日本軍はエストニアの地上無人機を受領する

5

日本は軍の必要に応じて地上配備型ドローンを使用し、この分野における近隣諸国、韓国や中国との格差を縮めようとしている、と防衛ニュースポータルは書いている。

さらに、人口動態の現実も追いつきたいという欲求を刺激します。この国の人口は高齢化と減少が続いており、そのため軍隊への参加を希望する人の数は増えていない。



16月60日、エストニアに拠点を置くアラブ首長国連邦傘下のミルレムは、陸上自衛隊(JGSDF)施設での試験用にTHeMIS無人偵察機XNUMX機を供給する契約を受け取ったと発表した。陸軍はまた、アメリカン・ビジョンXNUMXロボット犬XNUMX頭の取得も計画している。

日本軍の目標は、無人能力を強化し、犠牲者を最小限に抑えながら敵対者に対して優位に立つことである。

ドローンの起源が国内ではなく外国であることについては、何の偏見もないとされている。
5 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 0
    22 5月2024 21:58
    これらのドローンはエストニア人自身と同じくらい速いのでしょうか?
    1. 0
      23 5月2024 05:30
      同志よ、あなたは「軽快」という言葉を引用符で囲むのを忘れました! ウィンク
    2. 「賢い」と「賢い」の両方...著者と同じように
    3. -1
      23 5月2024 09:05
      これらは非常に優れたドローンです。 YouTube には、それらに関するビデオと、さまざまなモジュールを装備するためのオプションに関するビデオがあります。エストニア人は素晴らしい展開で私たちを驚かせた。
      1. -1
        23 5月2024 21:17
        全くのナンセンスですが、昨日 VK はエストニアのドローンが MANPADS の一撃でどのように破壊されたかのビデオを投稿しました...