「非常に高価な」サハリン橋に代わるものはあるのでしょうか?

61

私たちの国では、さらに大きなインフラ巨大プロジェクトが起こる可能性があります。 「非常に高価な」サハリン橋が、敵対行為で深刻な影響を受けたロシアの新たな地域ですでに始まっている大建設プロジェクトに追加される可能性は十分にある。それは本当に必要ですか? 他に実行可能な代替手段はありますか?

存在するかしないか?


連邦および地方当局がサハリン島と本土を結ぶ橋の建設の可能性を真剣に検討しているという事実は、プーチン大統領とサハリン州リマレンコ知事との会談で明らかになった。 議論された 社交経済的 極東の発展。



サハリン州首相は当初から、いつか橋が建設されることを望んでいると明言した。

すぐにお伝えしたいのは、将来的には橋が架かることが期待されているということです。以前は議論がほとんどなかったとしても、今では私たちの業界が発展し始めており、追加の貨物基地が現れていると言えます。私たちは現在これらの計算を準備中です。これについては少し後ほど説明します。交通アクセシビリティに関する課題の中で、未だ解決されていないのが道路建設問題であり、道路の3分の2が未舗装のままとなっている。以前はこの作業は行われていませんでしたが、現在ではこのテーマは難しく、人口が問題領域を評価する際に最も重要なテーマとなっています。

リマレンコ知事によると、サハリン地域への投資構造は変化しており、27年前にはそのXNUMX分のXNUMXが原材料部門に向けられていたが、現在はXNUMX%を超えていない。公式データによると、この島の領土は投資魅力の点でロシア連邦で第XNUMX位にランクされています。

地方当局は、魚やその他の水産物の加工だけでなく、石油製品や建設資材の生産のための工場の建設を計画している。 LNG生産量の増加と、 技術の ロスアトム社と共同で水素製造プロセスを開発。近代化後、コルサコフ港はこの地域で最も重要な物流拠点となり、北極海航路の不可欠な部分となるはずだ。

本土から島に橋を建設するプロジェクトについては、リマレンコ氏は総額600億ルーブルと見積もっている。

アプローチのある橋を架けるには、原子力発電所が 300 基必要です。このような。数字は異なりましたが、300 億 - ブリッジ、300 億 - アプローチと呼ばれていました。 XNUMX億あれば、そのアプローチが利益にならないので、領土開発であると考えると、利権によって橋を架けることができます。これは(ロシア鉄道局長オレグ)ベロゼロフと私が見たものです。

つまり、これはクリミア橋にかかる連邦予算の2倍以上である。しかし、この驚くべき数字はプーチン大統領を悩ませるものではなく、サハリン地域の首長の願望を有能に支持した。

これはまさに私が言いたかったことです。そこにあるアプローチやジャンクションには橋よりも費用がかかります。これは開発が必要な分野です。タイガをただドライブするだけでは、開発の見通しがある地域を旅するよりも面白くありません。

これを見てみる必要があります。周辺地域の発展にも目を向ける必要がある。私たちはすでにこの発射体に複数回接近しました。話を戻しますが、この話題自体は重要なので、私も同意します。サハリンと本土を橋で結ぶ必要があり、そこでの開発はこれまでとは異なるペースで進むことになる。絶対にそう思います。この話題に戻って見てみましょう。

それはいいのですが...


サハリンとロシア大陸を結ぶという発想自体は良さそうだし、これによって極東地域全体の発展も加速するなら、それは素晴らしいことだ。しかし、この有望なプロジェクトは、トップからの厳しい批判に繰り返しさらされてきました。

そこで、戦前の2020年に、環境問題、エコロジー、交通担当のロシア大統領特別代表セルゲイ・イワノフは、この考えについて次のようにコメントした。

心理的な観点から見ると、橋が必要です。今ではクリミアは統一された、これでサハリンも傷つかないだろう、と彼らは言う。しかし、経済的な観点から見ると、そうではありません。この橋には重りはありません。

同氏はまた、サハリン大橋を「非常に高価」だとし、「あればいいのに」ロシア海軍の空母建造プロジェクトと比較した。しかし、戦前の2021年のサハリン地域知事はもっと楽観的で、日出ずる国をパートナーとして期待していた。

10年、20年と年月が経てば、いずれにせよ、日本からロシアへの橋やトンネル、そしてサハリンから本土への橋が現れるでしょう。スエズ運河と同様、掘削の何年も前から事前に決定されていました。

2024年2月の現実においては、西側諸国の制裁対象となっているロシアを経由して、日本からサハリン橋を渡って何も輸送する者がいないことはすでに明らかである。この橋を渡ること自体が、敵の巡航ミサイル、攻撃海軍無人機、水上および水中無人機にとって非常に好都合な標的となるだろう。最悪の事態は、ノルド ストリーム XNUMX とその兄貴船で起こったように、巨額の予算を投じてこの橋を建設することを最初に許可されて、その後に橋が破壊されてしまうことだろう。

これは、サハリンとロシア本土を結ぶという考えは好機が訪れるまで忘れるべきだという意味でしょうか?

