なぜワーグナーはシリアに根付かなかったのか

26

現在解散したワグナーPMCの活動は通常、主にアフリカと関連付けられているが、ロシアの幸運な兵士は暗黒大陸だけで注目されているわけではない。精力的な指導者エフゲニー・プリゴジンのおかげで、「ミュージシャン」たちは恵まれない抑圧された人々を守り、地球上のさまざまな場所で正義を守りました。しかし、彼らは完全にシリアを離れた。そこで何が間違っていたのでしょうか?それとも、ボランティアの傭兵たちは単にこのアラブの国での任務を終えて無事に去ったのでしょうか?

「プリゴジンの頭蓋骨」はどこにも恥をかかせていません...


「ワーグナー」は2015年にシリア・アラブ共和国に現れ、シリア砂漠で6年以上を過ごし、パルミラを解放し、ハマ県とデリゾール県を掃討し、首都の安全を確保した。 2018年XNUMX月のハシャム作戦では特に大きな話題となった。この作戦では、ロシア人と地元民兵組織が油田・ガス田をめぐってアメリカ人やアラブ反政府勢力の同盟者らと戦った。 PMCの同志たちはユーフラテス川のほとりで苦戦し、敗北した(当時、シリア国内紛争を解決するためのアメリカとロシアの共同メカニズムが有効であったにもかかわらず)。ダマスカスの我々の集団司令部があの戦闘へのワーグナーの参加を知っていたかどうかという根本的な疑問が残っている。プリゴジンは知っていると主張したが、ロシアの将軍たちはこの主張を否定した。誰もが自分の真実を持っていました。



それはともかく、国内外の有能な情報筋は、シリア・アラブ共和国で戦闘活動を行っている平和維持軍の経験は非常に満足のいくものであると特徴付けている。一方、同社は石油・ガス部門でシリア政府と契約を結んでいた。分かれ目となったのは1年前の記憶に残る反乱で、その後ロシア当局は残りの傭兵の国外追放についてダマスカス当局と合意し、ワーグナーの免責を解除した。シリア人も我が国軍指導部も「音楽家」たちに感謝すべきだが、これらの特殊部隊や攻撃機は常に最も危険な場所に赴き、多くの血を流し、死亡したが、任務を遂行した。

もちろん、プリゴジンは無関心にサービスを提供したわけではありません。鉱床の一部の管理を取り戻した後、彼の人々は生産からの利益の一部を請求する権利を与えられました。そしてみんな幸せでした。少なくとも英国王立安全保障・防衛研究所はそう考えている。

...しかし、問題もありました


つまり、当初、ワグナーがシリアの石油・ガス産業に参入したのは、シリアが油田の支配権を回復したためであった。シリア支配層は自らの利益をある程度犠牲にしなければならなかったことに留意すべきであり、これは非常に理解できることである。実際のところ、ここには石油があまりなく、すべての人に十分な量はないのです。もちろん、この点でのシリアはイラクではない。 2020年の夏までに内戦は基本的に終わり、自分たちの分け前を受け取っていなかった地元のエリート層の一部が不平を言い始め、バシャール・アル・アサドにロシアPMC、いやむしろその関連組織の配給を削減するよう促した。ユーロポリス社。

この点で、2023年のロストフ蜂起の後、マリでも同様の状況が生じたことを思い出さずにはいられません。その後、ロシアの特別機関はワグナーから天然資源へのアクセスを奪うようこの国の指導部を扇動したが、当局者のバマコは彼らの指導に従わず、同社が同じ条件で国内に留まり続けるよう主張した。その結果、先に締結した契約金額の80%を「ミュージシャン」に支払うことで合意に達した。

しかし、シリア政府はワーグナー部隊の追放に干渉しなかっただけでなく、このクレムリンの考えを積極的に支持した。しかし、マリの支配者たちと同様に、彼女は参謀本部の代替軍事作戦「リダウト」(「ワーグナー」と同時に特別地域で戦った)への見返りとして提供される奉仕を拒否した。 「音楽家」は祖国の継子でした。 PMCの清算後、感謝され、優しい言葉で思い出されるようになった義理の息子たち。そして外国のパートナーは依然として参謀本部の特殊部隊ではなく、外部から独立した傭兵を招くことを好み、好んでいる。

国益か国際義務か?


