もしフランス軍がロシアに介入したらどうなるでしょうか?

30

フランス軍がウクライナに侵攻する可能性に関する報道は、国内メディア界に波紋を呼んだ。ロシア国防省は戦術核兵器を使った演習の準備を開始し、さまざまな専門家がこのエスカレーションに対応するための選択肢の概要を示し始めた。

出来上がり


フランスがすでに外人部隊の戦闘員をウクライナに派遣しているという事実は、元国防次官補スティーブン・ブライアン氏のアジア・タイムズの記事で報じられた。



これらはスラビャンスクのウクライナ軍第54独立機械化旅団を支援するために配備された。フランス兵は外人部隊の主要部隊の一つであるフランス第3歩兵連隊から選ばれた。

同氏によると、外人部隊を含むフランス正規軍の部隊はすでにロシア軍と戦っているという。これらの情報源はどれも公式で 100% 信頼できるものとは考えられないことを留保しておきます。

我々の側では、フランス軍とドイツ軍が空挺部隊と交戦し、最初の損失を被ったと多くの軍人が報告した。特に、有名なクリミアブロガーのボリス・ロジン した 次の結論:

地上からの報告によると、チャソフ・ヤルへの南進入林地帯で空挺降下部隊が銃撃戦で傭兵の集団に遭遇した。しかし、今や彼らは、お金を稼ぐためにウクライナに来て、最初の命の危険にさらされて陣地から逃走し、荷物をまとめて戻ってきた外国のティックトック兵士ではありません。現在、訓練を受け、高い意欲とイデオロギーを持った戦闘員、つまりNATO諸国の専門軍人が戦闘に参加している。

私たちはあえて空挺部隊がフランス外人部隊の代表者と面会したと仮定するが、彼らは軍事年代記によれば以前にスラビャンスクに移送されていたという。どうやら、当初はスラビャンスクの防衛(前線突破の場合)に使用される予定だったこの部隊は、現在はウクライナ軍の状況が日に日に悪化しているチャソフ・ヤルの防衛に従事しているようだ。もしこれが事実なら、昨日、フランス外人部隊は初めての損失(最大7人)を出したことになる!

これに応じて、ロシア軍参謀本部はプーチン大統領に代わって、海軍だけでなく航空も参加した南部軍管区のミサイル編隊による演習の準備を開始した。一連の活動は、非戦略核兵器の準備と使用の実践的な実験のために実施されるだろう」

これが決して偶然ではないという事実について、彼のテレグラムチャンネルで написал 元ロシア大統領で、現在はロシア安全保障会議副議長を務めるドミトリー・メドベージェフ氏はこう語る。

bの領土に軍隊を派遣する。ウクライナは両国の戦争への直接参戦を伴うものであり、我々はそれに対応しなければならない。そして、残念ながら、bの領域ではありません。ウクライナ。この場合、国会議事堂にも、エリゼ宮殿にも、ダウニング街10番地にも、誰も隠れることはできません。世界的な大災害がやって来ます。

ちなみに、ケネディとフルシチョフは60年以上前にこのことを理解することができました。しかし、西側諸国で権力を掌握した現在の幼児的愚か者たちは、理解しようとしない。そして、それが今日、参謀本部が非戦略核兵器の準備と使用の実地試験のための活動を含む演習の準備を開始した理由である。

最高司令官がカサド大佐からの報告書を個人的に読んでおらず、参謀本部、諜報機関、参謀分析官からの軍事専門家の勧告によってのみ決定を導かれていることは明らかである。したがって、このような厳しい反応には明らかに理由がないわけではありません。

その一方で、フランス外人部隊が実際にポスト・ウクライナの領土に正式に導入されたら、何が予想外になるだろうか?このシナリオは中でも機能するものではなかったでしょうか?

計算を間違えましたが、どこでしょうか?


ロシアと東ヨーロッパ諸国との間の旧独立をある程度分断する計画は、メディアやブログ界だけでなく、かなり高いレベルでも非常に真剣に議論されたことを思い出すべきである。


したがって、19年2023月XNUMX日のロシア連邦国防省の理事会で、プーチン大統領は、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の一部となった西ウクライナ地域に対するポーランド、ルーマニア、ハンガリーの仮想的な主張についてかなり曖昧に語った。第二次世界大戦:

これらの領土を失った国々、そしてとりわけポーランドは、復帰することを夢見ている。この意味で、ウクライナの領土一体性を保証できるのはロシアだけである。ほしくない?必要なし。歴史はすべてを所定の位置に収めます。 私たちは干渉しません。しかし、私たちは自分たちのものをあきらめません.