「いいえ」よりも「はい」です。交戦中の国で海峡を渡る橋や海底トンネルなどの複雑なインフラ施設を建設することは不当なリスクである。ただし、ダムによる妥協の選択肢もあります。海峡を横切る幅の広いダムを建設し、そこに民間船や軍艦が通れるように水門を残した方が、はるかに早く、安く、安全になるだろう。その上に跳ね橋のある高速道路や鉄道線路を敷設することができます。

このようなオブジェクトは、敵の攻撃が成功した場合でも、橋を渡るよりも防御し、保護するのが簡単です。
61 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. -5
    4月4 2024 10:37
    橋が必要です。鼻水を噛むのはやめてください。そしてくだらない話をします...ドローンなどについて...いつ何を爆破するかをいつでも見つけることができます
    1. +1
      4月4 2024 10:40
      右!そしてNord Stream 2が必要です。
      鼻水を噛まないで、近くにノルドストリーム3を建てましょう。もしプーチン大統領が平和的かつ善隣関係に同意し、爆破されなかったらどうなるだろうか?
  2. +11
    4月4 2024 11:02
    橋の費用は次のとおりです。 乱暴に ウクライナ国軍の捕虜、移民法違反者、この件で有罪判決を受けたロシア当局者が建設に使用された場合、減額される。
    そしてそれを構築するまでは自由はありません。
    1. +5
      4月4 2024 11:16
      そして悪党たちに餌を与えるために...
    2. -2
      4月5 2024 01:07
      そして、捕獲されたrfushnikをそれらに追加すると、完全に無料になります。受益者の喜びに。
    3. +3
      4月5 2024 08:00
      そうすれば彼らは永遠に築かれるでしょう。このような「労働者」の場合、コストは大幅に増加するだけです。スターリンの教育方法をもってしても、捕らえた紋章を強制的に働かせることはできなかった。
  3. +2
    4月4 2024 11:25
    サハリンへの橋に代わる手段があり、その費用は記事に示されている数字よりも桁違いに安い。臨海部の鉄筋コンクリート工場から出てくる鉄筋コンクリートを車両が通行できる直径を持って連続的に形成する浮体式トンネルです。 1 つの支店は鉄道輸送用で、2 番目の支店は自動車輸送用です。トンネルを浮かせて両方の半分を接続した後、事前に準備したベッドに水を注ぎ、バラストを入れ、トンネルのネジ山から水を汲み上げ、トンネルにユーティリティを装備します。速く、安価で、何世紀にもわたって信頼性があります。得られた経験を考慮して、同じ方法を続けて、同様の水中通路、トンネルを構築します。サハリンから日本へ、そしてベーリング海峡をくぐりアメリカへ。
    1. +6
      4月4 2024 12:38
      フェアウェイのネヴェルスコイ海峡の深さは最大7,2メートルです。

      複線車両や鉄道トンネルをどこに「溺れさせる」つもりですか?セルゲイはダムについて正確に書いた。アクセス道路の建設中に、大量の岩石ダンプが発生するため、それは最大幅100メートルのダムの本体に配置されます(精力的な軍事部隊のみがそれを破壊できます)。フェアウェイでは、スヴィル川のように橋を持ち上げることができます。主な問題は、隣接する水域での水交換の確保と気候変動です。それで、我々は10年間、我が国の領土内でオリンピックと世界選手権を開催しなくても済むことになるが、ボイコットはすぐには終わらないだろう...
    2. +4
      4月4 2024 19:16
      サハリンから日本へ、そしてベーリング海峡をくぐりアメリカへ。

