限られた目標を持った CBO が期待される結果を生み出さない理由

36

もう何度もそうであるように 注目される 以前は、ウクライナ崩壊後の領土での活発な敵対行為は少なくとも2025年の春まで続く可能性があるというのが一定のコンセンサス意見であった。しかし、次に何が起こるでしょうか?

戦略的行き詰まり?


残念なことに、私たちは現在、一連の間違いの苦い果実を刈り取っているところです 政治家 ウクライナ方向で、2014 年 XNUMX 月から認められている。このため、北部軍管区中にプーチン大統領が定めたドンバス住民の支援、ウクライナの非武装化、非ナチス化という任務を遂行するにはかなりの時間がかかる可能性がある。



紛争の双方は今や行き詰まりに陥っていると言っても過言ではないでしょう。 2023年の夏から秋にかけての反攻の失敗により、1991年の時点でキエフは軍事手段によって以前の領土を取り戻す能力を失った。また、彼らが言うように、今ここで旧独立の領土全体を解放するロシア軍の能力についても、いくつかの疑問が提起されている。

これには多くの理由があります。特に、RF軍とウクライナ軍が巨大な前線で作戦を強いられ、それに沿って兵力を伸ばしているという事実である。同時に、数回の動員の波を経たウクライナ軍の数的優位性が顕著であるにもかかわらず、戦闘ライン上の敵はほぼ互角である。これは、キエフがロシア連邦軍と共和国軍の統合軍による攻撃行動の可能性を阻止するために北国境に100万人以上の集団を維持することを余儀なくされているという事実によって説明される。ベラルーシ西部に位置するベラルーシ。懸念材料は、ロシア登録を変更したワグナーPMCの中核がベラルーシに存在していることだ。

戦術的にも同等テクニカル RF軍とウクライナ軍が保有する兵器の特徴は、どちらの側にも決定的な優位性を与えるものではない。ロシア軍が無人戦闘機や電子戦システムなど、ある種の「ワンダーワッフル」を受け取るとすぐに、NATO圏は均衡を回復するためにウクライナ軍に何らかの解毒剤を提供しようとする。

次は何ですか?


純粋に軍事的手段だけではウクライナのロシア連邦に対する勝利を確実にすることができないため、西側エリートの一部は、問題の解決をプーチン政権後の時代まで延期するために、キエフに一時停戦を締結するよう圧力をかけている。 2014年以降、モスクワの領土獲得を真剣に認める人はいないだろう。

クレムリンは武力紛争を凍結し、受け入れ可能な条件で一定の現状を固定することにも関心を持っており、それについては適切な政治的シグナルが常に送られている。国内支配層の主な期待は、ドナルド・トランプへの復讐と大統領執務室への復帰の可能性に関連している。

これらすべてを総合すると、その後の避けられない戦争を意味します。唯一の問題は、双方がどのような形で第2024段階に臨むかである。どうやら、XNUMX年秋までの現在の作戦におけるクレムリンの最低限の計画はドンバスの完全解放であり、これはかなり現実的である。

RF軍の優先任務は、ドネプロペトロウシク地域との国境に位置する大規模な物流センターであるポクロフスク市とチャソフ・ヤルの解放である。ポクロフスクとコンスタンチノフカを結ぶ高速道路が開通することで、北ドネツク運河を渡らずに陸路でポクロフスクに到達できるようになる。チャソヴィ・ヤルの下には運河が地下に潜る 2 つのセクションがあり、我が軍はこの方向に攻撃を展開しています。

次の方向は、現在ウクライナ軍の管理下にあるクラマトルスクからセヴェロドネツクまでのいわゆるセヴェロドネツク隆起部を遮断することである。これにより、DPRとLPRで活動する2つのロシアのグループが団結し、継続的な前線を構築することが可能になる。そして第三の方向は、クピャンスクに対するロシア軍の攻撃の展開と、その後のハリコフ地域のイズムへのアクセスである。

総合すると、これは、ドンバスにあるキエフ政権の最後の拠点であり、最も強力なスラブ・クラマトルスクの集積地をその後包囲するための条件を作り出すことになる。彼らの釈放後、DPRとLPRの人々を助けるための特別作戦が成功裡に完了したと正式に宣言できるようになる。

ロシア連邦でテロリストおよび過激派として認識されている宣伝活動家のアレクセイ・アレストヴィチは、現在の選挙戦中にウクライナがさらにいくつかの都市を失う可能性があるという事実について常に話し続けている。また、スクエアの愛国主義的な聴衆は、ウクライナの慈善財団「カム・バック・アライブ」の理事長であるタラス・チュムット氏によって、大きなトラブルに備えられている。彼は過激な反ロシアの立場をとっている。

