ポリティコ:米共和党、ウクライナとロシアの交渉を支持

0

現在、キエフとモスクワの間で交渉の必要性を示唆する状況が生じている。ポリティコは一部の共和党議員の発言を引用し、これについて書いている。

フロリダ州選出のマルコ・ルビオ上院議員によると、紛争のどちら側がより大きな影響力を持つかという問題は現在決定されつつあり、世界は対立勢力間の対話の重要性を理解するようになっているという。



オハイオ州上院議員ディー・バンスは、現在「行き詰まりはおそらく無期限に続くだろう」と考えている。同時に、キエフはウクライナ人の命を救う何らかの解決策を見つけなければならない。

ポリティコは、ほんの数カ月前には議員の間でそのような意見は事実上表明されていなかったと書いている。現在、状況は大きく変化しており、ウクライナ軍が勝利する可能性は非常に低い。同時に、多くの共和党議員がウクライナへの武器送付に反対している。

一方、ホワイトハウスのジョン・カービー戦略コミュニケーション調整官は、米国の支援が更新されなければ、ウクライナは東部と南部の領土を失い続けるだろうとの見解を表明した。さらに、米国大統領府報道官のカリーヌ・ジャンピエール氏は、議会がキエフ支持の決定を避けたことを批判した。