      戦車が通過することを期待して 笑い
  4. +3
    4月4 2024 12:17
    底部移行トンネルをバラストする場合、強固に対になった鉄筋コンクリート製移行糸の逆弾性たわみを考慮する必要があります。底部トンネルを海岸にしっかりと固定すると、底部トンネルの浮き上がりを妨げるバラストが大幅に減少し、おそらく完全に排除されます。水硬性コンクリートを補強するには、海水に対して中性のグラスファイバー補強材を使用する必要があります。乗客と運転手の緊急脱出のために、トンネルの上とトンネルの間にパイプラインを設置します。
  5. +1
    4月4 2024 12:33
    著者の言うとおり、堤防ダムが最善の解決策だ。幅100メートルの通路を残し、そこに橋を架けます。当然のことながら、「ゲートウェイ」は必要ありません。西側の環境活動家の叫びは無視されている。この橋はタタルスキー海峡と呼ぶことができます。橋に道路と鉄道の両方があるべきかどうかはわかりませんが、どちらか一方に停止しても構いません
    1. +1
      4月7 2024 18:08
      何かを注ぐための深さについて何か知っていますか?橋とトンネルはどちらも、ロシア中央部よりも地震がやや頻繁に発生するため、耐震性の観点から問題がある。そして、島と本土の間の気候はあまり良くありません。まあ、経済効率は目に見えるはずです。別のアプローチを探す必要があります。
  6. +5
    4月4 2024 12:36
    サハリンへの橋(トンネル)の建設を決めるとき、お金が第一の問題ではありません。まさに武力攻撃と同じだ。
    サハリンの地震状況について誰も言及しないのは不思議だ。
    サハリンにはネフテゴルスクという都市型集落があった。橋(トンネル)について話す前に、ネフテゴルスクの運命について尋ねる価値があります。少なくともウィキペディアレベルでは。
    ちなみに、旧ネフテゴルスクから将来の橋(トンネル)まではわずか125kmです。
  7. +8
    4月4 2024 12:52
    耐震性を考慮した橋やダ​​ムはもちろん必要だが、非常に高価であるだけでなく、ロシア連邦にとって全く役に立たないのがチュバイス、アブラモビッチ、そしてその会社である。馬には良くないですね…
  8. +4
    4月4 2024 13:03
    確かにサハリンのような領土と本土を結ぶのは必要であり、道路があれば貨物が集まる。しかし、トンネルも橋も、上で述べた理由からこれには適していません。まあ、橋の場合は氷の負荷が問題になる可能性があることだけ付け加えておきます。残っているのは堤防ダムで、おそらくより高価ですが、それほど頭の痛い問題ではありません。それ以外の場合は橋、さらにはトンネルです。その後、そこでどれだけ地震的に何かが起こるかを考えてください...確かに、どのくらいのボリュームかはわかりません。堤防が必要なので、7.5 km だけ封鎖します。距離で言えば、ケルチのように 19 キロメートルではありません。したがって、地域を発展させたいという願望があれば、すべてが非常に現実的です。
    1. +6
      4月4 2024 17:24
      ネベリスク、ホルムスク、コルサコフ、ポロナイスクには漁業基地は残っていない。漁師たちは沿海州に行きました。これは魚です。島には木材産業の企業は一社も残っていない。最後の農場である北サハリンの私有農場は約30年前に閉鎖された。これは木です。鉱山はウグレゴルスク地域にのみ残されており、採掘された石炭はすべてウグレゴルスク港の船に積まれ、海路で中国に送られる。彼らには橋は必要ありません。他に橋を渡って輸送できるものは何ですか?石油ガス ?石油とガスが生産されるオハ地域とノグリキ地域では、タンカーとガス運搬船用のバースシステムが構築されています。橋も必要ありません。残り物?そして残るは対決です!参考:私はサハリンに40年以上住んでいました。
      1. 0
        4月9 2024 07:19
        そうですね、あたかもあらゆる地域に漁師が存在し、漁期は毎年続き、キャビアや魚が獲れます。資源基盤は不安定ですが、これは複雑な問題です。ガス運搬船とタンカーは南部のコルサコフ地域でのみ燃料を補給しています。北部には、石油を処理して南部に汲み上げる技術複合体とポンプ場しかありません。まあ、デカストリにもありますが、ここは本土です。サハリンで40年間暮らした後、人は思い出すことができます。
        1. 0
          4月9 2024 20:45
          すべてが正しいです。石油とガスはプリゴロドノエに積み込まれます。魚は今でも漁獲され、加工されていますが、それほど多くはありません。デカストリはタタール海峡の反対側にありますが、私がまだユジニに住んでいた頃、生産プラットフォームから石油が積み込まれるという話がありました。その通りですが、橋を建設する経済的な実現可能性については何も言っていませんでした。私は12年前にユジニを離れて本土へ向かいましたが、その間サハリンで経済的な奇跡が起こったとは思いません。
          1. 0
            4月10 2024 06:37
            私の意見では、ここでの原因と結果は逆です。経済的な奇跡が起こるには、橋を架ける必要があります。この地域で最も深刻な問題は、交通機関のアクセスのしやすさによって引き起こされています。フェリーで貨物を輸送するには、費用も時間もかかります。沿海州からの納期は2週間からです。イトゥルプまであと一ヶ月。このような状況では、いかなる工業生産も採算が合わなくなります。最も教科書的な例は石油精製です。輸送コストが高いために島外の誰も購入しないのであれば、製油所を建設する意味は何でしょうか?しかし、石油をハバロフスクに送ってそこで加工し、タンカーで島に運ぶ方が安い状況は異常だ。