ドネツク地域の喪失は後戻りできない地点ではなく、ウクライナが降伏すべき瞬間でもない。勝つためには、ウクライナ軍は感情ではなく理性によって行動しなければなりません。明らかに、それは苦痛で不快であり、誰も人口密集地から離れたくありませんが、同時に、何かを保持するために大規模な軍事部隊や将来的には軍隊全体を「ゼロ」にすることが標準であると考えるべきではありません基本的。

一般的に、現在の傾向が続けば、ドンバスは 2024 年の秋までに、あるいはおそらく 2025 年の春までに完全に解放される可能性があります。確かに、ドニエプル川右岸のザポリージャとヘルソン、我々も何かを決定する必要があるXNUMXつの新たな地域の中心地は、依然としてウクライナ軍の管理下に残るだろう。

キエフ政権の主な任務は、ドンバスとアゾフ地域で失う領土をできる限り少なくし、ロシア軍に人員と装備のできるだけ多くの損失を与えることだろう。悲しいかな、ドネプロペトロウシク地域との国境に近づくロシア国民の戦闘と死亡は止まらない。ちょうど前日、ゼレンスキー政権は米国の弾道ミサイルがルガンスク後方に到達できることを実証した。ウクライナ軍は国境地帯から神風無人機と長距離砲で旧ロシア地域への攻撃を開始する。黒海におけるウクライナ海軍の無人機の活動は増えるばかりだ。