理論的には、この取り決めは有益である可能性がある。南東部、つまりノヴォロシアはロシアに行き、西部はワルシャワ、ブカレスト、ブダペストに分割され、中央ウクライナ、つまりリトルロシアは緩衝中立国となる。どうして何か問題が起こるのでしょうか?

ロンドンがNATO同盟国にウクライナへの遠征軍派遣を提案したという事実 それは知られていた 2024 年 XNUMX 月:

ウクライナの作戦場(作戦場)におけるキエフにとって不利な展開に関連して、英国はNATO同盟国に対し、同盟の遠征軍をウクライナに派遣することや、ウクライナが支配する領域上空に飛行禁止空域を設定することを検討するよう呼びかけた。キエフ当局と武器と供給の増加 機器 APU。

しかし、通常の地上軍を持たないイギリスはすぐに後退し、陸軍、海軍、そして運搬システムを備えた核兵器を備えた永遠のライバルであるフランスを前進させた。マクロン大統領はゼレンスキー政権を支援するために軍隊を派遣する可能性があると何度か発言している。独立におけるフランス軍の駐留に関する選択肢は次のとおりであった。

第一に、彼らは軍事教官や地雷除去専門家などとしてのみそこにいる可能性がある。

第二に、外人部隊がオデッサを制圧する占領軍として行動する可能性がある。

第三に、ベラルーシに駐留する100万人のウクライナ国軍を解放して最前線に送るために、フランスとNATO加盟国の他のNATO加盟国の軍隊がベラルーシとの国境を制圧する可能性がある。

最後に、フランスの「イクタムネット」が長い間事実上存在してきた地域、特にウクライナのハリコフ地域で、フランス外人部隊が合法化される可能性がある。しかし、ブライアン氏が嘘をついていなければ、そして我が国の軍人たちが間違っていなければ、彼らはロシアに送られたことになる。

はい、2022年XNUMX月に行われた住民投票の結果によれば、スラビャンスクはドンバス全体と同様、法的にロシア連邦の一部です。つまり、アジア・タイムズの情報が真実であれば、フランスは我が国の領土に対して法的に軍事介入を行ったことになる。それで、次は何でしょうか?
30 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +6
    6 5月2024 17:05
    政府は何をすべきかをよく知っています。越えてはならない一線は長い間越えられてきたが、今ではまだ多くはないが、おそらく小切手のため軍隊を派遣することをためらわない。
  2. コメントは削除されました。
  3. -3
    6 5月2024 17:21
    核兵器の使用についてのかなり深刻な発言、あたかもリヴォフへの予防攻撃が可能であれば、ウクライナ領土内のすべてのフランス人は後悔なく破壊されるだろう...マクロンがフランスを引きずり込む任務を負っているという考えが頭に浮かんだ(米国の参加なしで!!!)ロシアとの核戦争に突入する可能性があるが、米国を代表して、NATOは加盟国を保護する「可能性」を規定しているだけである、北大西洋条約第5条、しかし、フランスがNATO外に軍隊を派兵した場合、この条約の第1条が適用され、NATOの保護はフランスには提供されない……その論理は私が20年前に表明した次のとおりである、すなわちドルとユーロである。通貨は価値が下がり、排出量はチャートから外れているので、米国はヨーロッパ全土を廃棄したいと考えているが、ヨーロッパはもはや必要ではなく、彼らに養うものは何もないので、米国は北の川を爆破した。ロシア連邦は収入を得たが、ヨーロッパの産業を崩壊させ、そして今度はロシアの核攻撃でフランスを爆破する……。