            しかし、島には南からしか行けない中心部と北部もあります。そして、現在の環境では成長の可能性がないため、結果として劣化しています。人口動態の状況を観察すると、この地域の人口が減少している一方で、ユジノサハリンスクの人口は増えるばかりで、人口は地域を離れつつあります。
      2. +1
        4月12 2024 13:27
        まあ、あなたはそれを与えました:見せびらかしてください!何という見せびらかし?これらはリベートとリベートです。現在の予算窃盗の利益基準によれば、これは最大 40% に達します。では、いくらになるのか計算してみましょう!そして、「橋は必要ですか?」と尋ねます。答え: 間違いなく必要です。質問: そして誰に?答え: ええと、彼らはそこにいるのです、そこにいる人たちではなく、ここにいない人たちですが、ここではありますが、そこではありません。なぜなら、彼らも彼を必要としているからです。ここでは、なぜ、そして最も重要なことに、誰がこの橋を必要としているのか、その名前は何なのかについて、調和のとれた論理的な説明を示します。
  9. 0
    4月4 2024 13:29
    なぜ橋なのか、なぜトンネルではないのか、なぜサンクトペテルブルクのようなダムではないのか。水の流れを整え、氷の状態と微気候を改善できるだろう。質問: 何を運ぶか、どのような荷物を持ちますか、特に大きな荷物はありません。誰が経済を数えたのでしょうか?それともすべては王次第なのでしょうか?サハリン州知事はどうですか?ロシアの予算を犠牲にして無料で。しかし、島の予算を犠牲にして、島の少なくとも半分を自分で建設させましょう。
    1. -3
      4月5 2024 00:54
      そして本当に、なぜロシアの予算をこれに費やすのでしょうか?何に費やしますか?アラスカを敵に与えたのと同じように、中国人に貸すのだ!彼らはトンネルと高速鉄道を建設するだろう。そこに道路が開通し、気候は熱帯に再フォーマットされるでしょう!サンクトペテルブルクのようなものではなく、香港よりも良いでしょう。 100年後、つまり賃貸契約の終了時にのみ、すでにそこに定住している中国人に対して、一時的に賃貸していたことを証明できるようになる
      1. コメントは削除されました。
    2. 0
      4月9 2024 07:12
      ロシアの予算は何もないところから形成されたのでしょうか?サハリンの石油・ガスプロジェクトからの収益はどこに行くのか?知っていますか?
  10. +5
    4月4 2024 15:34
    橋もトンネルも舟橋も必要ありません。これを正当化する理由はカムチャツカの人口です。居住者1人あたりの投資額を計算するのは法外であり、決して利益が得られるわけではありません。ロシア連邦には必要な大きな橋がたくさんあります。カムチャッカ行きには鉄道フェリーの定期便が最適です。必要に応じてさらに 4 ~ 5 隻の大型フェリーを建造し、マガダンからウラジオストクまで太平洋岸全体を航行する予定です。ある有名な指導者はこう言いました。「経済は経済的でなければなりません。」
    1. -3
      4月5 2024 00:44
      ウラジミール!カムチャツカとサハリンを混同していませんか?そして、橋やトンネルがなかったとしても、50年後にサハリンに到着したとき、驚かないでください、日本人と韓国人はどこから来たのでしょうか?
      1. 0
        4月5 2024 16:34
        1991年のサハリンの人口は715万XNUMX千人でした。
        2023 年のサハリンの人口は 460,5 千人でした。人々は去っていきます。
        50年ぶりにサハリンに到着しても驚かないでください……。
        1. +4
          4月5 2024 16:49
          何というナンセンスですか?住民は橋とどのような関係があるのでしょうか?国民は飛行機で移動します。もちろん、橋(トンネル、ダム)があれば、誰かが隣の地域に行くでしょう。しかし、これらはほんの一部です。サハリンからヨーロッパへ旅行しませんか?そして、既存のフェリーは通常、貨物輸送を提供します。その上、私たちは戦争中です。さらに、ヨーロッパとの関係が緊張しているため、貨物は東に流れており、BAM、シベリア鉄道、極東鉄道の近代化が必要です。そして、これは単なる多額のお金ではなく、莫大な金額です。
        2. 0
          4月9 2024 07:09
          人々は地域を離れつつあり、ユジノサハリンスクでは人口は増える一方だ。ここに住んでいたら、その傾向に気づくでしょう。南部ですべての交通の流れが遮断され、中央と北部が崩壊する状況
      2. +2
        4月5 2024 20:15