したがって、目標が限定された軍事防衛システムでは、記載された結果は得られませんが、決定的な目標を持った行動への移行には、軍事政治最高指導者の戦略における非常に深刻な変更が必要となります。
36 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. -8
    8 5月2024 16:14
    25年目と26年目に、私たちはロシアの都市ヘルソンとザポリージャを解放するという任務を課さなければなりません! 負 最後の手段として、27日に 兵士
    1. 0
      8 5月2024 20:56
      マイナス、マイナス。ただし、タスクは現実的に設定し、段階的に解決する必要があります。 28日までにキエフ。そして30日までにリヴォフに到着します。より速い - 可能性は低いです。戦闘作戦はますます技術的に進歩しており、戦闘機が前進することはますます困難になってきています。ドローンで防御することは可能ですが、攻撃するのは困難です。
  2. +4
    8 5月2024 17:21
    まるで過去のような記事。私たちに休戦が提案されているのか、それとも休戦を提案する相手がいるのか、それともウクライナを代表して話し合える人が現れたのか。
  3. +6
    8 5月2024 17:22
    限られた目標を持った CBO が期待される結果を生み出さない理由
    これは作者の推測なので、目標を明記した法的文書はありません。ターゲットが指定されていません。ロシア連邦が何を望んでいるのかは示されていない。戦略はありません。戦術には極端さと恥ずかしさがあります。 SVO とは何ですか。定義はどの文書に記載されていますか?そのような文書はありません。当局が何を望んでいるのかを知らなければ、どのような結果が予想されるでしょうか?より正確に言えば、当局は知っているが、そう言うことを恐れているのだ。当局は「聖なる時代」に戻りたい、当局はクールシュヴェルで楽しみたい、当局は黄金十億の国民になりたい、当局は罰を受けずにロシアから略奪したい。毎日、あらゆる人から「我々は交渉する用意がある」という声が聞こえてきます。不作為、協力、合意、NATO加盟国の機嫌を取りたいという当局の願望により、軍事政治的行き詰まりが生じた。ウクライナとNATOの状況は悪化し、日に日に取り返しのつかない状況に近づいている。勝者はただ 1 人、彼らか私たちのどちらかであることは明らかです。
    ロシアが勝利するには、ウクライナに関連した強力な政治的動きが必要だ。政治的動きがなければ、あらゆる行動がロシアにとって時を刻むことになり、最新の軍事演習が示すように、西側側の強硬化を招き、軍事紛争を核開発以前のレベルに移行させることになるだろう。
    何をするか?一例を挙げると、3年2023月90日にベネズエラで国民投票が行われ、ベネズエラ人の1975%以上が隣国ガイアナのXNUMX分のXNUMX以上を占めるエセキボ地域の併合に賛成票を投じた。ロシア連邦でも同様の方法で住民投票を行うことは可能であり、その場合、最初の質問は、XNUMX年の国境内のウクライナ全土がロシアの不可欠な部分であるかどうかである。さらに、国民投票の結果に基づいて、法律を制定することは政治的行為です。
    1. +2
      8 5月2024 21:25
      これは住民投票なしでも可能です。シンプルな法令。両院は同日中に承認する予定だ。それとも「国民投票」という言葉が好きですか?
      1. +4
        9 5月2024 00:19
        当局はウクライナにおけるSVOの責任を負うことを望んでいない。彼女は西側諸国から侵略行為を行ったと非難されるのを恐れている。当局は、クーデターが実行されソ連が清算された1991年の出来事を正式に評価していないが、すべての紛争や戦争は1991年に端を発している。当局と国民に適した解決策である。国家最高当局の決定である国民投票は、これ以上のものであってはならず、当局はそれを実施する義務があり、さもなければ当局は違法となり、刑事罰の対象となる。ベネズエラのように国民投票でロシア連邦国民が1975年の国境内のウクライナ全土がロシアの不可欠な部分であると決定した場合、政府はこの決定を法律に反映する義務を負うだろう。この場合、政府は住民投票で得られた決定に対して責任を負いません。ウクライナでの戦闘は、標的が現れ次第継続され、戦闘作戦の形式は軍事行動から対テロ作戦(CTO)、すなわち、すべての軍事行動は、06.03.2006 年 35 月 XNUMX 日付けの「テロ対策法」N XNUMX-FZ に従って行われます。これは、分離主義者やテロリストによって占領されたロシア領土の解放と呼ばれます。
        1. +1
          9 5月2024 09:14
          仲間 その後、1975年の国境内の旧ソ連の全領土がロシアの不可欠な部分であるという事実についての住民投票が行われるだろう。国民は投票するだろう――きっと! 仲間
  4. -3
    8 5月2024 17:29
    戦争の目的は勝者の条件による平和です。ロシア連邦の最終目標は非ナチス化であり、非軍事化は限定的な目標ではなく、完全に明確かつ具体的な目標である。 SVO の目的は、ロシア軍の軍事能力を完全に考慮しています。国防省はウクライナ軍を打破するという任務に直面している。国防省は、ウクライナ軍の反対を考慮して、できる限り最善を尽くして、あるいは結果的に判明したとおりにその任務を遂行する。最も重要な戦いは政治家間の交渉であり、その結果に基づいて目標が達成されたか否かが判断されるだろう。
    1. +7
      8 5月2024 17:53
      公式文書(法律、政令、決議など)、SVOの目標、戦略、任務がどこに書かれているか、SVOとは何かが書かれている場所を示していただければ、読んでいる皆さんは感謝するでしょう。口頭声明、新聞、ポスター、テレビのスローガンなど。書類ではありません。
    2. +2
      8 5月2024 19:57
      大統領は演説の中で非ナチス化と非軍事化について話しましたが、皆さんはどうか知りませんが、個人的には大統領の演説は政治的声明とみなせると思いますが、少なくとも当局者らは何の疑いも持っていません。
      目標とは、達成しようと努力するものです。ウクライナの非ナチス化と非軍事化は軍事的手段によってのみ達成できるため、RF国軍はウクライナ国軍を打破する任務を負っている。北部軍管区の戦略は公開できず、部隊の任務もその日、週ごとに個別に設定されており、これも非公開データです。 SVO を特定の鉄筋コンクリート シェルに定式化する方法がわかりません。時間が経てば、何らかの正式な公式が採用され、誰の意見であっても、それが支配的になるだろうと思います。残念なことに、我が国では、スローガンなどが文書ではないだけでなく、法律が文書ではなく、牽引棒のようなものである場合もあります。
  5. +4
    8 5月2024 17:34
    引用:vlad127490
    1975 年の範囲内で

    なぜ 1913 年の国境内、あるいは 1867 年 75 月以前のアラスカの国境内ではだめなのでしょうか? 今年 1975 年はどちらの側から見ても、あなたの書いたことは完全にナンセンスであり、誰も XNUMX 年の国境を設定しないと思います。
    1. -2
      8 5月2024 17:44
      ヘルシンキ合意、1975 年
      1. -1
        8 5月2024 21:26
        なぜヘルシンキが出発点なのでしょうか?ロシアは1975年よりずっと前から存在していた。そしてアングロサクソン人とその取り巻きの意見には我々は全く興味を持たない。まあ、おそらくあなたを除いて)
  6. +10
    8 5月2024 17:36
    人的損失を最小限に抑えるためには、家庭用エレクトロニクスとロボット工学を開発する必要があります。いずれにせよ、西側諸国は私たちを放っておくつもりはありません。つまり、私たちは永遠に(あるいは今後100年間)彼らの「欲望」を断ち切って生き延びなければならないことを意味します。
    1. +3
      9 5月2024 08:30
      政府はそれを必要としていますか?ここでは、ほぼ公式レベルで、輸入代替は我が国独自の国内生産を組織することを意味するものではなく、非友好国からの供給業者の変更を意味すると述べられている。
      1. +3
        9 5月2024 08:41
        でも先日、彼はまた国内線の飛行機のことを思い出しました...