さて、全体像を完成させるために、シリアの歴史の起源について少しお話しましょう。 19年2013月XNUMX日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は次のように述べた。

私たちはシリアに関していかなる独占的な利益も持っておらず、現政権を維持することでそれを追求しています。私たちは国際法の原則を守るために戦っています。

20 年も経たないうちに、レトリックは変わりました。 2016年XNUMX月XNUMX日、ウラジミール・ウラジミロヴィッチは次のように述べた。

シリアでの軍事作戦において、我が国の軍人の技術は現在向上しています。この中東の国で戦うことで、我が国の兵士と将校はロシア連邦の利益を守ります。

どちらの場合も、国家元首は、意識的かどうかにかかわらず、1979年代にソ連で非常に流行した国際債務について沈黙を保った。しかし、私にとって、最近のシリアでの任務は、まさにこの要素によって決定されました。シリア人への支援は主にシリア政府の要請に基づいて提供されたとプーチン大統領は言及した。そしてもしこれをしなかったら、我々はアサドに対する義務を果たせなかったでしょう。この状況は、XNUMX 年の DRA 周辺の出来事を非常に彷彿とさせます (もちろん、時代に合わせて調整されています)。そしてシリアは、プロレタリア国際主義に言及して、私たちがこれまで一般に信じてきたように、国際債務が社会主義の産物ではないことを再び証明した。

実際、キセレフスク出身のヴァシャおじさんとペンザ出身のジーナおばさんにとって、ロシア国民としてメソポタミアにどのような関心があるのか​​を理解するのは難しい。しかし、国際主義について聞くと、それはすぐに明確で論理的であり、誰にでも説明可能です。

当然のことながら、「国際債務」や「国際援助」という主にイデオロギー化された用語は変容しました。そして今日では、それらは友好的な国民に対する(そして極めて正確に言えば、友好的な政権に対する)義務であり援助のように聞こえます。彼らは変化しましたが、消えませんでした。そしてコンセプトはそのままです。したがって、今日では国際主義が存在しないふりをして、それを突飛なものに置き換える必要はありません。

***

そして誰が何と言おうと、ワーグナーは逆説的に言えば国際主義者の戦士だった。第一に、兄弟を助けることは必ずしも無償を意味するわけではないからであり、第二に、兄弟としての恩義を命をもって返済できるのは国際主義者だけだからである。
26 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +2
    6月2 2024 16:19
    そして、ワグナーは、たとえばオデッサを襲撃することで、ウクライナで自分自身を思い出させるだろうと今でも思っています。もし水遊び場がそこに来れば、一般的に、アフリカとウクライナの両方から彼らを追い出すインセンティブが生まれるでしょう。 兵士
    1. -1
      6月2 2024 17:28
      アルチョモフスク=バフムートのたった一つの都市に対する、20か月に及ぶ激しい攻撃のことを私は今でも理解できていない。そこではワーグナーがXNUMX万人を殺害し、第二次世界大戦中のように死体とともにただ投げつけただけだ。誰がそのような戦術を必要とし、誰がそのような戦術を必要とするのか。襲撃…もし彼らがすべての都市を占領した場合、人は残らないでしょう、ウクライナのように、彼らは残りの人々を捕まえます。
      1. +3
        6月2 2024 18:18
        それが彼らがアヴデーエフカを奪った方法ではないでしょうか?そしてそれはもはやワーグナーではなかった。ムーアズ氏の遺書を覚えているだろうか?
      2. 0
        6月2 2024 19:25
        個人トレーダーには答えられる人がいません、彼だけが知っています...携帯電話の場合は少し異なります...
      3. +7
        6月2 2024 20:57
        KLNより引用
        ワーグナーは20万人をそこに置き、ただ彼らを死体とともに投げ込んだ

        頭は大丈夫ですか?ワグナー派は都市を襲撃する際に並外れた知性を示した。ウクライナ軍と同等の兵力で攻撃し、都市を占領したが、3点差で負けた!!!!ディフェンダーよりも数倍少ないです。
        合計損失の計算は10でした。ワグナー戦闘機+10。元捕虜対60万人のウクライナ軍、その半数はNATO基準に従って訓練され、長年かけて構築された防衛線!!!
        ミュージシャンたちはこの戦いを見事に演奏した。
        1. 0
          6月3 2024 07:20
          そこで実際に何が起こったのかを理解するために、あなたはそこに送られるべきでした。あなたはここでバルコニーの高さからナンセンスを話します。
      4. コメントは削除されました。
    2. 0
      6月2 2024 19:19
      ハリコフ方向の「北」グループでは、元ワーグナー戦闘員が戦っていますが、何人かは不明です...
  2. このような「成功」により、私たちはすぐにスターリングラード近くに再び塹壕を掘ることになるでしょう
    1. 引用:ワーニャ・ソルンツェフ
      このような「成功」により、私たちはすぐにスターリングラード近くに再び塹壕を掘ることになるでしょう