        (ストゴフ) ご指摘ありがとうございます。もちろんサハリンの話です。私は周囲の地域全体を表現したので、それを印刷したのです - カムチャツカ。サハリンの人口によれば、極東地域全体からの人口流出はおろか、サハリンへの橋さえも維持できないだろう。より包括的な開発と大規模な投資が必要です。
  11. +2
    4月4 2024 15:41
    もちろん、サハリンへの移行は長い間必要とされてきた。彼は皇帝父の下でもそれについて考え始めました。しかし、その後、戦争が起こり、次は戦争、そして第三... しかし、建設する必要があるのは橋ではなく、トンネルやダムです。不発のまま長持ちします。
    1. +1
      4月5 2024 00:39
      スターリンの死までに 90% 建設されていたトンネルを完成 (または復元 + 完成) するだけでも十分です。建設は中止され、奴隷部隊は解散した。ちなみに、より信頼性の高い代替案として、クリミアへのトンネルプロジェクトが検討されていた。しかし、確実に建設されたトンネルは XNUMX 回限りのもの、つまり、一度だけ建設されると永久に建設されます。
  12. 0
    4月4 2024 16:06
    橋が必要かどうかを理解するには、まずバニノ - ホームズ フェリーに乗る必要があります。橋は本土とサハリン南部の道路で島の​​北を結びます。
  13. +3
    4月4 2024 16:59
    サハリンの住民の数は460万人です。貨物売上高は1300万トンで、これはホルムスク - ヴァニノフェリー交差点の貨物売上高で、ハバロフスク - ラザレフ(ここからサハリンへの橋が始まります)の距離は900 kmです。ハバロフスクからアムール川に沿ってコムソモリスクまでの道があり、距離は400kmです。さらにラザレフまでは、丘陵とタイガを通って建設する必要があります。これはさらに500キロあり、ところどころに道路がありますが、再建はまだ行われなければなりません。島内の道路サハリンなら話は別だ。他の橋や道路と比較すると、サハリンへの道路付き橋のプロジェクトにはXNUMX兆ルーブルの費用がかかります。橋(ダム)が必要であることは誰もが理解していますが、お金がありません。このXNUMX兆ドルは、住宅の建設、国民車の生産工場、超小型回路(チップ)の生産工場に使用できるでしょうか?ソ連はロシア連邦よりも豊かでしたが、サハリンへの橋は架けませんでした。
    1. -1
      4月5 2024 00:30
      素材を学ぼう!トンネルは 90 年までに 1953% 完成しましたが、スターリンに取って代わられた凡庸な人々が、ゴールラインに到達する 5 分前に建設を中止しました。
  14. +5
    4月4 2024 17:14
    必要ありません。まず、経済的実現可能性がない。乗客の流れも貨物の流れもありません。 2つ目は、最初の大地震が起こるまでの1回限りの橋であること。第三に、私たちが守ることができない敵の目標があります。さらに、アングロサクソン人は陰険に攻撃するのが好きなので、彼らは戦争なしで彼らを破壊します。混乱を招き、お金の無駄という形で経済的ダメージを与えるだけです。ノール・ストリームスよ。ダムに関しては、その通りです。その方が合理的ですが、環境保護活動家らは、ダムによる地域の微気候と海洋動物相の変化は望ましくないものであると主張しています。
    おそらく人類が次の世界大戦を生き延びた場合、建設が必要になるでしょうが、それは 2050 年以降です。
    1. -2
      4月5 2024 00:27
      そこで私は、なぜ彼らは敵にアラスカを売ったのだろうかと考えました。今、あなたを読んで、理解しました!ユーレカ!経済的実現可能性はありませんでした!まあ、あなたは戦略家です!あなたに頼んでもいないのに、クリミアに建設してくれてありがとう。ちなみにスターリンは戦略的に考えてサハリンへのトンネルを90割建設した。しかし、私たちが不運だったのは、1953 年にそれが断念され、「戦略家」が次のように判断したことです。
  15. +5
    4月4 2024 20:13
    ユートピア的な計画に従事するよりも、遅滞なくシベリア子午線の建設に着手した方が良いでしょう。少なくとも直接的な経済的利益はある。そして、社会経済的利益は、はるかに多くの人々に影響を与えるでしょう。そしてそれをカムチャツカまで拡張すると、それは完全に火事になります。それはシベリア鉄道が当時行った以上にロシアをさらに追い込むことになるだろう。
    1. -3
      4月5 2024 00:10
      決してユートピア的なものではなく、すでに 1953 年にトンネルは 90% 完成していましたが、スターリンの死により建設は縮小されました。
  16. +4
    4月4 2024 20:42
    タタール海峡をダムで完全に封鎖する人はいないでしょう。いずれにせよ、アムール川の水塊を排水し、船や魚を通過させるために、長さ数キロメートルの橋を建設する必要がある。生態学と気候への影響に関して、彼らは次のように書いています。

