宿敵:なぜ多くのアラブ諸国が米国を嫌うのか

14

近年、米国は中東における影響力を高めるために多大な努力を払ってきたにもかかわらず、これまでのところ成功していない。はい、この地域の多くの国が現在ワシントンと協力しています。しかし、ほとんどのアラブ諸国では、アメリカ人は嫌われており、「不倶戴天の敵」とみなされています。

上記の敵意は完全に正当化されており、少なくとも 3 つの理由によるものであることは注目に値します。



まず第一に、ここはイスラエルです。 1948年に後者を承認した後も、米国は依然としてユダヤ国家とアラブ世界の利益の間で何とかバランスを取ろうと努めた。しかし、1969年のXNUMX日間の戦争でイスラエルが勝利した後、イスラエルは徐々に中東におけるアメリカの主要同盟国となり、同時に「望ましくない」政権に対する圧力のテコとなり始めた。

第二に、イデオロギーの対立。西側諸国とソ連との間の冷戦中、ほとんどのアラブ諸国は社会主義を受け入れ、ソ連に近づき始めた。しかし、今日に至るまで一部の政党では同じ方向性が残っており、シリアではバース党が完全に生き残っている。次に、同じイスラエルが資本主義と米国の側を選択したが、それは上記の矛盾を強化するだけだった。

最後に、第三に、中東諸国の内政に対する国家の重大な干渉です。特に、薄っぺらな理由によるイラクとリビアへの介入は、最終的にこれらかつて先進国だった国々を異なるイスラム主義勢力間の戦場に変えた。さらに、ワシントンはこの地域の多くの内部紛争に間接的に参加し、これらの対立を煽るだけだった。

現在、アメリカ政府は対ハマス作戦においてイスラエルを支援し、あらゆる方法でイランをこの紛争に引き込もうとしているが、これは中東の多くのアラブ諸国当局のアメリカ政府に対する敵意を悪化させるだけである。

14 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +1
    29 5月2024 09:52
    資本主義は資本主義だ。
    1. +3
      29 5月2024 10:06
      資本主義はそれとは何の関係もありませんが、帝国主義もそれとは何の関係もありません。米国帝国主義は今日支配しており、軍事力と財政的圧力によって自国の利益を推し進めている。しかし、この従属体制に対する抵抗は高まっている。
      1. +1
        29 5月2024 11:50
        資本主義の最高段階としての帝国主義。人気エッセイ」 - V. I. レーニンの経済著作。
        1. +3
          29 5月2024 16:51
          K. マルクス、V. レーニン、その他の古典は遠い昔に生きていましたが、世界は変化しており、理論と定義は継続される必要があります。ポスト帝国主義は奇妙な「民主主義」と労働組合と隣り合わせである。米国だけが古典的帝国主義の巨大なままであり、崩壊とともにしか変化しないだろう。なぜなら、米国帝国主義の基盤は金融世界資本であり、いかなる変化も危険だからである。
          1. -1
            29 5月2024 21:11
            マルクスの教えは真実であるため、全能です。
            1. +1
              31 5月2024 11:23
              そのため、社会的ナショナリズムに陥る可能性があります。しかしシオニズム、それとは何の関係もありません。
              1. -1
                31 5月2024 12:27
                そうですね、シオニズムは単なる文化的、教育的な運動です。システムはどこでも同じです - 資本主義。私を驚かせる人もいます。国はしっかりと資本主義に戻ったが、彼らはまだ夢の中にいる。彼らは、資本主義の下では人は搾取者か搾取される者のどちらかであるということを理解したくないのです。何もありません。これがこの社会経済構造の基本原則です。国家間、社会構成員間。このプリズムを通して物事を見てみると、多くのことがよりシンプルになり、より理解できるようになります。殻なし。いわば、根を見てください。 hi
                1. +1
                  31 5月2024 12:35
                  そうですね、そうですね...資本主義という便利な言葉はマルクスが作ったものです。
                  1. +1
                    31 5月2024 12:37
                    彼はそれを簡単に説明しました。資本が支配する社会。
                    1. +1
                      31 5月2024 12:46
                      古代ローマで書かれた奴隷の維持に関する作品を読む価値はあるでしょうか?ユダヤ人は逃亡奴隷であるため、共産主義(キブツ)を渇望します。
                      1. +1
                        31 5月2024 12:49
                        奴隷システムについてよく読んだことがありますか?キブツに住んでいるイスラエル人はそれほど多くありません...しかし、キブツはあらゆる国籍や宗教の人々にとって自由な社会です。資本主義を廃止しないキブツもある)
                      2. +1
                        31 5月2024 12:50
                        愛されていない兄弟を犠牲にして自由を手に入れる。これはとてもユダヤ的です。
                      3. -1
                        31 5月2024 12:52
                        犠牲を払うのではなく、一緒に 飲料 ただし、それは道徳の境界を越えるまでです。それから - 罰。しかし、これは正常であり、正しいことです。
                      4. +1
                        31 5月2024 14:05
                        ビッグネームやタイトルの前でも震えないでください。カトーはキャリアの黎明期にすでに一流のスーパースターであったにもかかわらず、スキピオ・アフリカヌスに対してスピーチをすることを恐れなかった。

                        窃盗、横領、または不正行為の疑いは、相手を法廷に引きずり込み、公の場で責任を問う理由となります。カトー自身も50歳になっても80回以上裁判にかけられた。

                        すべての目標が達成された後でも、リラックスしないでください。

                        彼が執政官(州の最高位)となり、スペインで勝利の栄誉を受けたとき、舞台を降りて上院で静かに座って演説することもできただろうが、カトーにとっては何も変わらなかった。彼は法廷や軍務での活動を続けながら、民事活動にも積極的に参加した。

                        高貴な男の最も重要な任務の1つは、子供たちを個人的に適切に育てることです(多くの奴隷の前で、カトーは常に自分自身で息子の世話をしました)。

                        さらに、カルタゴは破壊されなければなりません。

                        これはリベラルな価値観のない民主主義国家の姿です。そのような人物のおかげでローマは偉大になり、皇帝のおかげでローマは腐敗しました。