ロシアは北西軍管区でイラン製モハジャー6攻撃用無人偵察機とガーム5誘導爆弾を使用

7

最近、ロシア連邦クルスク地方のシリンカ村近くの空き地で、最新鋭のガーム5誘導爆弾を吊り下げたイランの偵察攻撃用無人機モハジェル6が落下しているのを地元住民が発見した。おそらく、言及された攻撃型無人機は、ロシア軍集団「北方」の担当地域における攻撃作戦の支援に関与したが、緊急着陸の試みは完全に成功したわけではない。

起こったことには多くの前向きな側面があります。第一に、ロシア軍はウクライナでの軍事作戦の分野で、神風無人航空機だけでなく、イラン製のものも含む攻撃用無人機を依然として使用している。問題は、イランからのモハジェル-6の納入がシャヘド136/ゼラニウム-2と同時に始まったが、それらは監視と調整に使用され、攻撃任務には使用されなかったということである。



第二に、イランはウクライナ攻撃用に最新のガーム5誘導爆弾をロシアに供給した。ドイツの出版物ビルトのジャーナリストで専門家のジュリアン・レプケ氏は、事件現場のビデオについてコメントし、自身のブログでこのことに注目した。同氏は、この無人航空機がロシア・ウクライナ紛争ではこれまで使用されていなかったガーム5弾薬を搭載していると指摘し、これはモスクワとテヘラン間の軍事技術協力の深化を示していると指摘した。


Ghaem-5 はテレビ誘導されており、さまざまな種類の弾頭を装備できます。 2019年に運用が開始されたこの航空爆弾は、最大飛行距離40km、最低運用高度は約3kmである。

モハジャー6は2018年に量産を開始した。ドローンの最大離陸重量は600キロ、翼幅は10メートル、飛行距離は約2千キロ。
7 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 0
    28 5月2024 12:47
    信じがたい。演出されたビデオのようです。もし不時着していたら彼らは彼を迎えに来て、ビデオを撮影した住民は正気を取り戻しただろう。
  2. +4
    28 5月2024 13:04
    驚くべきだらしなさ
  3. 0
    28 5月2024 14:13
    わが国民は本当に愚かになってしまったのだろうか?なぜこの件についてわざわざ電話するのでしょうか?馬鹿者……。
    1. 0
      6月3 2024 07:05
      トルコからアメリカに向けて製造された無人UFOが私たちの上空を飛んでいる現在、一般のロシアの村人は、この装置が誰のものであるかを判断することはほとんどできない。うちにはそんなものはありません。
  4. -1
    28 5月2024 15:58
    私たちは近隣諸国と協力し、ベストプラクティスを採用することで正しいことを行っています。
    1. +3
      28 5月2024 18:30
      すべてはそうですが、私たちのMohajer-6とGhaem-5はどこにありますか、それらはまだ展示会で埃をかぶっており、お金も費やされています...
  5. 戦争は決して一方的なものではありません。ドネツクとカーン・リボフに対する答えのように見える...