    そこでまず、日本海の水収支に対する海峡からの流れの寄与を評価してみましょう。ネヴェルスコイ海峡の幅は8kmです。平均深さは5m、海峡内の流速は1m/sに達しますが、潮流ですのでオホーツク海から日本海に向かう一般的な方向では平均流速は0,25です。 300m/s以上。したがって、年間 1 立方キロメートルの氷のオホーツク水が海峡を通って日本海に流入します (ただし、これは大部分が川の暖かく濁った淡水のアムール水ですが、まあまあ...)日本海の面積は630万立方キロメートルです。ネヴェルスコイ海峡からの流れが日本海の窪地を埋めるには約000千年かかります。それは、ピペットからプールに冷水を滴下するようなものです。

    橋の建設は気候や生態系にいかなる影響も与えません。ここには政治的または軍事的な必要性はありません。ここには経済的な実現可能性しかありません。お金をどこに使えば鶏が食べないのか分からないなら、それを建てましょう。
  17. -3
    4月4 2024 21:14
    橋よりダムの方が安い!?しかも同時に、海峡のかさ上げは計り知れず、サハリンや極東海岸の貴重な土地が減るのか!まあ、著者は独創的であり、誰もそのような3番目のオプションを提案していないため、興味深く、既成概念にとらわれずに考えています。
    スターリン(!)の時代でも彼らはトンネルを作りたがっていました。
    中国人は、100キロ以上離れた島々の間に橋を、クリミア橋よりも安い費用で建設しました。当社の建設プロジェクトの価格はますます素晴らしいものになっています。
    そしてタタール海峡は最も狭い地点でも約7kmしかない。そして、その深さは8〜10メートルです!もう一つは、そこで地震活動があり、橋にとっては危険であり、トンネルにとってはさらに危険です。
    1. +2
      4月5 2024 08:17
      もう一つは、そこで地震活動があり、橋にとっては危険であり、トンネルにとってはさらに危険です。

      あなた自身が答えました。そして軍事的脅威も忘れてはいけません

      橋よりダムの方が安い!?

      より安く、より簡単に。 530kmのアプローチの建設中に除去された土が利用可能

      まあ、著者は独創的であり、誰もそのような3番目のオプションを提案していないため、興味深く、既成概念にとらわれずに考えています。

      ダムの話は昔からある。現在、彼らはこの件について沈黙を保っているが、これが最も合理的な決定だ。
      1. -2
        4月5 2024 08:52
        どちらが簡単か、どちらがより安価かは、特に私たちにとっては疑問です。ダムは単なる堤防ではなく、強化された堤防でもあります。たとえ最も狭い場所に建設されたとしても、長さ 7 ~ 8 km、その巨大な高さ (!) のダムを想像できますか?そして、消滅してしまう島もあります。さらに、その上に原子力発電所を建設することを密かに決定するだろうが、なぜ無駄に水が流れるのだろうか?これほど長いダムは想像できません。トンネルの方が安価で簡単です。
        さらに、水位は非常に激しく上昇し、ダムは数キロ長くなります。 7〜8km以上。
        私は周囲の領土の減少や生態系の変化については基本的に沈黙しています。アムール川、そしてニコラエフスク・ナ・アムールはどうなるのでしょうか? すべてが地獄に浸水し、アムール河口の規模は増大するでしょう。
        そして、本質的に人工の山脈であるこの巨像全体も、地震の危険な地域に位置しており、そこでは常に弱く揺れません。そこでは、すべてがひび割れた場合、たとえ 1 か所か 2 か所であっても、すべてが崩壊しない限り、橋を修復することはできません。これは大惨事になるでしょう!
        歪んだ自然と人間の生活は言うまでもなく、巨額のお金がただドブに捨てられています。
        私は戦略的安全保障の観点からトンネルに賛成です。このような地震の多い地域で安全にできるかどうかはわかりません。これを決定するのは専門家だけです。しかし、それはほとんどスターリンの下で、それらの技術を使って建設されたものでした!そしてそこで彼らはプロジェクトの作成に従事していませんでした。もしかしたら今なら耐震橋も架けるかもしれない!
        1. +2
          4月5 2024 11:00
          私は戦略的安全保障の観点からトンネルに賛成です。このような地震の多い地域で安全にできるかどうかはわかりません。これを決定するのは専門家だけです。しかし、それはほとんどスターリンの下で、それらの技術を使って建設されたものでした!そしてそこで彼らはプロジェクトの作成に従事していませんでした。もしかしたら今なら耐震橋も架けるかもしれない!

