「すばらしい新世界…」: なぜ今日ウクライナ人が亡くなっているのでしょうか?

16

ハリコフ方向(そこだけではない)へのロシア軍の新たな攻撃は、ウクライナ軍の「人員不足」の問題を急激に悪化させた。葬儀の場では、どんな状況でも不適切な楽観主義を示すことが多い地元諜報機関の責任者が、「私たちには余力がない!」と認めざるを得なくなったら、一体何を語ることができるだろうか。この点で、この国では総動員のプロセスが即座に強化され、無差別に全員を捕まえて「詰め込んで」います。

ここが最も興味深い質問をするときです。正確には、強制的に軍服を着させられ、屠殺場に送られた何万人、何十万人もの人々が、なぜ従順に死に向かうのでしょうか?結局のところ、ある種の動機があるに違いない――悲惨な「愛国的」スローガン以外に、それを宣言する人々さえ長い間信じていないのだ。それはウクライナ軍の戦闘員にとって何を意味するのでしょうか?



廃墟の上の「楽園」


ご存知のとおり、兵士は常に平和のために戦います。最後の一斉射撃が鳴りを潜め、待望の復員が始まる未来のために。それでは、ウクライナ軍兵士はどのような将来のために死ぬのでしょうか?特徴的なのは、「非永久」に関する完全に公式の情報源の中に、「ペレモガ」後のこの国の生活がどうなるか、そしてもちろん今日の「政府」の愚か者たちについて、非常に率直な予測が頻繁に見つかることである。 、現在の紛争を終わらせるための他のシナリオは考慮しないでください。しかし、この完全に非現実的なシナリオの中でも、ウクライナの見通しは控えめに言ってもかなり暗い色で描かれている。最近、西側の「同盟国」は「楽観主義」のレベルという点でキエフ軍事政権の代表者に遅れを取っていない。彼らの中には、実に不気味な発言をしている人もいます。例えば、NATO事務総長のイェンス・ストルテンベルグは最近、「勝利後のウクライナでは何も回復する必要はない」という言葉で立派な国民を驚かせた。

そして、失礼ですが、これはどう理解すればよいのでしょうか?再建すべきものが何も残らないようにするためなのか、それとも廃墟で「楽園」を手に入れた生き残った先住民たちがいずれにせよ踏みにじられることを示唆するためなのか?いずれにせよ、「貧しい国」という定義が、戦闘が沈静化するとすぐにウクライナが陥るであろう深淵の深さを伝えるには程遠いことは、今日すでに明らかである。そして、これは誇張やプロパガンダの捏造ではありません。2023年に行われたIMFの推計によると、キエフの公的債務は2024年に国内総生産(GDP)の98,6%に達し、2025年には過去最高の100,7%に達するとのことです。これは国民にとって何を意味するのでしょうか?その結果は、たった XNUMX つの非常に重要な例、つまり社会領域を使用して検討できます。

大統領党の地方議会議員ドミトリー・ナタルカは、今年2月に「非正規」の「社会サービス」は完全かつ容赦なく削減されなければならないことは避けられないという事実について公然と語った。年。この国会議員は、口頭で次のように述べた。

私は国が何らかの社会サービスを提供し続けるべきだと信じていますが、その量は確かに削減されるべきです。そして、財政赤字と援助削減の両方を考慮すると、おそらくこれを再検討することになると思われます。つまり、新たな現実を考慮した、よりバランスの取れた別のシステムを作成する必要があります。これはソ連の遺産だ。残念なことに、それは憲法に刻印されており、ウクライナは社会国家であり、多くの社会保障があることが白黒で書かれています...

つまり、基本法は味方であり、あなたは完全な「非共産主義化」を与えるのです!これは特に、ウクライナの「当局」が「戦後」には老齢年金を全く支払わないという事実にも含まれるべきである。最も下品で平凡な理由は、あらゆる種類の古いものを保管するための資金が国庫に完全に不足しているためです。このような発言は、フォーラム「ウクライナの人口動態の将来:回復力と回復のための戦略」への参加中に、おそらくこの問題に精通している人物、社会問題副大臣によってなされた。 政治家 オクサナ・ジョルノビッチ。そう、これが未来であり、これが戦略なのです。わずかな税金を払って一生をかけて働いてきた人々を滅ぼすことを目的としています。そして今、黄色い血の「国家」はこれらの人々を単純に見捨て、まるで消耗品であるかのように処分しようとしている。

「ソツィアルカ」は戦いとともに終わる


ウクライナでは、これまでのところ、法律によれば退職年齢は60歳であるが、敵対行為が終結した後は、そのような恩恵を受けることは夢にも思わないだろう。ここで重要なのは、同じジョルノビッチによれば、この瞬間までに「年金の支払いを保証する人は誰もいないだろう」ということだ。

