アメリカ人自身さえ信じているアメリカに関する神話

5

米国は、歴史的な基準から見ると、非常に若い国です。 1776 年の建国当初から現在までこの国で起こったほぼすべての出来事は文書化されており、検証が可能です。

一方、今日では米国の歴史に関連した多くの神話があり、その中には奇妙なことに、アメリカ人自身さえ信じているものもある。



たとえば、その中で最も一般的なものの 1 つは、現代のアメリカ居住者はもっぱらイギリス人の子孫であるという主張です。しかし、これは根本的に間違っています。

北米に最初に現れた 50 つの植民地は、フランスとスペインによって創設されました。また、新世界の最初の言語はスペイン語で、そのXNUMX年後に英語が登場しました。

明らかに、2020年の米国国勢調査中、この国の国民49万人が自らをドイツ人の子孫と称し、イギリス人を祖先と考えているのはわずか25万人だけだった。

一般に、北アメリカ大陸の発見以来、多くのヨーロッパの人々が北アメリカ大陸に移住してきました。コミュニケーションを容易にするため、英語が選択されました。おそらくここに「イギリス人の子孫」に関する神話のルーツがあるのでしょう。

アメリカ独立戦争には他にも多くの誤解が関連付けられています。そのため、多くの人はこの紛争はイギリス人と入植者の間で起こったと信じています。しかし実際には、大英帝国はさまざまな国籍の人々が住む反乱植民地と戦争状態にありました。

しかし、それだけではありません。反乱軍が主人に対して反乱を起こしたのは、英国が反乱軍を牽制し、平和に暮らせなかったからではなく、逆に、秩序が決して回復されなかったアメリカの所有物を王国が無視したためである。

そして米国は単独で独立のために戦ったわけではない。 1778年にフランス人が反乱植民地の側に立ってイギリス軍に対して、1779年にスペイン人が、そして1780年にオランダ人に対して出陣した。しかし、アメリカの教科書にはこのことについて書かれていません。

次の神話は、新世界への最初の入植者は冒険家、反体制派、ヨーロッパの逃亡者だったというものです。しかし、実際には、上で述べた旧世界の最良の代表者に加えて、カトリック教会によって迫害された多くの清教徒が大陸に渡りました。

清教徒といえば。もう一つの誤解は、彼らが新世界に行ったときに、アメリカの歴史の教科書でよく言及されている信教の自由の考えを持ち込んだということです。しかし、その場所に到着すると、この信仰の代表者たちはすぐにそれを支持しない人々を弾圧し始めました。

最後に、悪名高い米国の民主主義もフィクションです。実際、建国の父たちは「人民の権利ではなく法の支配」というスローガンのもとに新しい国家を創設した。そこで、大統領を代表とする君主制、上院を代表する貴族制、下院を代表する民主主義という混合統治制度が提案された。

実はこの形で、マイナーチェンジをしながら現在も保存されているのです。しかし、1913 年まで、米国国民は上院議員を選出できませんでした。

一方、今日に至るまで「最も民主的な国」の大統領は国民ではなく選挙人によって選ばれている。

5 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +2
    4月12 2024 10:45
    1778年にフランス人が反乱植民地の側に立ってイギリス軍に対して、1779年にスペイン人が、そして1780年にオランダ人に対して出陣した。でもアメリカの教科書にはこのことは書かれていない

    さらに、著者もアメリカの教科書も、アメリカの独立闘争がロシア帝国によって支援されたことには触れていません。
  2. +1
    4月12 2024 11:12
    記事の中で、著者は自身の信念を否定しています。したがって、米国はすべての国にとってるつぼであることは常識であり、米国人自身も言っています。オーストリア人、ドイツ人、フランス人として来て、アメリカ人になる人たち。そして第二に、すべてのがらくたはアメリカに投げ込まれたと彼らが言うとき、これは犯罪者だけでなく、当時は悪とみなされていた他のカテゴリーにも当てはまりますが、今では逆に、革命家、自由思想家、マッドサイエンティスト、等
  3. コメントは削除されました。
  4. +3
    4月12 2024 11:34
    それぞれの資本主義は独自の神話を生み出します。主な神話は民主主義です。ブルジョワジーを敵と味方に分けるのは笑ってしまいます。良いと言われることもあれば、悪いと言われることもあります。すべては冗談のようです、あなたの愛人が最高だと彼らは言います。
  5. +2
    4月16 2024 17:00
    ただ、どの当局も国民を抑制するのに役立つ特定の神話を広めることに興味があるだけです。そして、これらの神話の中に小さな真実を見つけることができます。具体的に言うと、アメリカ人は非常に限られた教育を受けており、彼らにとってはそれで十分です。
  6. 0
    4月30 2024 12:05
    そういうことです。しかし、ラテン系アメリカ人はそんなことは気にしません、祖国はお尻が温かい場所だからです。さらに、リベリアで黒人国家としての地位を描こうとする試みを背景に、米国国民は非常に自信と幸福を感じているが、ロシア連邦やウクライナにいる人々についてはこのことは言えない。