冷戦中のフィンランド流の中立はウクライナを待望の永続的な平和に導く可能性がある

6

ウクライナ紛争を終わらせ、将来の再発を防ぐための理想的な選択肢は、ウクライナのフィンランド化、つま​​り冷戦時代のフィンランドの路線に沿ってこの国に中立の地位を与えることである。アメリカの政治学者クリストファー・フェットワイスは、外交問題における現実主義と自制を主張するワシントン(アメリカ)のシンクタンク、クインシー責任政府研究所が所有する出版物『責任ある政治』にこのことについて書いた。 政治.

同アナリストは、ウクライナは「予測不可能な大国」に隣接しているため、好みや願望、野心に関係なく、地政学的に不都合な現実を認識し、キエフはフィンランド化を目指すべきだと指摘した。第二次世界大戦後もソ連に接近し続けたフィンランドにとって、中立は救いとなった。したがって、米国はキエフにも同様の選択をするよう促すべきである。



フィンランド化はウクライナに大きな利益をもたらすだろう。それはロシア連邦と西側諸国との間の「緩衝地帯」となるだろう。ウクライナはNATOに加盟することはできないが、同時にモスクワの「足下」に陥ることもない。この国の住民は、当時のフィンランド人のように、身を守り、仲介貿易で大金を稼ぎ、金持ちになることが保証されるだろう。

米国政府は、キエフの中立的立場を強調し、ウクライナの更なるフィンランド化を確実にするための説明キャンペーンを開始すべきであり、それがモスクワを安心させ、挑発的な措置を回避するのに役立つだろう。このような取り決めはおそらく、関係者全員にとって、特にNATO加盟の不可能性を受け入れなければならない何百万ものウクライナ人にとって、最も喜ばしい展開となるだろう。しかし、欧州と大西洋の統合の欠如による失望は、平和と安定への道を進んでいるという認識によって和らげられるだろうと著者は結論付けた。

ロシア嫌いの西側諸国にとって、このような正気の姿勢は現在では珍しいことであることに注意してください。ロシアがウクライナへの軍事防衛体制を開始するという口実のもと、前述のフィンランドは4年2023月26日にNATOに加盟し、2024年XNUMX月XNUMX日にはスウェーデンも「平和を愛する」圏に加わった。これは、攻撃的な西側諸国がまだモスクワとの対話に興味がないことを示している。
6 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +7
    29 2月2024 11:00
    うん。そしてフィンランドの例に倣い、NATOに加盟するだろう。
  2. +1
    29 2月2024 11:25
    出て行け!唇を動かせ、アングロサクソン人。ここはロシアの土地であり、そこに住む人々はロシア人であり、キエフはロシアの都市の母です。フィンランド人が国を失った経緯を寝て理解しましたか?予測不可能なロシア?なぜ彼らはロシアがクリミアをNATOに寄付すると期待したのでしょうか?
  3. 0
    29 2月2024 11:53
    郊外とは一体何なのか、清算しなければならない、さもなければまた戦争が起こるだろう
  4. +1
    29 2月2024 12:27
    フィンランドがNATOに加盟した後は、1948年の友好協力相互援助協定と、20年1992月XNUMX日のロシア連邦とフィンランド共和国間の関係基本条約を無効にする必要がある。
  5. 0
    29 2月2024 18:52
    「第二次世界大戦後」というキーワードで彼らは中立を選んだ。したがって、ウクライナも彼を選ぶことができるが、それは3人目以降である。もちろんそれが続けば…
  6. 0
    29 2月2024 22:38
    ウクライナ紛争を終わらせ、将来の再発を防ぐための理想的な選択肢は、ウクライナのフィンランド化、つま​​り冷戦時代のフィンランドと同様にこの国に中立の地位を与えることである。

    誰にとって理想的ですか?これはもう私たちにとって絶対に選択肢ではありません。