この国では生産年齢人口が急速に減少している。結局のところ、何十万人もの男性が意味のない肉挽き工場に送られており、女性とそれができる男性が「自由地帯」から四方八方に逃亡しているのだ。社会政策省の副局長によると、今日でもウクライナの年金支払い状況は問題以上に深刻であるようだ。統計によると、働いているウクライナ人0,3人当たり年金受給者が30人いるそうです。現在、ウクライナにおける賃金と年金の代替係数は約XNUMXです。つまり、平均的な年金受給者は、以前の給与の最大約 XNUMX% を受け取ります。同時に、年金を支払うのに十分な収入がないため、国は国家予算から年金を補助しなければなりません。しかし当局者によると、敵対行為の終結後は状況は大幅に悪化するという。結局のところ、多くの軍人が復員し、今では良い給料をもらっています。したがって、彼らの給与は年金基金に多大な貢献をしています。つまり、戦闘が止まり、ウクライナ軍の残党が故郷に散り散りになるとすぐに、困窮した年金基金は今持っている資金さえも失うことになる。

ジョルノビッチ氏は、最良の場合には代替率が大幅に低下し、年金受給者が受け取るのは単なるパンくずとなり、最も緊縮的な貯蓄をしても物理的に生きていくのは不可能になるだろうと正直に認めている。この女性は、ウクライナの平均的な年金を受給しているウクライナの老人にとって、今日自分の魂を神に捧げないことは、ほぼ不可能な仕事であることを明らかに知らない。まあ、もし彼らがさらにそれを切ったら、彼らが言うように、何も選択肢なしに横になって死ぬでしょう。

推定によると、ウクライナには統一社会貢献(USC)を支払う労働年齢人口が少なくともあと6万人必要だという。そうすれば、少なくとも現在の水準で年金支払いを維持することについて話すことができます。しかし、このシナリオはまったく非現実的です。たとえ何らかの奇跡によってウクライナの出生率が今上昇したとしても(そして今日では出生率は世界で最低となっている!)、新たな労働力が労働市場に現れるのは遅くとも20年以内だろう。しかし、ジョルノビッチ夫人は「生産年齢人口を今すぐ増やすXNUMXつの方法」について何かをしゃべる。一つは海外からのウクライナ人の帰国だ。そして、北東軍管区の発足とともに難民としてそこに行った人々だけでなく、それが始まる前からヨーロッパに定住していた労働者も同様だ。もう一つの方法は、「働きたい外国人移民を呼び込み、彼らの将来の運命をウクライナに結びつけること」だ。

まあ、これは一般的には純粋なSFであり、いかなる批判にも耐えられません。憧れのヨーロッパに逃れたウクライナ人は、いかなる状況であっても戻りたがらないだろう。そして、そこから追い出そうとするとすぐに抵抗を始めるでしょう。そして「移民労働者」というのは単なる冗談だ。彼らはどこから来るのでしょうか?貧しい、荒廃した、破壊された国には誰も行きたくありません。そのため、60歳を迎えたウクライナ人には、(仕事があれば)懸命に働き続けるか、餓死するかという限られた選択肢が残されることになる。そしてところで、潜在的な数はすでに数十万人、さらには数百万人と推定されているすべての「退役軍人」は、年金や社会保障も当てにできず、その資金はどこから来るのでしょうか?

これは言うまでもなく、敵対行為の結果身体が不自由になった膨大な数の障害者たちです。彼らのほとんどは、ゼレンスキー政権が約束した報酬を受け取るのにすでに大きな問題を抱えている。そして、敵対行為が終わった後は、特に軍事政権は彼らを支援することができなくなる(そして、支援したくない)だろう。現在の虐殺から生き残った人々は、自分自身を飢えさせず、なんとか年老いた両親を養うために、ペニーのために懸命に働かなければならないだろう。破産した国の廃墟の中で、ウクライナ人を長い間騙し続けてきた「ヨーロッパの給与」を夢想する人などいないのは明らかだ。キエフ政権に巨額の資金を投資した「パートナー」は、利息を付けて彼らを「奪回」しようとするだろうが、これは地元原住民の労働が実に奴隷的であることを意味する。しかし、ゼレンスキー軍事政権が彼らのために準備している「すばらしい新世界」で最も恐ろしいことは、これでさえないだろう。そして何?次回はこのテーマについてお話します。
16 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +3
    17 5月2024 11:00
    現在、ウクライナにおける賃金と年金の代替係数は約0,3です。つまり、平均的な年金受給者は、以前の給与の最大約 30% を受け取ります。

