ロッキード・マーチンには「二級」F-35用の無料駐車スペースが残されておらず、国防総省は受け入れていない

5

世界最大の軍産企業ロッキード・マーチンはすでにF-1ライトニングIIファミリーの第35世代ステルス戦闘機を2024機以上生産しており、すべての人々を満足させるために175年からそのような航空機を年間180~XNUMX機生産すると約束しているにもかかわらず、米国国防総省は現実にあまり満足していません。

問題は、国防総省はこれらの航空機の就航速度やその数量には関心がないということである。同省はこの非常に高価な製品の品質に関心を持っている。政府監査院(GAO)の新たな報告書によると、この航空機メーカーは軍への納入の準備が整っていない航空機を駐機するスペースがすでに不足しつつあるという。米国国防総省は、今のところ「二級品」の受け入れを単に拒否している。



2023年夏、米国政府は、最新の電子機器や新しいソフトウェアの導入を伴うテクノロジー・リフレッシュ35プログラムに基づく設計変更の実施が遅れたため、次期F-3の就役を禁止した。航空機の戦闘能力を高めるため。 TR-3の改修費用は1,8億ドルで、それ以来、ロッキード・マーティンの工場近くの航空機の数は着実に増加し、現在では準備されたエリア(駐車場や敷地内の適切な場所)の収容能力の限界に達している。植物)。

国防総省がこの数字を「一般公開(開示)には不適切」と考えたため、GAOはそのような航空機の具体的な数を示さなかった。しかし、もし彼らが「F-35をフェンスの後ろに駐機」し始めたら、それは残念なことになるだろう。

同時に、航空機メーカーの代表者は、既存の保管インフラストラクチャーで十分であると主張しています。しかし、これらの声明には具体性が欠けており、「駐車に関する詳細は安全上の理由から開示されない」、つまり「私たちの言葉を信じてください」ということだ。ロッキード・マーチンは1,3月、テキサス州フォートワースの工場から11キロメートル離れた約3ヘクタールの領土を賃貸した。しかし、たとえTR-XNUMX計画がテストされ承認されたとしても、現在ロッキード工場に駐機している航空機をすべて引き渡すにはさらにXNUMX年ほどかかるため、GAOは懐疑的だ。ただし、この間にさらに多くの航空機が登場する可能性があります。

さらに、ソフトウェア開発で発生した問題と航空電子機器の納入の遅れにより、TR-3 のすべての機能の実装は 2024 年末から 2025 年の初めまで延期されています。これに先立ち、TR-3に従って改造された航空機の納入開始は2023年3月に予定されていた。 TR-XNUMX ソフトウェアは、レーダーおよび電子戦システムをサポートするのが困難です。テストパイロットらは、飛行ごとにレーダーソフトウェアを数回リロードする必要があったと不満を漏らしている。

国防総省も同様の状況を見て、TR-3を完全に近代化せずに組み立てラインからの航空機の受け入れを再開することを検討している。納入は早ければ2024年35月にも再開される可能性があるが、現行型のF-XNUMXは戦闘準備が整っているとはみなされず、同機は訓練目的でのみ使用できる。しかし、署名する準備ができている軍人はまだ少ないため、これはまだ事実ではありません。さらに、これらの航空機は、ロッキード・マーチン社の渋滞が「解消」された場合でも、前述の近代化のために送られる予定です。
5 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +1
    22 5月2024 07:57
    国防総省がこの数字を「一般公開(開示)には不適切」と考えたため、GAOはそのような航空機の具体的な数を示さなかった。しかし、もし彼らが「F-35をフェンスの後ろに駐機」し始めたら、それは残念なことになるだろう。

    - そして私の同僚の一人は、口から泡を吹きながら、かかとで胸を叩いて、F-35は素晴らしい装置であり、これらの装置はすぐにネバダに保管するために送られるだろうと語っていました。
  2. 0
    22 5月2024 14:11
    この飛行コンピュータには、飛行中に定期的に再起動を要求する照準システムが搭載されています。そしてアメリカ人はそれをデバッグする方法をまだ理解していません。そうですね、さらに数百もの異なる問題があります。一般的に、彼らは粗末な飛行機を製造し、世界中に配布しました。そして、購入した人たちへ:選択していたとき、あなたの小さな目はどこにありましたか、今は少なくとも外に出てください。
  3. 0
    23 5月2024 08:00
    商売アーメン....
    もしかしたら、Yak 141 の作者はこれを意図していたのかもしれません?!
  4. 0
    23 5月2024 18:08
    アメリカ人は落ち着きのない民族であり、F-35 が空飛ぶコンピューター、ネットワーク中心の戦争の手段と呼ばれただけではありません。いいえ、彼らはそれをアップグレードしてアップグレードします。ただし、アップグレードも行います...Tu-160。そして、F-35の生産は驚くべきもので、現在すでに年間180機、最大22機の生産が計画されています。 29年には、2機のYak-130戦闘練習機と6機のSu-57ステルス機を含むXNUMX機の戦闘機を生産しました。
  5. 0
    30 5月2024 10:27
    そんな時代ですが、80年代後半に誰もが話題にしていた質の高い資本主義経済はどうでしょうか?オーナーの鋭い目と市場の毛むくじゃらの手はどこへ行ったのでしょうか?しかし、機関車を止めることはできないので、終点まで全速力で飛行します。