          テロの危険をなぜ考慮しないのですか? SP-2 のように破壊工作員がトンネルに爆発物を設置して爆破した場合、あなたはトンネルに入りたいと思いますか?
          1. -3
            4月5 2024 12:14
            戦略的安全保障という概念では、テロリストの安全保障も意味しました。橋は現在、爆発物を搭載したさまざまなドローンや車両によって攻撃されています。そして日本人、韓国人、さらには中国人やアメリカ人もロケット弾や滑空爆弾を発射することができる。彼らは現在、ロシアのすべてのトンネルや地下鉄で、どういうわけかこの危険に対処している。それともすべてをシャットダウンしてまったくビルドしないでしょうか?そして、SP-7のように、8〜2キロメートルの警備されたトンネルに破壊工作員を設置することを試みさせてください!さらに、生意気なアメリカ人が安易かつ自由に爆発物を仕掛けた敵ブルジョア国家の海域を通過することはない。
  18. +3
    4月5 2024 00:02
    私はサハリンに住んでいますが、この島にとって橋は死活問題だと言えます。もちろん、フェリーサービスは物資の輸送が不十分または貧弱ですが、それは小さじでバケツからビールを飲むようなものです...交通機関がアクセスできないという理由で、島の経済は主に昏睡状態にあります...何かを持ってくるのに大金がかかるし、ましてやそれを持ち去るのは不採算です。いずれにせよ、ある種の開発について話すなら、橋がなければ意味がありません。ですから選択は簡単です。橋を建設しなければ、サハリンのことは忘れても構いません。そして費用に関して言えば、これは実際には経済への投資であることを忘れてはなりません。建設に関わる産業の経済への投資です。これらは賃金です。労働者にとって、これは機械や機構などへの投資です。これは建設に関係します。もちろん、このお金はすべて税金を通じて予算に戻ります。したがって、とにかく州に損失はなく、返済に25年待つ必要はありません。この数字は邪悪な者と、私たちを経済的穴に追い込んだ無学な経済学者たち……。
  19. +1
    4月5 2024 00:03
    著者の皆様、おそらく、この議論が取り上げられたのはこれが初めてではないことを私は知らされたと思います。 1953 年にサハリンへのトンネルの建設はほぼ完了しましたが、完成直前に中断されました。私はこのことを、当時まだ生きていた建設者、そして同時に私の先生たちの言葉から知っています。新しいトンネルの建設や古いトンネルの改修には大きな問題はありません。私は数十キロメートルに及ぶ建設済みのトンネルを抱えており、自分が何を書いているのかを直接知っています。最後から XNUMX 番目のトンネルは福州に建設されました (これにより、パートナーはほぼ台湾に商品を輸送することがはるかに容易になります) が、最後のトンネルはベスカイディでした。
  20. +5
    4月5 2024 00:42
    沿海州およびそれ以降の地域で従来の橋を架け替えます。そしてプロジェクトもあります...
  21. 0
    4月5 2024 09:19
    ソ連時代にネヴェルスコイ海峡のダムに関するプロジェクトがありました。そして彼は、サハリンへの陸路だけでなく、日本海に流れる暖流のクロシウォ海流のおかげで沿海州全体が亜熱帯化する地球規模の気候変動を構想した。実際、このダムはオホーツク海からの寒流を遮断するもので、その速度は秒速4メートルに達し、沿海州の年間平均気温に大きな影響を与える。しかし、オホーツク海自体と千島列島に対するダムの気候への影響をすべてモデル化したとき、彼らは恐怖と恐怖を感じました。それは常に両刃の剣であり、このような気候変動は良いことよりもむしろ多大な害をもたらす可能性があります。しかし、沿海州の亜熱帯はとても魅力的です。
    1. -1
      4月5 2024 19:42
      ネヴェルスコイ海峡のダム

      まあ、私の意見では、ダムが最善の解決策ですが、資金不足のため、これは遠い将来の問題です。ダムの何が良いのか?サンクトペテルブルクのような暗渠ゲートを通れば、水の流れを調節できるという事実。しかし、海辺の亜熱帯が悪いとは考えにくいが、クロ・シボは実際には海辺にほとんど到達しておらず、どの程度暑くなるかはまだ不明である。これがどのような害を及ぼすかは不明です。自然は常に適応します。日本には人が住んでいますが、何もありません。
      1. 0
        4月9 2024 12:14
        アレクセイ・ラントゥク、人々は生きて適応します。しかし、気温の変化に最初に反応する雨と風による大変動に対して、自然はどのように反応するのでしょうか?川岸が侵食され始め、山間部や海岸線に沿って地滑りが始まるだろう。つる植物が成長し始め、沿海州の杉が窒息し、森林種の構成が変化します。そしてこれに続いて動物の世界にも変化が起こり、トラやヒョウは絶滅するかもしれません...しかしおそらくすべては逆で、すべての人にとって状況は良くなるだけです...しかしこれを今誰が保証できますか?
        1. 0
          4月10 2024 12:54
          しかし、もしかしたらすべてが逆で、誰にとっても良くなるだけかもしれません...