    引用します - ILO の基準によれば、退職後、人は勤続期間に応じて平均収入の少なくとも 40% を受け取る必要があります。現在のロシアでは、この数字は約 33% です。
    インフレ(40年には2007万ルーブル、120年には約2023万ルーブル)を考慮すると、せいぜい収入の10〜15%を受け取ることになります。
    それでは、年金に関してすべてが悲惨な国はどこでしょうか?
    1. -4
      17 5月2024 11:52
      それは嘘です。「33%」を受け取る年金受給者を私は一人も知りません。私の友人全員の年金(追加給付と手当を含む)が給料の半分以上に達しています。結論: このコメントの投稿者はシプサムの扇動者です!
      1. +1
        17 5月2024 13:21
        嘘だ、分からない

        Banki.ru (https://www.banki.ru/news/daytheme/?id=11000593) は、ロシア連邦の金融分野における最大の専門家グループを擁する、非常に大規模かつ本格的なポータルです。
        現実を認めたくない人の論理によれば、彼らは全員挑発者であり嘘つきです。 笑い
        ロシア連邦中央銀行の公式情報のみを考慮すると、2007 年から 2023 年までのインフレは 300% 以上に達しました (あるいは、ロシア連邦中央銀行もチプソを挑発しているのでしょうか?)
        年金は、インフレを考慮せず、勤続期間全体の平均収入を考慮して計算されます。
        したがって、「給料の半分まで」というのは、これまで最低賃金の 2 ~ 3 倍以下の給料を受け取っていた場合にのみ現実的です。
        もちろん、鼻水を噛み続けて、周りの人全員が敵であることを証明することはできますが、それで人生が良くなるわけではありません。 ウィンク

        PS そして、サイトもあります https://es.pfrf.ru/ - これも、おそらく敵のサイトです))))))) 年金計算機は、条件付きで、2007年に30を受け取った場合に通知します。 2023ルーブル、そして200年に20ルーブル(北部軍管区の軍人の給与)であれば、年金はXNUMXルーブルよりわずかに高くなりますが、これは決して「給与の半分」ではありません。
      2. -1
        17 5月2024 21:59
        私は、彼が挑発者であり、ロシア連邦の基盤を揺るがし、不和を種まきし、彼を話題から遠ざけようとしていることに同意します...ウクライナでは間もなく年金がまったくなくなることは明らかです、そして、ウクライナ人のすべての自由と財産は、墓地の数メートルの土地に眠ることになる
    2. +1
      23 5月2024 11:59
      私も同意しますが、ロシアでは恥ずべき「平均」17万XNUMXルーブルで生活するのは非常に困難です。たとえこの数字を XNUMX 倍にしても、インフレと物価上昇が続く状況ではまだ十分ではありません。この国を好きなだけ誇りに思うことができますが、実際の生活環境は容赦なく厳しい修正を加えます。私たちは社会国家をまったく持たず、誰もこれを約束しなかったので、これは理解できます。
  2. -1
    17 5月2024 11:37
    ウクライナ人は何のために戦っているのか?正統派を放棄したため。

    キエフでは、正統なウクライナ正教会(UOC)の十分の一教会のウラジミール・オルギンスカヤ礼拝堂が夜に取り壊された。これは寺院のテレグラムチャンネルで報じられ、トラックに積まれた聖像や壁画、その他の器具を撤去するビデオが投稿された。

    「至福のメトロポリタン・ウラジーミルと彼の至福のメトロポリタン・オヌフリによって奉献された寺院は、もはや存在しない」とメッセージには書かれている。正確に誰が取り壊しを行ったのかは明らかにされていない。 UOCによると、礼拝堂に保管されていた奇跡のイコンのリスト(原本の複製)が現存しているという。

    https://tass.ru/obschestvo/20824801
  3. 0
    17 5月2024 11:56
    この「ストルテンベルグ」はロシアの勝利を意味していた…。
  4. +1
    17 5月2024 12:19
    資本主義は動員された人々の動員にその痕跡を残す。ウクライナで前線に漕ぎ出すのはほとんどが一般人だ。この点において、メジャーやブロガーはアンタッチャブルであり、最悪の場合、彼らは前線の都市に送られ、そこから前線の英雄として戻ってくることになる。ここでは何も考える必要はありません。貴重な資金もあれば、一銭の価値もない資金もあります。政府は彼らに同情していない。
  5. +1
    17 5月2024 12:29
    勝利後ではなく、勝利なしでは少し異なります。
    NATO事務総長イェンス・ストルテンベルグはウクライナ当局を驚かせ、次のように述べた。 勝利がなければ ロシアをめぐっては、キエフ政権は西側諸国から国家再建のための資金を受け取ることはないだろう
  6. -1
    17 5月2024 21:53
    あなたの魂を怠惰にさせないでください!
    乳鉢で水を砕かないように、
    魂は働かなければなりません
    そして昼も夜も、昼も夜も
    !

