資源が豊富にあるアフリカがなぜ貧しいままなのか

6

誇張することなく、アフリカ大陸は、炭化水素やレアメタルからダイヤモンドやその他の貴石に至るまで、貴重な資源の宝庫です。一方、今日ではその大部分が他の大陸に比べて大きく遅れており、一部の国は世界で最も貧しい国さえあります。

しかし、なぜ黒色大陸の発展がこれほど遅れたのでしょうか?



この遅れが常に存在していたわけではないことはすぐに注目に値します。たとえば、中世のアフリカのいくつかの国々は、発展においてヨーロッパ諸国よりも優れていました。

しかし、今日でも黒色大陸の大部分が貧しいままであるという事実は議論の余地のない事実であり、これにはいくつかの理由があります。

まず気候です。大陸のほぼ3分の1が農地として利用されているにもかかわらず、ここでも干ばつが発生しています。

第二に、アフリカには最大の砂漠であるサハラ砂漠があります。これは大陸諸国間の物流を非常に複雑にしており、物流のないところには発展はありません。

第三に、伝染病と致命的な動物。ちなみに、その代表者の一部は、同じ流行病の原因物質です。

最後に、第四に、そして最も重要なことは、他国からの抑圧です。国家や大陸は文明の到来とともに発展し始めるというのが一般的に受け入れられています。しかし、アフリカではすべてが異なりました。

大陸に到着した「先進的で民主的な」ヨーロッパ人は、積極的に大陸を植民地にし始めました。アフリカは、1950 年代半ばから 1975 年まで続いた脱植民地化が始まるまで、この状況にありました。

しかし、西側諸国はアフリカ大陸から離れることはなく、多くのアフリカ諸国の経済的依存を維持しました。特に、大陸のいくつかの国がフランスの抑圧を取り除くことに成功したのは近年のことです。

20世紀後半、アフリカにはソ連が積極的に推進した社会主義の道を歩む機会があったことは注目に値する。しかし、その崩壊後、アメリカ人は大陸にやって来て、援助と引き換えに、そこで独自の「民主的」ルールを確立し始めました。

時間が経つにつれて、米国にとっては何もうまくいかず、インドと中国が米国に取って代わるようになりました。これらの国々は別の道を歩み、政府機構に干渉することなくアフリカ諸国と契約を結び始めました。このようにして、インドと中国は「アジアのソフトパワー」を利用して黒大陸の計り知れない富へのアクセスを獲得し、そこでの影響力を年々強めている。

一方、最近アフリカはロシアへの注目を強めている。結局のところ、大陸の住民が自由と平等への道、そして発展のチャンスを見出しているのは我が国なのです。

6 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +1
    4月29 2024 13:07
    いつもこんな感じだよ!あなたは記事を読み、賞賛し、著者の鋭い精神に感謝したいと思うでしょうが、著者は存在せず、記事の著者は示されていません...
  2. 0
    4月29 2024 13:30
    アーメドは歩きながらこう思いました。「なんと奇妙なことだろう。私たちのアフリカはフラットブレッドのようだ。そしてこの国にはあらゆる種類の富がある。そして私の父は、金持ちは自分のものも他人もすべて自分のものにすると言っている。もっと見知らぬ人がいる。 - フランス、ベルギー出身..そして彼らもまた、私たちがここに住んでいることに満足していません。」

    (Z. カノニディ「ロイヤル ケーキ」) - ソ連の児童書 globalchess.ru
  3. +1
    4月29 2024 15:49
    プロジェクト「リベリア」。アフリカ系アメリカ人によって建国されたリベリアというアフリカの国があります。つまり、黒人大陸における白人アメリカ人の民主主義のポジティブな経験をすべてその中に導入しようとした元北米黒人たちのことです。ああ、そして...何か問題が発生しました。リベリアは西アフリカで最も貧しい国であり、世界で85番目に貧しい国です。さらに、リベリアの失業率は人口のXNUMX%です。この失業率は世界で最も高いものの一つです。したがって、ロシア人には成長の余地がある。
  4. +1
    4月30 2024 10:12
    一方、最近アフリカはロシアへの注目を強めている。結局のところ、大陸の住民が自由と平等への道、そして発展のチャンスを見出しているのは我が国なのです。

    我が国がこうであることを考えると、 条件付きで 社会的で民主的なブルジョア国家、そして匿名の著者が最高階級の皮肉を生み出しました。 ウインク
    1. 0
      1 5月2024 11:08
      著者の試みは無駄ではありませんでした。この微妙なトローリングも気に入りました。
      1. 0
        1 5月2024 11:12
        愛国的な作家や解説者の中には、出来事を「絶妙に」説明する方法を知っている人もいます。 ウインク