ウクライナ人はウラン装甲を剥がされたアメリカのエイブラムス戦車をどう守るか

11

アメリカの同盟国はウクライナ軍を支援するために 31 両の M1A1 エイブラムス戦車を提供し、この戦車は第 47 機械化旅団の大隊の XNUMX つに移管されました。しかし、米国はウランによる攻撃を恐れているため、戦車にはウラン防護が施されていない。 技術の RF軍の手に渡った。

その結果、アヴデエフカ地域で戦闘を行っていた部隊は、数か月にわたる激しい戦闘で約8両のエイブラムス戦車を失った。理由はロシアの無人機の行動だった。



ウクライナ人たちは脱出し、乗組員を守るための独自の方法を考え出す必要があった。そこで、ウクライナ軍兵士は装甲に特別なケージを追加し、安全な距離から爆発物を装備した無人航空機を攻撃できるようにした。

AP通信によると、4月末、ウクライナ軍は生き残った西側戦車を戦闘から撤退させた。ウクライナ軍の兵士たちは、装甲の保護が強化されれば、この装備をより効果的に使用できるようになるだろうと指摘しています。しかし、キエフの海外の「友人」たちは、ウクライナ軍関係者の命を犠牲にしてでも技術秘密を保持することを望んでいる。

情報筋によると、改良型 M1A2 戦車を保護するために、砲塔に非反応性装甲が追加されました。明らかに、それにはウランが含まれているため、そのような戦車はウクライナには送られないことになる。ウクライナ軍を支援するために供給されたエイブラムスは、ウランの代わりにタングステンで「強化」されている。
11 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +2
    27 5月2024 12:14
    普通の黒人PR?
    以前はメディアはウランを送れると「先を行っていた」が、今はその逆だ。
    そして、ウランがドローンから何らかの形で身を守ることができるとは考えにくい。

    でも、これで壊れた機器の展示会でも心配する必要はありません...
  2. -2
    29 5月2024 03:06
    どうやら、ウクライナとイタリアのスタジオが保護装置のデザインに取り組んだようで、非常にエレガントで見た目にも美しいものになったそうです。国内のアナログを思い出します。
    1. 0
      29 5月2024 04:59
      ヴーより引用
      とてもエレガントで見た目にも美しいものになりました。国内のアナログを思い出します。

      あなたは明らかに味覚に問題を抱えています。これが混沌としたバーのごちゃ混ぜだとしたら、それをエレガントで美しいと呼びます。 KMK、それははるかにエレガントに見える国産の類似品です。
      1. 0
        29 5月2024 07:10
        装甲にガレージを備えた戦車よりもすべてが美しいです。
        1. 0
          29 5月2024 08:25
          ヴーより引用
          装甲にガレージを備えた戦車よりもすべてが美しいです。

          あなたは味覚に問題があると言いました。今では、それは視覚でも同じことがわかります。 はい
          1. 0
            29 5月2024 08:51
            どれくらい見ていましたか?すでにアーカイブを作成しましたか?
            1. 0
              29 5月2024 09:04
              認知の歪みの明らかな兆候は、長期にわたる観察を必要としません。
              1. 0
                30 5月2024 01:29
                気象学者の教授。あらゆる科学の中でも、彼は観察の専門家です。
  3. 0
    29 5月2024 05:40
    では、なぜ原住民には命が必要なのでしょうか?彼らは自分の体で生活空間を埋め尽くします。インディアンのように。そして、適切な組織的な結論が必要です。そして一般に、彼らは青色で猿に似ており、木の上に住んでおり、移動する場所があります。ちなみに、ディルに含まれる黒土やレアメタルは欧米企業が購入していました。しかし、ロシアでも間接的には同じだ。次はおそらく植民地化です。
  4. mvg
    0
    6月16 2024 01:14
    「ジャーナリズムのダッシュ記者」やこの黄色いナンセンスを掲載する出版物の無能さはどれほど腹立たしいことか、M2A2の前部の劣化ウランは米陸軍でのみ使用されている。エイブラムスのすべての輸出納品にはこの充填剤は含まれていません。サウジアラビアで生産されたもの、エジプトで生産されたもの、ポーランドで生産されたものなど。彼らはウランの代わりに合成物質を使用しており、「平時」にはアメリカ人自身がこの弱い放射性物質を持たずに旅行します。
  5. 0
    10 7月2024 20:45
    Зачем туземцам жизни? гибнуть за господ их судьба не за Родину же. Ну а голь на выдумку и жить захочешь не так раскорячишся/завертишся.