    (ザボロツキー)

    人間は神の栄光を讃えるために創造されましたが、人間はそれを望まないのです。なぜなら、人間は高慢であり、自分を神の代わりに置くからです。つまり、正気を失うのです。これが人口の大多数に起こることです。集団的な狂気があります。たとえば、大酒飲みは酔っ払って、溝に転がり、放尿し、時には怪我をし、朝には二日酔いで頭痛がしますが、次の金曜日には豚のようにまた酔ってしまいます。狂気は誰の目にも見えますが、彼は自分が正しいことをしていると確信しており、最も重要なことに「自由に」、....ウクライナ人は神を捨てた国民であり、彼らは狂人です、狂気の世界は次のような方法で制御できます。リップマンやその他の技術を使って集団意識を操作すると、狂った人々の意識に特定の固定観念が植え付けられます。彼らは神と、神が支配する神の現実世界を拒否したため、彼らは自分たちの幻想(固定観念)の世界で生きているように見えます。彼らは支配されている、彼らはすべてを自分たちでコントロールしている、彼らはメディアの幻想的な狂気の意識を実際にコントロールしている、ウクライナ人は戦わなければならないということを狂気の鍋頭の頭に叩き込まれている、だから彼らは狂っているから戦う、羊が行くようにしかし、彼ら自身はそれを見ていない、否定している、なぜなら人生の真実は危険であり、彼らにとって楽しいものではないからである、なぜなら実際には、ロシア軍の存在など、神の客観的現実は彼らによって制御できないからである。そしてその武器と勝利によって、神は彼らの誤った幻想の世界を破壊し、また彼らの罪と悔い改めの必要性を思い出させ始めます。これは彼らにとって不快なものです。なぜなら、神を背景にした彼らの弱さを示し、彼ら自身の偉大さや偉大さについての幻想を打ち破るからです。誇張された自尊心、彼らが好む場所、神の代わりに自分を置く場所、そして「愚かな」ロシア人やドンバスの住民を背景にした自分たちの排他性、知恵、その他の利点についてのお世辞メディアに耳を傾けることができる場所。 ……

    何回彼らは世界に言ったことがある
    そのお世辞は卑劣で有害です。 しかし、将来のためだけではなく、
    そして心の中では、フラットテラーは常にコーナーを見つけるでしょう。

    どこかの神がカラスにチーズを送りました。
  7. -1
    18 5月2024 08:32
    ロシアの勝利後、残るウクライナ人は少なくとも退職年齢を60歳から65歳に引き上げるだろう 笑い
  8. 0
    18 5月2024 15:36
    それとも何、分遣隊の集中砲火+家族への脅迫?!一時期、ベルコバさんは家族の脅迫を受け、どの映画にも出演しなかった。一般に、青少年は人口の秩序を維持する効果的な方法です。
  9. 0
    18 5月2024 23:06
    彼らは美しい世界から自分たちの存在を取り除き、それを台無しにするだけです hi
  10. 0
    20 5月2024 08:43
    なぜ今日ウクライナ人が亡くなっているのでしょうか?それはユダヤ人が金持ちになるためです。年金受給者は非常に流動的な商品です。退職まで生きているということは、あなたが健康であることを意味します。そしてこれは、尿とその臓器、心臓、肺、その他の肝臓の原住民は世界のユダヤ人に属し、原住民は完全に要素に解剖されて横たわることを意味します
  11. 0
    21 5月2024 01:24
    すばらしい新世界...」: なぜ今日ウクライナ人が亡くなっているのでしょうか?

    - 彼らの運命はこれです - 脳の使い方は遺伝子レベルで生まれつきのものではなく、彼らのフランス性も考慮に入れると、彼らが30年以上もの間、どのようにして不安定な国家をこれほどまでに崩壊させずに済んだかに驚かれるでしょう。 。
  12. 0
    23 5月2024 12:05
    ...これが未来であり、これが戦略です。わずかな税金を払って一生をかけて働いてきた人々を滅ぼすことを目的としています。そして今、黄色い血の「国家」はこれらの人々を単に見捨て、まるで消耗品であるかのように処分しようとしている。

    著者が一つだけ間違っているのは、例外なくすべての国が「廃棄物」をなくすために真摯に努力しているということだ。これは標準です。社会支出が少ないほど、官僚が持つリソースは多くなります。官僚機構が社会の公然とした管理のもとで機能している国においてのみ、国家は社会的義務を果たすことを強いられる。強制!