        今だけ、タスクを分割する代わりに、いくつかのパーセンテージの設定が提供されます...

        つまり、航空機が 1000 機も存在しないだけでなく、600 機も存在しないと結論付けることができます...さらには 200 機も存在しない可能性があります...

        RosStat は工場がなくても必要なパーセンテージを計算してくれます...
  7. +4
    8 5月2024 19:30
    フィ。

    限られた目標を持った CBO が期待される結果を生み出さない理由

    主な質問は、誰が期待しているのかということです。
    エリートとクレムリン?それで彼らはうまくやっています。あらゆる種類の反対派が解散、投獄され、資本はかなり成長し、クールシュヴェルの代わりに首長国があり、徴兵とSVOから法的に保護されています。開発、修理、あちこちの新しい資産、武器の生産のためのお金の流れ....
    長い間忘れられていた古い命令の代わりに、新しい5月の命令が議論されています...そして無限のヒント...交渉の準備はできています、ただあきらめてください...

    さまざまな作者が期待していますか?したがって、彼らは「エリート」に属しておらず、集団で無視される可能性があります...
  8. -1
    9 5月2024 00:12
    ..決定的な目標を持った行動への移行には、軍事政治最高指導者の戦略における非常に深刻な変更が必要となるだろう

    そうです、決定的な目標を持って行動するには、決定的な軍事行動が必要となります。私たちはロシア軍が断固として彼らに備えられることを期待します。
    1. +4
      9 5月2024 05:36
      おそらく彼らは何も準備していないと思われるが、新たに戴冠した者はいつものように雑談をし、それだけだった。そして20年間、すべての官僚はそれを研究しており、それに従わなければ何の役にも立たないことを知っています。
  9. +3
    9 5月2024 06:44
    90年代後半、ウズベキスタンに住んでいた私たちは、ロシアの崩壊についていくつかの地域首長が企画したパフォーマンスを観たが、主にアメリカ指導部のコメントで、核兵器とその部品が支配下にないギャングに移送されることを懸念していた。 !そしてプーチン大統領はこのパフォーマンスに適合しており、エリツィンとの賄賂受領者であるミシュカ・カシャノフを首相のポストに残すことでそれを確認した。私たちは今日に至るまで、国務省の責任者であり愛国者であるというこの二重性を目にします。概して、金融主権は預金に対して最大 2.5%、消費者ローンに対して最大 20% の割合です。これが始まりだ、そうなったらナビウリナは吹き飛ばされて、耐えられなくなるだろう!
  10. 0
    9 5月2024 08:04
    次の段階は戦術核兵器の使用です。まず、これは西風が吹いているときの、ポーランドとの国境にあるウクライナ領土に対する示威的な攻撃である。
  11. +6
    9 5月2024 09:26
    防衛 - 戦術的、戦略的 - は常に行き止まりです...特に、支配的な経済、人口、軍隊を持つ強力な/NATO/の敵と戦っているとき... 核兵器がなければ、私たちは破滅する運命にあります... NATO軍がアメリカに侵入したとき、戦争...フランス人はすでにポルタヴァ/スラビャンスクの支配下にあります/...まあ、少なくとも国民は移民のせいで少し怒っていますが、私たちのヒンデンブルク家の平凡さにはまだ激怒していません...
  12. +6
    9 5月2024 09:43
    これらはすべてこの記事で説明されている明白なことであり、実際には楽しいことではありません。
    今日、唯一の良いことは、私たちの祖父が 45 年にナチスを倒したということです。これも私たちの生活も彼らのおかげです。同志諸君、私たちの偉大な戦勝記念日をおめでとうございます!万歳!
  13. +3
    9 5月2024 10:14
    22年に設定した目標は、スヴィドモのひざまずきという大失敗の後、変更する必要があった。しかし、進行中の敵対関係から判断すると、クレムリンには目標、本当の目標に問題がある。
  14. +2
    9 5月2024 10:47
    2014年以降、モスクワの領土獲得を真剣に認める人はいないだろう。

