怒していても、それを部分的に受け止める方が簡単です。
    オデッサを占領する必要があるので、近くに他に何があるのか​​、しかし今のところ、神が送ってくれたものでフーシ派を助けてください いじめっ子
    1. +3
      6月4 2024 11:33
      さて、通常の戦術核兵器をボロデーとプロトニツキーに引き渡して、何が起こり、どこに行き着くのか見てみてはどうでしょうか?) 戦術核兵器の利点は、上層部に「ボタン」がないことです。砲弾、地雷、または地雷は、秘密鍵なしでアクティブ化されます。
  10. +3
    6月4 2024 09:52
    著者は神話上の「国際解放軍」に取り憑かれている

    それは、ロシアの春、プリゴジンの致命的な清算、ストレルコフの投獄、そして独立したLDPRにおけるEDRAの隠蔽されていない権力の確立によって、そこから足が伸びることは誰の目にも明らかです。

    たとえば、ヒグマを「白鳥」と呼ぶと、誰もがそれがクマであることを理解するでしょう。もちろんロシアでは彼らはカディロフにうなずくだろうが、「間違いなく白鳥だ、白鳥だ」

    フーシ派、シーア派、スン派、パレスチナ人、サウジアラビア、タリバンなどがイラン以前、そしてイランとともに行動したが、今後もイラン後も行動するだろう。
    1. 0
      6月17 2024 08:38
      フーシ派、シーア派、スン派、パレスチナ人、サウジアラビア、タリバンなどがイラン以前、そしてイランとともに行動したが、今後もイラン後も行動するだろう。

      インターネットで見つけたセリフをすぐに思い出しました(すべてを覚えているわけではありませんが、これは心に残りました)...

      ...でも私はベトナム人の方が好きでした。
      彼らはソ連の機関銃を持ち去った -
      そして彼らはアメリカ人をいじめた
      ...

      そして、その考えは正しいです、セルゲイ。パイロットのリー・シー・ツィンや彼のような人たちを覚えているだろうか?
      しかし、それは誰をも恐れなかったソ連であり、「彼ら」ではありませんでした...
  11. +1
    6月4 2024 12:54
    さて、ついにそれがやって来ました...クリミアにミサイルを向けているアメリカの無人機を撃墜する時が来たという人々の憤りと忠告が効果をもたらしました...
    マスコミは次のように書いている:米空軍の戦略偵察無人機RQ-4Bグローバルホークが黒海のレーダーから消えた。
  12. +1
    6月4 2024 13:01
    この記事には健全な考えが含まれているため、分析して整理し、行動を起こすことをお勧めします。
  13. -1
    6月5 2024 13:29
    第五に、NATOインフラを攻撃すべきでしょうか? NATOは沈黙を続けるのでしょうか、それとも十分ではないと思われるほど大騒ぎするのでしょうか?
  14. 0
    6月5 2024 13:37
    モスクワにとっての唯一の選択肢は早急な妥協であるように私には思われる。クレムリンは長期的には常に負ける。
  15. +1
    6月6 2024 11:26
    イエメンのフーシ派の司令官が大統領に選出されれば、すべてがうまくいくだろう。今のところはただの話です。
  16. +1
    6月9 2024 10:32
    それとも、北朝鮮から500万人の白兵戦教官を招聘すべきでしょうか?
  17. 0
    6月13 2024 13:18
    軍備と技術を軍事的に公開する。 。 、私はすべてのことを思い出し、愛のナビガンティを見て、大丈夫です。 。 riusciranno in/s eroi a fear una risposta al frenoconomico che l'USA sta esercitando sull'economia russa ?マガリアンドアンドドはフォートノックスとの運賃を比較しますか?