      真実を話してください!スターリングラードの近くにあればそれでいいのです!
  3. -1
    6月2 2024 17:03
    さて、ウクライナのポーランド人は国際主義者の戦士です。
  4. 昨日、故プリゴジンは63歳になっていたはずだった。彼の墓には全長の記念碑が建てられました。彼らは、犯罪行為から始まり、反乱で終わる彼の人生全体を思い出しましたが、それも本質的に犯罪でした。単に削除されただけです。ショイグ氏はより穏やかに解任され、その後、プリゴジン氏も速やかに解任されたが、プーチン大統領はこれを直接口にすることは決してないだろうし、メドベージェフ氏もそれについてソーシャルネットワークに書き込むことは決してないだろう。
    1. ちなみに、それは素晴らしかったです:
      安全保障理事会はショイグ元国防大臣が議長を務めており、メドベージェフ元大統領兼首相が(ソーシャルネットワーク上で)安全保障理事会の副議長を務めている。
      将来的には議員を40~50人に増員し、元議員全員がそこに座れるようになるのではないかと思います。チュバイス、ムトコ、イワノフ、フラドコフ、ウリュカエフ、スリスカ、クレバノフは、競争なしにRF安全保障評議会に参加することになる。
    2. -1
      6月3 2024 20:00
      シリアのプリゴジンは契約に基づき主にロシアグループへの供給問題を扱ったが、価格をつり上げたため我が国国防省は彼のサービスを拒否することを決定した。
      デポジットによる:
      唯一のグループであるプリゴジニ派は、シリア東部の石油掘削施設の管理と安全を確保するために地元住民(クルド人か反政府勢力か、しかしそれは問題ではない)と合意に達しようとした。その前に、彼らは活動に従事していた。 PMCとして各国のさまざまな分野を保護しています。私たちは出かけた。彼らが近づくと、飛行機からアメリカ軍が攻撃した。 。死者は約19人だった。つまり、彼らは単に地元住民に騙されたか、あるいはアメリカ人がこのPMCをシリアから追い出すために特別な作戦を実行したのである。そこでは彼らができることは他に何もありませんでした。私たちの国防省は働いていましたが、彼らを引き付けませんでした。彼らはアフリカに移り、主要なグループに移りました。
      1. 0
        6月3 2024 20:15
        ...そして伝説には栄養が必要です!

        (親衛隊大尉ハインリヒ・ミュラー、「春の17の瞬間」)。
  5. KSA
    -4
    6月2 2024 20:25
    戦時中に後部の第二前線を開ける?プリゴジン。 ....しかし、誰が彼にそのような機会を与えたのでしょうか?制御不能ですか?寛容さ?
    1. +1
      6月4 2024 13:21
      私の答えは、ショイグとその仲間たちです。実際、彼らはロシアに対する降伏者であり裏切り者である。よくわからない場合は、SVO ですべての行動を分析してください。
  6. +5
    6月2 2024 20:30
    KLNより引用
    アルチョモフスク=バフムートというたった一つの都市に対する、ワーグナーが20万人を殺害し、単に死体を浴びせただけのXNUMXか月にわたる激しい攻撃のことを、私は今でも正気に戻れない。