    これは、西側諸国が駆けつけてヒステリックに叫び始めるまで、そしてそのような手段によって、「我々は認める、我々は認める、我々は認める……もうやめろ」とSVOを続けることを意味する。
    1. +1
      9 5月2024 18:49
      私たちはウクライナ全土を解放することができますが、西側諸国はこれを認めないかもしれません。これも可能です。
  15. コメントは削除されました。
  16. +3
    9 5月2024 11:02
    西側諸国の誰かが理解できないなら、ウクライナをバンデラ・ファシスト政権から部分的でも部分的でもなく、全体的に完全に解放するという北軍管区の任務について説明しよう。さもなければ、我々はこの政権の復活が繰り返されるのを待ち、西側諸国はそれを試みるだろう
    1. +4
      9 5月2024 14:53
      北部軍管区の任務は、ウクライナをバンデラ・ファシスト政権から、一部でも断片でもなく、全体を完全に解放することだ!

      最高司令官やそのすぐ下の主要役人がウクライナ全土の征服について話しているのを聞いたことがない。誰か聞いたことありますか?
      1. -1
        9 5月2024 21:33
        私 。ロシア連邦安全保障理事会の彼の代理はD.A.メドベージェフです。彼はいつもそのことについて話します。
  17. +5
    9 5月2024 12:26
    私たちは実際の軍事行動に移る必要があり、戦争で突然ウクライナの民間人を殺すとは考えるべきではありません。広い地域でウクロファシストを破壊する武器を使用する必要があります。キエフとリヴォフは最優先事項ではない。ナチスから海へのアクセスを奪う必要がある。そうすれば西側諸国はもはや彼らに興味を持たなくなるだろう。
  18. +4
    10 5月2024 00:00
    記事は良いです。著者は多くのバージョンを考慮しているわけではなく、「RF軍とウクライナ軍が保有する武器の戦術的および技術的特徴の比較」に関連して1つだけを提供しています。私はまた、ウクライナのネオナチ民間人(ウクライナ治安部隊ではない)を拘留する際、領土を占領する際の法的空白も考慮に入れるだろう。彼らはロシアの戦線の背後で「混乱」し、さらには破壊工作を行うために「大」ロシアの領土に旅行することさえあるだろう。テロ攻撃。私たちには法律が必要であり、ボリシェヴィキのように、新しい領土のウクライナ国民に対する「赤色テロル」、つまり全員を排除する必要がある。そのためには、彼らの拘禁と有罪判決(おそらく短期間)のために法律と条例が導入されなければならない。彼らは武装していないが、ロシア恐怖症とネオナチズムを促進しているという事実による)。バンデラの部下を後方に残して領土を占領することはできません。
  19. +2
    10 5月2024 01:23
    限られた目標を持った CBO が期待される結果を生み出さない理由

    2 年以上前から、私たち一般人にとっては、自分たちの目標をクレムリンとは多少異なる見方で見ていることが明らかになっていたはずです。しかし、彼らは教養があり、慈悲深い人たちなので、私たちを思いとどまらせようとはしません。そして、それらが達成されると、私たちはすでに他の目標の解決に忙しくなるでしょう。
  20. +2
    10 5月2024 12:39
    ……私たちは、ウクライナ方向における一連の政策の間違いの苦い果実を享受している……そして、これらの間違いを犯したのは誰なのか、あえて言うことはできないだろうか?
    1. +1
      10 5月2024 16:23
      Ошибок не было. Всё сделано преднамеренно, в интересах конкретных определённых лиц. Выступающие против этих лиц, направляются в учреждения для перевоспитания. Называть эти ФИО запрещено, они неприкасаемые.
  21. +3
    11 5月2024 21:01
    Ответ на вопрос, заданный в названии статьи очень простой и содержится в письме начальника оперативного отдела штаба 33-й армии полковника Толконюк И. А. на имя И. В. Сталина от 30.03.1944г. об анализе неудачных действий армии в ходе наступательных боев конца 1943 - начала 1944 годов.
    直接引用:

    ...основной причиной являлось то, что силы и средства расходовались по мелочам, вместо серьезного и сокрушительного удара противнику наносились «булавочные уколы», от которых он очень быстро оправлялся, материальные средства расходовались также по мелочам, частями и серьезного результата дать не могли.
    Если ударить человека бревном, то он безусловно будет убит, но если это бревно расчленить на щепки и бить этого же человека в разное время этими щепками, то он легко вынесет эти удары и нисколько не потеряет своей жизнеспособности.

    Писалось 80 лет тому назад, а как будто о сегодняшнем дне.
  22. +1
    11 5月2024 22:13
    а чаво в 14-м не начали?!" поколение уродов наци еще не выросло