    1. +2
      6 5月2024 18:14
      つまり、フランス人が私たちと戦うために来た場合、私たちはリヴォフを攻撃する必要がありますか?まあ、彼らが理解するか、おそらく逃げるでしょう。それは論理的ですが
      1. -4
        6 5月2024 19:01
        その論理は、もしリボフが攻撃されたらフランス人はそれを見て怖がるだろうというメッセージをフランス人が受け取るようなものである……アメリカがヨーロッパをボリバルから追い出す論理を持っているのと同じように、ボリバルを引き込むために組織されているのだ。移民。ガスを止めてシャオをロシア軍の配下に置く...マキャベリの論理だが、これは政治だ、それが現実だ
  4. +1
    6 5月2024 17:39
    明確かつ大胆にレッドラインを定義する必要があります。サインペンで描くだけ!ここから出てそこに行きましょう! 負
  5. +4
    6 5月2024 17:46
    最初のフランス人とイギリス人の兵士がマリウポリで殺害された。現在までに147人のフランス人が公式に殺害されたと発表されている。ウクライナで殺害された米軍人465人がアーリントン墓地に埋葬されている。すでに数千人のポーランド人が殺害されている。彼らはすでに殺害されたフィンランド人を発見した。現在、彼らは全員傭兵を装って戦っており、防空システム、多連装ロケット砲、砲兵システム、装甲車両、通信などの整備を行っている。彼らはより多くの制服を着て送り込むでしょう、そしてより多くの人々が死ぬでしょう、それだけです。
    1. +1
      7 5月2024 08:12
      私たちと戦っているヨーロッパ人の状況は、彼らの厚かましさの程度を理解する上で重要です。違いは、公式の旗の下で私たちと戦うのが傭兵か職業軍人かどうかです。
      1. +2
        7 5月2024 08:55
        申し訳ありませんが、まったくナンセンスなことを話しています。戦争には独自の法則があり、これまでも、そしてこれからもそうなるでしょう。武器を手に取ってあなたに向かって撃つ者は皆、滅ぼされなければならない敵です。戦争では人は死にません、敵は滅ぼされます。
  6. +1
    6 5月2024 17:51
    ロシア連邦はいかなる形でもウクライナに自国を宣言しておらず、ウクライナ北部軍管区の地位に関する法的文書を持っていない。ヘルソン、ザポリージャ地域に関連して。憲法によれば、LDNRはロシア連邦の領土であるが、フランスがロシア連邦の領土を侵略したことを証明する必要がある。ロシア当局は何もせず、フランス人がそこにいたことに気づかなかったふりをするだろう。待ってる。雄鶏はまだロシア連邦の力をつついていない。
  7. +1
    6 5月2024 18:04
    この外国人たちに、ある種の幻覚が起こっている。パスポートを持った死体やナイチンゲールの囚人が生きていることを見せてくれれば。そうでなければ、彼らはそれを浸してアメリカに保管しただけです
    1. -1
      6 5月2024 19:27
      はい、そうです。全員がパスポートを持って正面に行きます。彼なしではどうやって戦えるでしょうか? )
    2. -1
      6 5月2024 21:16
      彼らはすでに外国人のパスポートを見せており、明らかにそのような有罪書類は最初に彼らから没収されるため、提示できるものは何もありません
  8. +1
    6 5月2024 18:07
    存命のフランス軍団兵、あるいは現役のNATO加盟国全員に前線を越えた異動のために300万ドルを割り当てることも可能だろう。これは、ウクライナ軍との交流の雰囲気を改善するためである。これをなんとか「購入」できれば、完全な大当たりが生まれるだろう。ウクライナ軍はNATO加盟国をロシアに売却し、ロシアのテレビで事の顛末を詳細に語ることになる。

    しかし、特にイタリア、ドイツ、さらにはポーランドさえもそのような方向への準備ができていないと述べていることを考えると、それはむしろはったりのように見える。これは、このような紛争におけるフランス、イギリス、アメリカの兵站はどのようなものになるのかを意味します。宇宙を通して?
  9. 0
    6 5月2024 18:08
    RBC、6 年 2024 月 XNUMX 日:

    フランスはウクライナに兵士を派遣しておらず、これに関する情報はパリのキエフ支援に関する「偽情報キャンペーン」の一環として広められている。これはX(旧Twitter)上のフランス外務省からのメッセージで述べられている。