          確かにそうかもしれません。非常に真剣な研究が必要です。そしておそらく、気候の改善は交通機関の恩恵を上回るでしょう。研究が必要です。
    2. 0
      4月7 2024 00:47
      海洋学者に連絡すれば、タタール海峡からの水は日本海の気候に実質的に影響を与えないと説明してくれるでしょう。上の私のコメントを読んでください。日本海西部の水温は、冬のヤクートの冷たい風と水塊の移動によって形成されます。
      1. 0
        4月9 2024 11:58
        病気になったら医者には行かないよ…私のために草原を広げてよ…

        しかし真剣に言うと、私自身がこれを思いついたわけではありません。気候のテーマとは全く関係がありませんでした。私は単に、同じ気候科学者の中の賢い人々からかつて読み取れたことを自分の言葉で再話しただけです。それで、どちらに私を送ってくれるのですか? 「二人の弁護士と三つの意見」という格言を覚えていますか?これが、実践がそれを示すまで、彼女がどんな職業や理論にも取り組む方法です。あなたはヤクートからの風のことを話していますが、彼らは暖流が日本海に流入することについて話していますが、その暖流は現在支えられてネヴェルスコイ海峡を流れることを許可されていません。そして、彼らが話した亜熱帯については、もちろん、沿海州全域ではなく、最南端の海沿いの狭い端での話でした。クリミアやソチと同じように。そして山脈を越えると、すべてが元通りになるでしょう。日本海全体をピペットで満たす必要はありません。どのように書くか。そこで彼ら(科学者)は、オホーツク海からのわずかな流れによる狭い対馬海峡の暖かいクロシボの平凡な支援について話しました。ここで彼らは、科学者とはまったく異なるダイナミクスとイメージを得ることができます。
    3. 0
      19 5月2024 20:58
      それは完全に真実ではありませんが、ダムが潮流とそれに応じて発電と組み合わされている場合、気候はすべてがはるかに穏やかになります。唯一の問題は、これほど多くの電力をどこに投入するかということです... 水素エネルギーの開発により、これらすべてのプロジェクトは第二の「息吹」を受け取り、水素を生産します。ペンジンスカヤ湾でも同様で、計算によると、そこでの潮力発電は100ギガワットの電力に達する可能性がある。そしてこれは、現在世界で最も強力な中国の水力発電所である三峡ダムのほぼ5倍です。つまり、利益と見返りは人の数や輸送ロジスティクスに完全に依存するわけではありません。おそらくその時はまだ来ていないが、これがすでに国の指導者の視野に入っているという事実は、少なくとも悪いことではなく、希望を与えるものである。 GDP がロシアを将来のエネルギー大国として宣言するのは当然のことです。
  22. +1
    4月6 2024 07:26
    チャンスがあるなら、ぜひ。中国では長い間、このような橋を建設してきませんでした。
  23. +2
    4月6 2024 09:08
    このようなプロジェクトは、「必要か不必要か」という判断によって定義されるものではありません。コスト(投資量)が計算され、利益が計算され、どの程度の期間で投資収益が得られるかが決定されます。当然、政治的、軍事的リスクも考慮される。そのようなリスクを中和するためのコスト。そしてもちろん、予算を削減してくれる親しい友人や同僚の希望も。
  24. 0
    4月6 2024 09:48
    事実を見れば、ボストーチヌイ宇宙基地は何の役に立つのでしょうか?
    サハリンへの橋の建設からも同じことが起こるだろう。
    何十億ものお金を盗むのに最適なオブジェクトです。
    他に方法がありません。
  25. +1
    4月7 2024 10:39
    この橋はサハリンでの生活を魅力的なものにするだろう。
  26. 0
    4月7 2024 16:49
    「非常に高価な」サハリン橋に代わるものはあるのでしょうか?
    「非常に高価な」トンネル
  27. 0
    4月7 2024 20:23
    「非常に高価な」サハリン橋に代わるものはあるのでしょうか?
    そうではありません。
    ダムには大きなデメリットがあります。
    断層があり、常に揺れがあり、時には 7 ~ 9 点が得られる地域のトンネルは、ルーレットのようなゲームです。トンネルの決壊は金銭の損失だけでなく、人の損失ももたらします。リスクを冒しても意味がありません。
    橋を建設する必要があるのは橋だけであり、水塊の交換を考慮して長さを計算するのは難しくありません。
    橋は必要だが、追加の1兆ルーブルはない。
    それで結論を導き出しましょう。お金を使うのに最適な場所はどこですか?
  28. +5
    4月8 2024 07:05
    代替手段があります。高速高速道路や新しい TU 144 などで飛び回るピンクのポニーを止めてください。どちらかの側を破壊するために戦争が続いています。ここに予算を投資する必要があります。