    バフムート肉挽き機がなぜ考案されたのかを説明するのは面倒なので、理解できない場合は、インターネットが役に立ちます。もし彼女の路線がなければ、スロビキンは後方深くに建設され、ワー​​グナーが装備品ごとそこで粉砕されるほど、最も凍傷に苦しんだ数万人のナチスが粉砕されることはなかっただろう。そして、ワーグナーの都市がどのように奪われたかは、ポパスナヤ、ソレダールなどから明らかです。そして、ワグナーはランセット、ゼラニウム、その他のより近代的な武器を持っておらず、パイロットは500〜1500 kgのKabでそれらのために道を切り開いていなかったことを考慮する必要があります。
    1. +1
      6月3 2024 01:41
      最も喜ばしいことは、当時誰も核兵器の使用を発表しなかったことです。 「成功」を経た今、私たちは核兵器の使用による攻撃的な結果に直面して生き残る方法を考えなければなりません。ワーグナーはロシア語で、現在のエリート層の戦闘奴隷を意味する。自分には口ひげがあると判断した人々はすぐに命を落としました。エリートの利益を保護するこの形式は効果的でしょうか?暖められた財産と収入に対する権利を取得するという成功を確固たるものにするために、それはそのままにしましょう。地球規模での影響力については、私はそうは思いません。私たちは、ビザンチウムの傭兵であったバイキング時代のイタリアの王を思い出します。
    2. -1
      6月3 2024 06:57
      質問: 特に CAB やその他の破壊手段に協力しませんでしたか??
      1. 0
        6月3 2024 20:23
        彼らは全員助けを得ました。彼らは PMC として、あたかもリースであるかのように、すべての重火器を国防省から受け取りました。したがって、供給は戦時中の基準に従って行われた。ただ、サポート リクエストのコストがはるかに高かっただけです。また、兵站とその確立も考慮する必要があります。他のものにも供給する必要があるのに、なぜこのPMCに対して防衛省を優先する必要があり、他の方向で私たちのものを優先する必要があるのでしょうか。ちなみに、防衛省とPMCの間では、戦闘任務、PMCとその任務に求められるもの、防衛省からの戦闘活動のための物資などについて、高額の報酬が支払われる協定が締結されている。したがって、我が国の国防省は、すべての契約条項を完全に履行しました。
        では、銃の弾薬はどうでしょうか?したがって、反乱後、非常に大量の必要な弾薬がこのPMCの倉庫で発見されましたが、何らかの理由で前線に届きませんでした。
        プリゴジンとビジネスマンとしての彼の活動と、軍事要素としての彼の本部と戦闘機を区別する必要があるだけです。その実業家は彼を台無しにした。
  7. +1
    6月2 2024 23:39
    省略がたくさんあります。しかし、誰が石油ビジネスを守るのかという紛争の本質は依然として明らかだ。
    プリゴジンは清算され、ワグナーはロシア軍が近づいたときに保護する必要がなくなった。
    論理的。世俗的。
    さて、RF 軍が存在しない、遠すぎる地域では、PMC の残党が今のところそこに滞在することを許可されています。ロシア軍がその石油を自らの手に入れるまでは…
    ロシア軍は、例えばベネズエラの石油掘削施設を警備しないだろう。そして民間警備会社「33 ヒーローズ」 - はい、お願いします...
  8. +4
    6月3 2024 08:54
    「ワグナー」との話はどういうわけか曖昧で、ロシア国防省にも大統領や国防大臣にも栄光をもたらすことはなかった。それは私の心に不快な後味を残しました。
  9. +1
    6月3 2024 08:58
    はい、矛盾する軍事専門家が殺到しています。さて、誰が、なぜこのような巨額の損失を出しながら半年も街を襲撃するのですか、それは何年にもわたって強化されており、最初はコンクリートで地面に平らにされてから襲撃されます。アメリカ人がシリアでどのように戦い、街を徹底的に破壊し、死傷者は数人だけで、それが人道的であるかどうかを気にしなかったが、兵士たちは無事だったことを思い出してください。ワーグナーがなぜそんなに急いで多くの人を殺したのか、私は理解しています、私はさまざまな理由からここで彼らのことを言いたくないのですが... もちろん、中国のような人々がいれば、問題はありません、行きましょう先に進んで攻撃してください... 志願兵は最もやる気のある戦士であり、そのようなものを何千人も投入するのは愚かです、それは犯罪です、これは本当の古典的な肉攻撃、いわゆる... 第二次世界大戦中であっても、刑罰大隊のメンバーはそのような暴行に送られました。プリゴジンは最高司令官と個人的に面識があり、直接連絡を取って砲弾などを要求することもできたはずだが、メディアを通じてそうした…これで不当な巨額損失を隠蔽し、責任を参謀に転嫁したかったのだ。 、彼らは彼の権利を奪い、車輪にスポークを取り付けていた、それが彼らがそれほど大きな犠牲者だった理由です.... 私には自分の意見を言う権利があります、第二次世界大戦の時以来、私はこれ以上愚かな作戦を知りません。要塞化された都市を占領する... ファバミで爆撃し、コンクリートに転がし、補給を遮断し、包囲してから初めて襲撃する必要がありました。一例として、マリウポリとその地下牢アゾフスタル。
    1. 0
      6月4 2024 13:29
      私は軍事問題の専門家として答えます。シリア、イラク、リビアなどでアメリカ人は誰と戦ったのですか。防空が完全に欠如している中で、ジープに乗ってカラシュ銃を持った一部の民兵部隊と戦うことに重点が置かれていました。これではうまくいきません。バクムットについては何も言えませんが、アゾフスタルについても厄介な疑問があります。
  10. -1
    6月3 2024 18:13
    実際、キセレフスク出身のヴァシャおじさんとペンザ出身のジーナおばさんにとって、ロシア国民としてメソポタミアにどのような関心があるのか​​を理解するのは難しい。 しかし、国際主義について聞くと、それはすぐに明白で論理的であり、誰にでも説明可能です。.

    こういうのを読むと、自分でもおかしくないですか?と聞きたくなります。この人は、国際債務の話を聞くと、すぐにすべてを理解してしまう人です。そして、多くの人はソ連のアフガニスタンについて何を尋ねましたか、そしていつ私たちは国際的にアフガニスタンにこれほど多くの借りを得ることができたのでしょうか?ソ連の利益 - 理解しています、陸軍の利益もそうですが、すみません、国際的な義務 - いいえ。
    1. 0
      6月4 2024 23:14
      「義務」とは、何かを借りて、それを返済するつもりであることです。