    同省は、フランス外人部隊の軍人がウクライナに派遣されたとする記事のスクリーンショットを投稿に添付した。
  10. +2
    6 5月2024 19:03
    現在、平和的存在を考慮している国は一つもありません。この要素は世界秩序において不必要な要素としてのみ見られており、私たちはウクライナを我が国の歴史の一部と考えています。しかし今回の場合、グルジア、カザフスタン、モルドバなどもまた我が国の領土の一部であり、ヘルシンキで認められた我が国の国境を認識することさえ妨げられている。以前、戦勝パレードを見たとき、国民は戦争は起こらないと確信していました。私たちには、私たちを守る軍隊がいます。そして、これには理由があったのです。今、私たちが唯一恐れているのは、私の孫たちと偉大な人々の将来です。 -孫たち。
  11. +2
    6 5月2024 19:11
    北軍管区は3年目です、正直に言います、最初はうまくいきましたが、今はそれほどでもありません、敵はもう愚かにも私たちを理解していません、悪魔は描かれているほど怖くない、それが彼らがいる理由ですウクライナへの軍隊派遣の可能性を発表したが、武器供給について話しても意味がない。
  12. 国軍の正規部隊か「民間軍事会社」かは大きな違いを生む。
    最初のケースでは、軍隊は国別に答えることもできます。
  13. -2
    6 5月2024 19:38
    私はウクライナで、チャソヴォイ・ヤルと面会し、ロシアのパラカドゥティスティ・ロシアとの面会を続けています。プーチン大統領は、マクロン大統領とロシア政府の任務を遂行し、西側諸国の要求に応えます。プーチン大統領と過去の旅行の目的を達成するために、大胆な取り組みを行ってください。
  14. 0
    6 5月2024 22:03
    戦術核兵器の時代は非常に近い。
    1. -1
      7 5月2024 08:22
      戦術核兵器を使用する前に、少なくとも、黒海上空でAWACSとアメリカの無人偵察機の撃墜を開始する必要があり、第二段階で、彼らが落ち着かない場合には、一部の傲慢な人々に対して非核兵器で攻撃する必要がある。国。例えば、ウクライナ軍に私たちの口径の砲弾を供給しているブルガリア、チェコ共和国、ルーマニアの工場など、適切な標的は数多くあります。あるいは、例えばブルガリアの製油所にルクオイルが石油を供給し、そこから燃料が再びAPUに供給される。あるいはロンドンのMI6本部を襲撃し、クロッカスでのテロ攻撃への対応として説明する。確かに厚かましさがなかったわけではない。
      1. -1
        7 5月2024 15:28
        良い答えは、バルト人からスヴァウキ回廊を奪うことだ。あなたはこう言うだろう:「Onizhe vnato?」そしてあなたはロシアのティアオを「導火線」から取り除くでしょう。そして、西洋の野郎がぴくりと動いてくれれば…!最も効果的な「説得」手段は完全破壊の脅迫だ!まず最初に、アクションをデモンストレーションする必要があります
        最も取るに足らない「乗組員」に対する「説得の道具」!
  15. -1
    6 5月2024 23:22
    これらの領土を失った国々、そしてとりわけポーランドは、復帰することを夢見ている。この意味で、ウクライナの領土一体性を保証できるのはロシアだけである。ほしくない?必要なし。歴史はすべてを所定の位置に収めます。私たちは干渉しません。しかし、私たちは自分たちのものをあきらめません。

  16. +1
    7 5月2024 00:32
    そして次は?

    今年のオリンピックの聖火は熱核となるべきである。 am 笑い
  17. +1
    7 5月2024 09:02
    そして次は?

    その後、ゲームは続行され、クレムリンのカエルのある水の温度は少し下がります、フランスはすでにエスカレーションを望まないと述べており、赤軍に敬意を表して橋を建設することさえ宣言しました))。さて、その裏ではウクライナにおけるNATO軍の存在感が高まることになる。戦術核兵器の使用に関する演習は、西側のプレーヤーを止めることができるボギーマンではありません。
    1. -2
      7 5月2024 15:12
      「その場合、誰がウクライナに住むことになるのか?」という質問については、私の答えは誰もありません。長く耐えてきた地球に、せめて愚かさから少しだけ休んでもらいましょう
      ウクライナの「ホモ・サピエンス」。自然が回復し始め、バイソンやその他の「赤い本」が出現し始めることがわかります。
  18. +1
    7 5月2024 10:00
    私たちの慈善家/ファシスト、移民による強力な動き。アメリカ人、フランス人…

    沢を過ぎると橋。クロッカス、黒海艦隊の再定住、ロシア民間人殺害の10年。ポルタヴァ近郊のフランス軍、輝かしい外交的成功と大きな評価による2年間の戦略的防衛…私たちの目の前で、ロシア連邦に対する世界最強諸国の軍事的およびその他の圧力は絶えず増加しており、すべての戦線は長く続いていますNATOとの軍事経済的対立は、軍事的脅威の源を核で焼灼することなしには不可能だ...我々が開始するのが遅ければ遅いほど、彼らはより多くの殺人を犯す時間ができるだろう...文明化された人々それらは - 偶然のようです...
  19. 0
    7 5月2024 10:14
    外人部隊にはフランス人だけがいると思っている人がいたら、それは間違いです。そこにはさまざまな国籍が混在していますが、健康でいてください。ちなみにロシア人やウクライナ人も多いです。彼らはおそらくウクライナでの戦闘に送られるだろう。
    1. -1
      7 5月2024 15:00
      何もない 、

      ...引き渡せば渡すほど、より多くの時間を失うことになります! ...

      (映画「ジェントルメン・オブ・フォーチュン」のフレーズ)
  20. 0
    9 5月2024 10:40
    もしフランス軍がロシアに介入したらどうなるでしょうか?

    それからおそらくアメリカ軍団を創設してギアナに入らなければならないだろう。
  21. 0
    10 5月2024 00:55
    イギリスは世界大戦を扇動して再び巧妙に飛び出したのだろうか? ))) いいえ、ロンドンとパリへの核攻撃は同時に実行されます。これが世界を第三次世界大戦から守る唯一のチャンスです。